MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。

イナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得た

シーバスシーズン開幕! キャスティングorジギング、臨機応変に対応しよう。

ポイントは港を出てすぐ。広範囲にわたる。

トリヤマの下に青物がいる。大きなトリヤマはサバであることが多い。

トリヤマ発見! 魚の動きを見て、狙い撃て!!

高活性時はダブル、トリプルヒットも。時合いに集中しよう。

高活性のシーバスの連続ヒットはザラだ。

トリヤマの下でヒットするシーバスは良型が多い。

サバは絶品なので食べてみよう。

ジグのサイズは60gがメイン。

ルアーはジグ、ミノー、バイブレーション、スピンテールジグetcとさまざまなものを用意、試してみよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

「10月初旬くらいから千葉周辺でワラサやサワラが釣れだしました。イナダやワラサはいままでもありましたけど、今年ほど大型が多いのはこれまでにないこと。最近、青物は少し落ち着いてきましたけど、シーバスは良型も多くて楽しめますよ」
とは千葉寒川港「小峯丸」の小峯雄大船長。ときならぬ青物の回遊。しかもサイズがデカい。6㎏を超えるワラサやサワラの実績もあった、というのだから盛況も当然だろう。
船長の言葉通り、11月中旬の取材日はイナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。オープンエリアでのバイブレーションやジグをキャストしてのゲーム。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得ることができた。
「これからはシーバスが中心になるでしょう。しばらくは千葉周辺で楽しめると思います。その後は次第に南下するシーバスを追いかけていきます。湾内、釣れるところに行きますよ」
と今後の展開を予想する小峯船長。これからはキャスティング中心の展開からジギングゲームの割合も増えてくるはず。タックルの準備を万全に、初冬の東京湾を満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
東京湾 湾奥のサワラゲームが激アツだ。千葉・船橋港「フレンドシップ」はこの日は午前と午後の二便で出船。午後のポイントはなんと東京ディズニーシーの目の前。こんなところでサワラがボッコボコ!
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
東京湾サワラゲームが絶好調!今シーズンは数もサイズも良く、こんなチャンスはなかなかない!という状況。タックルはシーバス用の延長でOK!手軽なタックル&テクニックで楽しめるので、ぜひチャレンジを!
最新記事
細身ブランクの究極のゲームロッドシリーズ「リーディングスリルゲーム・Y」
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
多希志丸(腰越)の釣果情報を掲載
源平丸(洲崎)の釣果情報を掲載
ハヤブサ女性モニター「隼華(HAYAKA)」女性限定アマダイ船釣り体験 12月14日開催 参加者募集
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読