MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超特大ドラゴン狙いは今がチャンス!東京湾のタチウオ

超特大ドラゴン狙いは今がチャンス!東京湾のタチウオ

厳寒期は超特大の「ドラゴンサイズ」を狙える時期。金沢八景の「荒川屋」も2月から満を持して、タチウオの乗合船に新参入!取材日も120 cmオーバーのドラゴン級が現れた!

perm_media 《画像ギャラリー》超特大ドラゴン狙いは今がチャンス!東京湾のタチウオの画像をチェック! navigate_next

アタリはあれどハリ掛かりさせるのに苦戦! 難しいが超大型ドラゴン級が狙えるのが魅力

立春を迎え、いよいよ厳寒期のピークは過ぎたか? と期待していたのに連日雪予報。

せっかくの2月の3連休も雪予報。初日は予報ほどの積雪はなかったものの釣行は中止。

最終日も再び雪予報なので、チャンスは中日の2月12日のみ。

予報がどう転がるのか不確定要素が多いなかで、安全を見て選んだのが東京湾内のタチウオ。

ひと昔前はこの時期になるといよいよシーズン終わりの声が聞こえていたが、最近は通年で楽しめる釣りへと変貌を遂げている。

強烈な引きに魅せられた釣り人の熱い人気に後押しされ、連日出船することで幽霊魚の足が見えるようになった。

見事に掛かれば サイズがいい!

仕掛けは1本バリが主流

付けエサはコノシロの切り身が用意された

このタチウオ人気に満を持してタチウオ乗合船を出すことを決めたのが金沢八景の「荒川屋」。

東京湾の釣りに精通した宿なので、「え、タチウオ出してなかったの?」との印象さえあるが、2月から出船することを決めたそうだ。
 
朝に女将さんと話をすると「うちは『ダイニングバー・サンドフィッシュ』で釣り魚の料理もしているし、やっぱり旬の美味しい魚のレパートリーを増やさないとね。美味しいタチウオは欠かせないから」とのこと。

厳寒期のタチウオは脂たっぷりで最高の味なのだ。
 
この時期は特大のドラゴン級が高確率で釣れるシーズン。

「荒川屋」の和田雄太船長に聞いても、「連日良型のタチウオが釣れています。この季節は数を出すにはどうしても腕次第になってしまいますが、数が出なくとも平均サイズが良いのでお土産になります」と話す。
 
2月に始めたばかりとはいえ、「荒川屋」ファンは多く、釣行日は10名の釣り客が集まった。厳寒の北風を背に受けて、激熱の走水沖に帆を向けた。
 
ポイントには最盛期を思わせるタチウオ大船団。

じつはこの時期のタチウオは、私もほとんど釣行した記憶がなかったが、ここまで熱いとは思わなかった。これだけの船団なら、さすがの幽霊も足を消せないわけだ。
 
ポイントは水深70m前後と冬らしく少し深め。連日の強風と寒空がどう影響しているのか? 

さすがに高活性とはいかないだろうと、いつもよりゆっくり目の誘いで様子を見ることにした。
 
指示ダナは海面下50~65m。深めなのでオモリも80号。

まずは65mから竿先だけをゆっくりと動かして、リール1/4回転とスローで誘ってみる。
 
最初の投入はアタリもなく、50mから再び65mまでゆっくりとサミングで落とす。

アタリはないものの、エサを追ってきたタチウオが落とし込みで口を使うかもしれないとの狙い。

しかし、狙いは見事に裏切られた。
 
次も同じスローな誘い上げを開始。

すると60mちょうどでガツッとアタリが出た。

残念ながらフッキングには持ち込めなかったが、アタリが出たのは誘い方がハズレではないので一安心。

船尾では、いきなり本日最初の本命が掛かったという声が! 

噂どおりのいきなりメーター超えのナイスサイズ。
 
しかし前日までの荒天の影響なのか、活性は低くて誰も続かない。

最初のアタリでなんとなく誘いパターンが分かっていたので、それを信じてスローで誘う。

すると、また60mでガツ。今度は2回、3回と続けて竿をあおって確実にフッキングさせた。

狙いどおりの1本は、夏だったらかなり大喜びの指4~5本サイズだった。
 
なんとか型を見て一安心。心に余裕を持って今日の自分の誘いを続けるが、この1本がたまたまだったかのようにその後はアタリが遠のく。

船中でもほとんどアタリがなくなったので、潮の流れがタチウオのそれではないのだろうと諦めて時合いを待つ。

筆者は置き竿で本命を追加!

