MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のヒラマサ依然好調! とくに年内は期待大だっ!【外房】

外房のヒラマサ依然好調! とくに年内は期待大だっ!【外房】

「年内いっぱいはこんな調子で釣れ続くのではないかと思います。ヒラマサを釣るならチャンスですよ!」、御宿の熟練アングラーからの得々情報を得て、矢も楯もたまらず取材に向かったのだった。

トップ2本、船中7ヒット5キャッチとまずまずの結果

朝イチのこのヒラマサからスタート! ヒットジグは「スイムライダー」(ネイチャーボーイズ)150g。

慣れたファイトで間を詰めていく。ラインを出しすぎれば根ズレでやられてしまう。ファイトは慎重かつ大胆に!

このヒラマサも「スイムライダー」でヒット! この日キャッチされたヒラマサは、なんとすべて「スイムライダー」だった。

どうにもラインが止まらない明らかに大物という強烈な手応えが! しかし、残念ながらラインブレイク…。

「最高~! この引きたまらないね」スプリンターの異名を持つヒラマサ。2~3㎏クラスでも決して侮るなかれ。

このヒラマサも「スイムライダー」でヒット!

ヒラマサ釣り2回目というアングラー。しかもまだボウズなしとのこと。そのうえこの日はなんと2本! 驚きデス…。

圧倒的な釣果を見せつけた、「スイムライダー」などネイチャーボーイズのジグたち。恐るべし…。

取材日は、開始早々からジギングで3㎏クラスのヒラマサがヒット。その後は沖揚がりまでポツリポツリと釣れ続き、途中は明らかに大型と分かる非常に残念なバラシはあったものの、終わってみればトップ2本、船中7ヒット5キャッチとまずまずの結果に恵まれた。
期待した程ではなかったが、もちろん釣れる日はこんなものではないだろう。
年内中のリベンジを誓い、帰路に就いた。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
グラスソリッド2ピースロッドシリーズ「ショートアーム GS」
東伊豆の川奈沖でシマアジが連発中!伊東港「村正丸」では、連日トップ3~4枚の好釣果!ゲストとしてマダイ、イサキ、大アジとお土産も多彩!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読