MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。

イナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得た

シーバスシーズン開幕! キャスティングorジギング、臨機応変に対応しよう。

ポイントは港を出てすぐ。広範囲にわたる。

トリヤマの下に青物がいる。大きなトリヤマはサバであることが多い。

トリヤマ発見! 魚の動きを見て、狙い撃て!!

高活性時はダブル、トリプルヒットも。時合いに集中しよう。

高活性のシーバスの連続ヒットはザラだ。

トリヤマの下でヒットするシーバスは良型が多い。

サバは絶品なので食べてみよう。

ジグのサイズは60gがメイン。

ルアーはジグ、ミノー、バイブレーション、スピンテールジグetcとさまざまなものを用意、試してみよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

「10月初旬くらいから千葉周辺でワラサやサワラが釣れだしました。イナダやワラサはいままでもありましたけど、今年ほど大型が多いのはこれまでにないこと。最近、青物は少し落ち着いてきましたけど、シーバスは良型も多くて楽しめますよ」
とは千葉寒川港「小峯丸」の小峯雄大船長。ときならぬ青物の回遊。しかもサイズがデカい。6㎏を超えるワラサやサワラの実績もあった、というのだから盛況も当然だろう。
船長の言葉通り、11月中旬の取材日はイナダ、サワラも顔を出したが、中心となったのはシーバス。オープンエリアでのバイブレーションやジグをキャストしてのゲーム。潮周りこそ小さかったが、70㎝オーバーも含め、まずまずの釣果を得ることができた。
「これからはシーバスが中心になるでしょう。しばらくは千葉周辺で楽しめると思います。その後は次第に南下するシーバスを追いかけていきます。湾内、釣れるところに行きますよ」
と今後の展開を予想する小峯船長。これからはキャスティング中心の展開からジギングゲームの割合も増えてくるはず。タックルの準備を万全に、初冬の東京湾を満喫しよう!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読