ポイントに船が集結して船団ができる!

この時点で船中まだ3本。

「かなり厳しい一日になるのでは?」と、船中が不安に包まれながら迎えた正午。

下げ潮が十分効いてきた。ポツポツと周りでもアタリが出始めた。

私も2回ほどこのタイミングでアタリがあったのだが空振りに終わっていた。
 
すると右舷で連続4本の良型が取り込まれた。

私は空振りに少し思うことがあったので、58~60mの間に集中的に誘いを数回入れた。

そして置き竿にして撮影に向かった。
 
写真を撮ってから自分の釣り座に戻ると、案の定、竿がガツガツと叩かれていた。

上がったのは1本目よりさらにサイズアップした5本指だった。
 
じつはアタリが出るのが58~60mの間が多かったので、魚はいるが活性が低くてハリ掛かりしないのでは? と仮説を立てて、あえて置き竿にした作戦が成功した。

120 cmオーバーのドラゴン級現る!

活性がさらに上向いてきた残り30分のタイミングで、右舷側で異常事態発生。

コンスタントに裏本命のアジを上げていた長澤さんの竿が、今までとは明らかに異なる曲がり。

本日2本目の本命と思われる強烈な引きの正体は、なんと124・5cmの正真正銘のドラゴン。

しかも冬らしい極太の魚体は明らかに指7本を超えていた。

アベレージがデカいとは聞いていたが、ここまでのサイズは想像していなかった。
 
最後の1時間が今日の最大の時合いだったのだろう。

タチウオがいると思われる層にエサを微妙に置く作戦で、なんとか1本を追加して本日は納竿となった。

「荒川屋」で120cmを超えるのは、この1週間で3本目だそう。

「荒川屋」ではテンビンのタチウオ以外に、同船でテンヤやルアーも可能。

サイズを狙うならテンヤに分があるようだ。

ドラゴンを釣りたいタチウオフリークの皆さん、今が狙い目だ!

東京湾のタチウオ 釣行レポート

ドラゴン狙いは今がチャンス!

フッキングさせるのが難しい日もあるが、掛かれば強い引きが楽しめる

まずは1本!

この時期のタチウオは大型が狙える!

ドラゴン狙いなら今がチャンスだ!

この時期のタチウオは食べても美味しい!

本命の型をみて一安心

ドラゴン級の大型をゲット!

取材当日は124.5cmの大型が取り込まれた

指7本幅? ドラゴン級は幅広、肉厚だ!

取材者もこのとおり

女性アングラーもゲット!

タチウオの歯は鋭いので扱いに注意しよう!

ゲストにはアジやサバがまじった!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋

通年で楽しめるようになった東京湾の人気ターゲット「タチウオ」。

数年前であれば冬も深まるといよいよ今シーズンも終了か? と思われたが、船舶機器の進歩、そして何より連日絶え間なく釣り客が訪れる高い人気で、幽霊のように消えていたタチウオの動きが赤裸々となった。
 
厳寒期は超特大の「ドラゴンサイズ」を狙える時期。

金沢八景の「荒川屋」も2月から満を持して、タチウオの乗合船に新参入。

東京湾のLTアジ発祥とも言われる宿だけにむしろ今までやっていなかったのが不思議なほど。

併設の「ダイニングバー・サンドフィッシュ」で旬な美味しい魚を提供するには、タチウオは欠かせない食材という判断もあったそうだ。

「荒川屋」の和田雄太船長にスタートしてからの様子をうかがうと、「連日良型のタチウオが釣れています。この季節は数を伸ばすにはどうしても腕次第になってしまいますが、平均サイズがいいのでお土産になります。120㎝オーバーも顔を出していますよ」と上々の模様だ。
 
東京に積雪をもたらした直後の2月の3連休。

雪の影響で気温も魚の活性も低いなかでも、噂どおりの良型サイズが顔を覗かせた。

最大のハイライトは124・5㎝の正真正銘「ドラゴン」。

ドラゴン狙いなら今がチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2022年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル