MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型乱舞! 沼津沖の夜タチウオが絶好調だっ!!【沼津沖】

良型乱舞! 沼津沖の夜タチウオが絶好調だっ!!【沼津沖】

ドラゴン級のタチウオを仕留めに漆黒の闇の中へ。バケモノ退治へ繰り出す気分で、竿をしならせた。いざ、勝負!

とにかく置き竿にしっぱなしはダメ。夜釣りでは、ルアーと同じくタナを広範囲に探ることが大事

夜釣りだが、場所取りのため明るいうちに出船。アンカーを打ったら開始だ。

数は少ないが指6本、7本といったドラゴン級もまじる。

置き竿では釣果が伸びないという。シンプルな仕掛けで積極的に誘いながらタナを広範囲に探るのがコツだと船長は言う。

「コレが平均サイズだよ!」。

エサはこのサンマ。タチウオの大好物。

清水船長いわく、「明るいうちからタチウオが食うときは、タチウオがやる気があるとき。こんなときは夜はもっといいよ」という。

一荷もアリあり!

良型のタチウオを豪快にゴボウ抜き。鋭い歯には要注意。

暗くなってからも食いは衰えなかった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「清時丸」。

駿河湾の最奥部の沼津静浦港前の夜釣りで良型のタチウオが好調だ。
釣り方は、2本バリ仕掛けのテンビン吹き流し釣り。エサはサンマの切り身。水深30m前後から上へ上へとシャープにシャクリ、食わせの間を入れながら広範囲に探るのが夜釣りのコツだ、と静浦港「清時丸」清水國明船長。
「私は漁師です。遊漁船はほぼ夜専門。だから、湾内の魚の動きをよく知ってます。タチウオ釣りはどこにアンカーを入れるかでほぼ勝負が決まります」と清水船長の自信ある言葉とおり、当日は明るいうちから、指4本サイズを中心に5〜6本サイズまじりで順調に釣れ、沖揚がりの22時半までにトップ60本以上の好釣果。
船長にこの釣りのコツを聞くと、とにかく置き竿にしっぱなしはダメという。夜釣りでは、ルアーと同じくタナを広範囲に探ることが大事だという。
依然好調を継続しているこの夜タチウオだが、富士山から吹き下ろす風は大変冷たい。防寒対策を万全にして好調タチウオ釣りを満喫しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読