MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
まだまだ熱い!常磐エリアのタチウオジギング!日立久慈沖

まだまだ熱い!常磐エリアのタチウオジギング!日立久慈沖

まだまだ熱い! 常磐エリアのタチウオ!ジギングのタイプを使い分けて大型の数釣りを狙え!今シーズンもロングランに期待したい!

perm_media 《画像ギャラリー》まだまだ熱い!常磐エリアのタチウオジギング!日立久慈沖の画像をチェック! navigate_next

【茨城・日立久慈沖】タチウオジギング 釣行レポート

リールは、バイトが出たレンジを目視で確認できる水深カウンター付きが有利。同じ時合いの中でも小型と大型ではバイトレンジが異なるケースが多い

フックのセッティングは東京湾仕様がオススメ。ジグの交換が容易で、オマツリしてもラインを傷つけない被覆されたアシストフックを使いたい

PE0.8~1号200~300m+フロロリーダー20~30Lb&バイトリーダー14号30~50㎝含めて3mが基本のラインシステム。ロッドは、バイトを絡めとる軟調の6ft級が有利で、パターンがコロコロ変わる後半戦は、テクニカルなベイジギングタックルでないと勝負にならない

ジグはセンターバランスの100g、120g、150gを中心に使うが、超入れ食いの時は別だが、このところは後半戦に入り、ジグのタイプやカラーで、かなりバイト数に差が出るようになってきた模様。上のような実績の高いジグを含めて万全の配備でエントリーしたい

中層で根掛かりしたようなバイト! F5サイズも当たり前に出るぞ

「ドスン!」というショッキングがバイトに続いてトルクフルな引きを見せるタチウオ。F4以上のタチウオならドラグが滑りベイジギングロッドがバットまで絞り込まれる。取材当日は、前日の雪が影響したか? 超食い渋りだったが、それでもF4主体にF5サイズも交じって楽しめた。数型ともに、常磐エリアは、いま日本で一番釣れるタチウオ釣り場なのである

着底寸前のフォールで乗ったF5級。いい日には数釣る中130㎝をこえるドラゴン級も数まじるという

『つり丸』の愛読者だという高島さんは、テンヤ用の電動タックルでジギングに参戦。

ダイワの300番で「15~16のただ巻き」が良かったそうだ

当日は、反応が見つからずにクルージングが長かったが、最後は港真沖の40mで魚が出た、ここは各港から船が集まる定番ポイントになりつつある

当日一番安定して渋いタチウオを食わせていたのが、和野さん。

スロージギングロッドを使ってジグを水平フォールさせ、普通の釣り方で喰わない時間帯でも順調に数を重ねていた

いい日にはこのサイズが入れ掛かりになる! 今シーズンもロングランに期待したい

上の写真のパターンで、アタリが止まった船内でも淡々と数を重ねていった和野さんは、F5サイズもキャッチ。ジグは、アンチョビメタルTYPE-Ⅱの130gサーベルピンク。

終日テンヤで粘ったベテランの中村さんは、50号テンヤのデッドスローでF4級を揃えてツ抜けを達成

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城県・日立久慈「釣友丸」

今シーズンも爆釣が続いてきた常磐タチウオ。

しかし、後半戦に入って、「落とせば釣れる」といったイージーな展開は変化を見せ始めているようだ。

「反応があっても、ジグを追わない時も結構出てきましたね。ベイトの種類が変わったのかな? 反応の出る場所も少し深い場所が増えました。ジグとテンヤで時合いがはっきり分かれてきた感じもありますよ」とは、日立久慈港「釣友丸」の若船長・若林一さん。

2月上旬に東京に大雪を降らせたシケ前は、30m前後の浅場を釣っていたそうだが、この所は水深40~70mのポイントを回らないと、いい釣りが少なくなったという。

現在は、ジグの軌道や落下速度をローテするために、ウエイトを使い分けるそれなりにテクがいる展開になってきたそうだ。

「ジグは、100g、130g、150gの3種類は必ず用意しておいた方がいいですよ。ハマる重さやカラーも日並で結構かたよりますからね」と船長。

取材当日は、前日の雪による水温低下で激渋だったが、それでも丁寧に釣った人は10~15本とお土産を確保。

筆者も合間にロッドを振らせてもらってF4~F5が5本と強烈な引きを堪能させてもらった。

翌日は、一転して復調し80~135㎝10~50本。

この調子ならまだいけそうだ。

この機会に、常磐エリアのポテンシャルをぜひ体験してみよう。

以上の記事は「つり丸」2022年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル