MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
深場のテンヤマダイ&タイラバ!マハタも連発!外房・大原沖

深場のテンヤマダイ&タイラバ!マハタも連発!外房・大原沖

外房・大原港にある「つる丸」さんへテンヤマダイ釣りへ行ってきました!深場のポイントも狙うのでタイラバもおもしろい!楽しみ方いろいろです!

perm_media 《画像ギャラリー》深場のテンヤマダイ&タイラバ!マハタも連発!外房・大原沖の画像をチェック! navigate_next

アタリは多かったがなかなか掛からずに苦戦、マダイのサイズにも満足できずリベンジを誓う

「つり丸最新釣行レポート」の13回目となる釣りは、外房・大原港にある「つる丸」さんから午後船のテンヤマダイ&タイラバに行ってきました!

アタリはあるが フッキングしない

事前の調べで、深場をやることもあるとの情報が「つる丸」さんのブログに! そこで15号や12号のテンヤも用意。
 
そして、テンヤで海底がとれない時のために、60~100gのタイラバも用意して、準備万端で船に乗り込みました。
 
下調べどおりポイントは深場の様子でしたが、潮が緩めでした。

まずは10号のゴールドのテンヤから使ってみます。
 
付けエサは船宿から支給された冷凍のエビ。

そのまま放置しているとポイントに到着してもカチコチに凍っていて大変な状態になるはずです。

乗船したらまずはバケツに海水を入れ、そこに浸して解凍します。
 
エビとエビが離れる状態になったら、海水から出して余分な水分を捨てます。

浸ったままだとエビが柔らかくなって首が取れたりするので要注意です。
 
そして今回は、持参した粉末タイプの摂餌促進材をエビに振りかけ、摂餌効果を期待します。
 
この釣りはエサのエビの付け方も大切。

エビの腰が曲がった状態でハリに付けると、海中でクルクル回転してしまいます。

真っすぐにエビを付けることが重要です。
 
30分ほど船を走らせてポイントに到着。

正尚・若船長さんがパラシュートアンカーを海に投入。

「どうぞ!」の合図で釣りスタートです。

「今は潮が澄んでるなぁ。夕方が勝負!」とのこと。
 
ポイントの水深は45m。私は深場のテンヤマダイ釣りは初体験。

サミングしながら仕掛けを落とし、海底に着いたら糸フケを取り1m巻き上げてアタリを待ちます。

まずは着底がわかって一安心(笑)。
 
私はテンヤマダイでは、2つのパターンの誘いを入れて釣りをします。
 
一つ目は…、10秒くらい待ってもアタリがなかったら、優しくフワァ~フワァ~っとエビが海中で動くイメージで竿を動かします。
 
二つ目は…、マダイは上から落ちてくるエサに反応する習性があるので、ス~っとゆっくり竿先を天高く上げ、ス~っとゆっくり竿先を下ろします。
 
この2パターンの誘いをおり混ぜて釣りをします。
 
タナはつねに変化するので、時々テンヤを海底まで落としてタナのチェックも忘れないようにします。
 
もちろん、エサのエビの状態のチェックも大切です。

エビの首が取れそうになっていたり曲がったりしたらすぐに交換します。
 
そして、ラインが流されているようなら、面倒がらずに仕掛けを真っすぐに入れ替えます。
 
釣りを続けていると、時々、ツンっとアタリがあるもののエサが取られるのが連発しました(泣)。

なかなかハリ掛りさせることができずに悔しいです。

「根掛かりにも気をつけて」というアナウンスがあったら、海底にオモリが着底させてすぐ巻き上げます。

「だんだん浅くなります!」や「深くなります!」など、細かく教えてくれるので海中を想像しやすいです。
 
しばらくすると同船の方が良型のマハタを釣り上げました。

「私も早く魚の顔が見たいなぁ~」と、焦る気持ちを抑えつつ釣りを続けます。

深場も狙うので、テンヤは10~15号も用意しよう

テンヤで狙う時のエサは冷凍エビ

筆者に高級ゲストのマハタが2連発!

釣り開始してから一時間半くらい経過したでしょうか。

グググンッとアタリがきたので、アワせてみると見事フッキング! 「バレないで~」と心で唱えながら巻き上げてみると、海面に姿を見せたのは綺麗なシマシマ模様のマハタでした。

「この調子で次はマダイを狙うぞ!」と気持ちが高まります。
 
その後、ポイント移動直後の投入では、テンヤが海底に着いた瞬間、いきなり先ほどと同じようなグググンッというアタリが! 

上手く反応できてハリ掛かり! 釣りれたのは、少しサイズアップしたマハタでした。

高級魚のマハタ。嬉しいけれど、やっぱりマダイを釣りたい!
 
気を取り直して釣りを再開。すると、「ツンッ」っと竿先に反応が出ましたがハリ掛りせず。

仕掛けを落とし直すと、またアタリがあるのに魚が掛かりません。

またエビだけが取られる状況に突入してしまいました。

隣の方が、タイラバでウマヅラハギを釣っていたので、私のエビを上手に食べていたのはウマヅラかな? と思いました(笑)。

小型ながらも本命をゲット

この状況のなか、それまでとは違ったアタリがきました! 

うまくハリ掛かりすることができ、ドキドキしながら巻き上げると海面に見えたのはピンク色のシルエット! 

やっと本命のマダイを釣り上げることができたのですが、可愛いサイズでした。
 
綺麗なブルーのアイシャドウが入ったマダイに会うとこができたことに感謝して、次はサイズアップを狙います。
 
何度かポイント移動を繰り返し、「この流しで最後にします!」と若船長さん。

もう太陽も沈みかけていました。
 
船長さんの言うとおり、夕方になってからアタリが連発。でも、気持ちのいい大きなアタリなのにハリ掛かりさせることができずに悔しい釣りとなりました。
 
船長さん曰く、「深場だからハリを貫通させるのが難しいかな!」と優しいフォローの言葉をかけてくれました。
 
今回は、満足のいくサイズのマダイに会うことができませんでした。

「つる丸」さんではこれまでに3kgのマダイ、3kgのカンダイ、2kgのマハタなど、幾度となく良い思いをさせていただきました。

いつも感動を与えてくれる船宿さんですが、今回はとても悔しいので絶対にリベンジします!

深場ではタイラバも有効。

バリエーション豊富に用意しよう

【外房・大原沖】テンヤマダイ 釣行レポート

深場のポイントも狙うのでタイラバもおもしろい! 楽しみ方いろいろ!

当日は水深30m台~40m台を狙った

石坂さんにヒット!

石坂衣里さんは小型ながら本命のマダイをキャッチした!

同船のお客さんも本命ゲット

辺りが暗くなってきたころに本命がアタった!

石坂さんは高級ゲストのマハタも手にした

マハタは嬉しいゲスト

美味しいマハタは今や定番ゲスト!

ゲストにはカサゴなどの根魚

ウマヅラハギもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「つる丸」

外房・大原港にある「つる丸」さんへテンヤマダイ釣りへ行ってきました!

午後船ということで、朝はゆっくりできるのも魅力的。

当日は深場をやるという情報だったので10~15号のテンヤ、ボトムがとれなかった時のために60~100gのタイラバも用意しました。
 
付けエサは船宿から支給のエビ。

この釣りは、エサのエビの付け方も重要。

真っすぐにエビを付けないと、海中でクルクル回転してしまうのでエサ付けは丁寧に。
 
岩瀬正尚・若船長さんの「どうぞ!」の合図で釣りスタート!
 
ポイントは45m前後。深場のテンヤ釣りは初体験の私。

底がわかるかな? と、思ったけれど10号のテンヤの着底がわかり一安心(笑)。
 
テンヤが海底に着いたら1mほど上げて待ち、アタリがなければ優しくフワァ~、フワァ~っとエビが海中で動くイメージで竿を動かして誘いを入れます。

そして時には、ス~っとゆっくり竿先を天高く上げ、ス~っとゆっくり竿を下ろしアタリを待ちます。
 
時々アタリはあるのに、ハリ掛りさせることができずに悔しいです。

それでも、めげずに釣りを続けていたらマハタ2匹、そして可愛いサイズながらも本命マダイを釣ることができました。

しっかりとお土産をゲットしました!
 
今回サイズはともあれ、魚の反応を感じて釣り上げることができたタイラバ釣法、ますます好きになりました。

以上の記事は「つり丸」2022年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル