沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。


イナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得た

シーバスシーズン開幕! キャスティングorジギング、臨機応変に対応しよう。

ポイントは港を出てすぐ。広範囲にわたる。

トリヤマの下に青物がいる。大きなトリヤマはサバであることが多い。

トリヤマ発見! 魚の動きを見て、狙い撃て!!

高活性時はダブル、トリプルヒットも。時合いに集中しよう。

高活性のシーバスの連続ヒットはザラだ。

トリヤマの下でヒットするシーバスは良型が多い。

サバは絶品なので食べてみよう。

ジグのサイズは60gがメイン。

ルアーはジグ、ミノー、バイブレーション、スピンテールジグetcとさまざまなものを用意、試してみよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

「10月初旬くらいから千葉周辺でワラサやサワラが釣れだしました。イナダやワラサはいままでもありましたけど、今年ほど大型が多いのはこれまでにないこと。最近、青物は少し落ち着いてきましたけど、シーバスは良型も多くて楽しめますよ」
とは千葉寒川港「小峯丸」の小峯雄大船長。ときならぬ青物の回遊。しかもサイズがデカい。6㎏を超えるワラサやサワラの実績もあった、というのだから盛況も当然だろう。
船長の言葉通り、11月中旬の取材日はイナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。オープンエリアでのバイブレーションやジグをキャストしてのゲーム。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得ることができた。
「これからはシーバスが中心になるでしょう。しばらくは千葉周辺で楽しめると思います。その後は次第に南下するシーバスを追いかけていきます。湾内、釣れるところに行きますよ」
と今後の展開を予想する小峯船長。これからはキャスティング中心の展開からジギングゲームの割合も増えてくるはず。タックルの準備を万全に、初冬の東京湾を満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

千葉・寒川港「小峯丸」では、ジギングでの攻略をメインとする一般的なシーバスルアー乗合船とは異なり、キャスティングも行う。しかもその比率はかなり高い。


浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

東京湾にビッグシーバスシーズンが到来している! 一年で最も90㎝オーバーに近い時期、それがまさに今! なのだ。「10月中旬くらいからスタートするのが例年のパターン。ぜひ、90㎝オーバーを狙ってもらいたいですね」と話す、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


ジギングorキャスティングで攻める! 東京湾奥シーバス釣り(小峯丸)

ジギングorキャスティングで攻める! 東京湾奥シーバス釣り(小峯丸)

定番人気ゲーム、東京湾のシーバスシーズンが始まっている。「例年、いまくらいから平場で食い出すことが多いんですが、今年はまだですね。ここのところはストラクチャー周りが中心ですね」10月中旬の取材時、「小峯丸」の小峯雄大船長の言葉だ。


ガッツリと「釣った感」を味わえる! 相模湾のイナダ(浅八丸)

ガッツリと「釣った感」を味わえる! 相模湾のイナダ(浅八丸)

ここ数年キハダ、カツオにその座を奪われた感もあるが、本家『相模湾秋の回遊魚代表』といえばイナダだ。そのイナダが湘南の名礁エボシ岩沖で好スタート!


川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

東伊豆エリアのワラサ釣りもシーズンに入った。「9月後半から初島で食いだしましたね。数は多くなかったけど、毎日確実にアタリがありました。それから川奈沖でも食いだして、数釣れましたが少しムラがありますね。本番はこれからだと思いますよ」と、網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読