MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好機を迎えるメヌケ好調! “幻”のヤナギメバルも期待!【平潟沖】

好機を迎えるメヌケ好調! “幻”のヤナギメバルも期待!【平潟沖】

「これでは釣りにならないね。ヤナギメバルはあきらめて、深みに移動してメヌケ狙いに切り替えましょう」。苦笑しながら告げた鈴木和次船長。船内に若干の落胆と少なからぬ安堵!? が漂う中、「第十五隆栄丸」は250mダチのメヌケポイントへ転進する。

perm_media 《画像ギャラリー》好機を迎えるメヌケ好調! “幻”のヤナギメバルも期待!【平潟沖】の画像をチェック! navigate_next

北茨城平潟港「第十五隆栄丸」は、乱獲により今では「幻」となってしまったという大型オキメバルを、あえて今、専門に狙うのだ

脂が乗った白身がおいしいメヌケ。鍋のシーズンに釣りたい魚だ。

北茨城、平潟沖のメヌケが好機を迎えている。しかし、今回の本命ターゲットは実はコレじゃなかった…。いまや「幻」とも言われるターゲットを乗合で狙うという「第十五隆栄丸」、今後に期待したい

キターッ! この瞬間のために釣っているのかもしれない。たまらん。

ダブル、トリプルで上がってくる。食いがいい日はさらにゾロゾロ…。

ポイントの水深は200〜250m。メヌケ、ヤナギメバル狙いで、オモリ200号の5〜6本バリ仕掛け、リールはコマンド4番クラスを用意した。

こちらは1kg級のトリプル。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

「今後は幻のヤナギメバル主体に出船します」。
北茨城平潟港「第十五隆栄丸」のHP釣果欄に掲載された一文にくすぐられる釣欲。
かつては「いつでも、誰でも、いくらでも釣れるアンポンタンな魚」転じて「アンポン」と失礼極まりない俗称が付いた大型オキメバル。乱獲がたたり今では「幻」となってしまったというこの魚を、あえて今専門に狙おうと言うのだ。
二十余年前「関東圏のマダラ」でセンセーショナルなデビューを果たした鈴木和次船長はその後もキンキ、アブラボウズと新たな深海ターゲットを提供し続けてきた。
そんな常磐沖深海フロンティアが放つ「次なる一手」に期する我々を待っていたのは仕掛けの着底すら許さぬ「門番」サバの猛攻。さすがに幻、そう易々と姿は見せないか。
9時、見込み薄と見た鈴木船長が250mダチのメヌケに転進すれば、これがドンピシャ。2㎏超級を筆頭に1㎏前後の緋花がダブル、トリプル、海面に弾ける。
ヤナギメバルは「幻」で終わったが、フロンティアの「懐」を垣間見たこの日。「オールドニュー」の深海ターゲットはもちろん、好機を迎えるメヌケにも期待膨らむ平潟沖である。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル