MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好機を迎えるメヌケ好調! “幻”のヤナギメバルも期待!【平潟沖】

好機を迎えるメヌケ好調! “幻”のヤナギメバルも期待!【平潟沖】

「これでは釣りにならないね。ヤナギメバルはあきらめて、深みに移動してメヌケ狙いに切り替えましょう」。苦笑しながら告げた鈴木和次船長。船内に若干の落胆と少なからぬ安堵!? が漂う中、「第十五隆栄丸」は250mダチのメヌケポイントへ転進する。

北茨城平潟港「第十五隆栄丸」は、乱獲により今では「幻」となってしまったという大型オキメバルを、あえて今、専門に狙うのだ

脂が乗った白身がおいしいメヌケ。鍋のシーズンに釣りたい魚だ。

北茨城、平潟沖のメヌケが好機を迎えている。しかし、今回の本命ターゲットは実はコレじゃなかった…。いまや「幻」とも言われるターゲットを乗合で狙うという「第十五隆栄丸」、今後に期待したい

キターッ! この瞬間のために釣っているのかもしれない。たまらん。

ダブル、トリプルで上がってくる。食いがいい日はさらにゾロゾロ…。

ポイントの水深は200〜250m。メヌケ、ヤナギメバル狙いで、オモリ200号の5〜6本バリ仕掛け、リールはコマンド4番クラスを用意した。

こちらは1kg級のトリプル。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

「今後は幻のヤナギメバル主体に出船します」。
北茨城平潟港「第十五隆栄丸」のHP釣果欄に掲載された一文にくすぐられる釣欲。
かつては「いつでも、誰でも、いくらでも釣れるアンポンタンな魚」転じて「アンポン」と失礼極まりない俗称が付いた大型オキメバル。乱獲がたたり今では「幻」となってしまったというこの魚を、あえて今専門に狙おうと言うのだ。
二十余年前「関東圏のマダラ」でセンセーショナルなデビューを果たした鈴木和次船長はその後もキンキ、アブラボウズと新たな深海ターゲットを提供し続けてきた。
そんな常磐沖深海フロンティアが放つ「次なる一手」に期する我々を待っていたのは仕掛けの着底すら許さぬ「門番」サバの猛攻。さすがに幻、そう易々と姿は見せないか。
9時、見込み薄と見た鈴木船長が250mダチのメヌケに転進すれば、これがドンピシャ。2㎏超級を筆頭に1㎏前後の緋花がダブル、トリプル、海面に弾ける。
ヤナギメバルは「幻」で終わったが、フロンティアの「懐」を垣間見たこの日。「オールドニュー」の深海ターゲットはもちろん、好機を迎えるメヌケにも期待膨らむ平潟沖である。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読