MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
雰囲気は二重マル!テンヤ&タイラバで数釣り&大型!東京湾

雰囲気は二重マル!テンヤ&タイラバで数釣り&大型!東京湾

東京湾・横須賀沖のマダイは春の手前にピークを迎える深場のポ イントで釣果が伸び始めている!良型の期待も高まり雰囲気は二重マル!現状は広くタナを探れるタイラバが有利!

perm_media 《画像ギャラリー》雰囲気は二重マル!テンヤ&タイラバで数釣り&大型!東京湾の画像をチェック! navigate_next

タナを広く探れるタイラバが好調!

緩めのドラグ設定がゲットのコツ!丁寧に巻き巻きして結果を出そう!

深場に群れが集結中!溜まれば良型&数釣りも!

桜の開花予想がニュースで取り上げられ、季節はすっかり春模様だが、東京湾横須賀沖のマダイは、深場のポイントに溜まって狙いやすくなる「冬」の絶好期を向かえようとしている。

「ようやく海水温が10度を下回り、マダイたちが深場に集まりだしたからね。このままの状態がしばらく続けば、群れが固まり数釣りはもちろん、良型も期待できるようになるので楽しみだよ」とは、金沢八景「野毛屋」の大船長、黒川勇治さん。

コマセ釣り禁止エリアである当地で、エビエサでのマダイ釣りをいち早く開拓した凄腕船長だ。

ちなみに現状は、まだ水深50m前後でも釣れているし、これから本格的に狙う70~80mの深場でも食う展開なので、両方を視野に入れて攻めているという。

釣れるマダイは1㎏クラスが中心も、たまに3~4㎏オーバーの大型がドカン! と顔を出すワクワク感あふれる状況とのこと。

釣り方は、ひとつテンヤとタイラバの両方で攻めているが、取材日はタイラバの釣り人のみ。

テンヤで狙うにはちょっと深めということと、広い層を探れるのがその理由だそうだ。

「マダイは底だけでなく、少し浮いた位置でも食ってくるからね。動きの良いタイラバの方が誘えて探れるから」ってことで、ここでは大船長の言葉を借りながらタイラバをメインに釣り方を解説したい。

専用ロッドにドラグ性能の良い両軸リールを!

タイラバ専用竿とドラグ性能の良い小型両軸リールの組合せで挑む。道糸はPE1号を推奨

タイラバは、「ヘッド」と呼ばれるオモリに「スカート」や「ネクタイ」と呼ぶアピール系アイテムとハリをセットして完成させるシンプルな仕掛けを使い、これを一定の速度で巻き上げるだけで、いとも簡単にマダイが釣れてしまうという魔法のような釣り。

経験者はもちろん、入門者やビギナーにもマダイが釣れるチャンスがあるのが魅力だと船長はいう。

「野毛屋」で使用するタックルは、100gのヘッドが背負えるゲームロッドとドラグ性能に優れた巻き上げ力のある両軸リールがあれば、まずは楽しめる。

「通常のタイラバは攻める水深でヘッドの重さを変えるので、それに対応する竿がいくつか必要になるんだけど、うちの場合は水深にかかわらず80gをメイン(その前後20gくらいまで用意)に使うからね。それに対応する竿1本で事足りるんだ。ただし、これから本格的にやってみようと購入を考えている方には、やっぱり専用の竿とリールをオススメするよ」。

最近の専用タックルは、エントリーモデルでもタイラバに特化した機能が満載で、間違いなく使いやすい。ちなみにハイエンドモデルになれば、その性能がグンと良くなり、よりマダイと出会う確率が高くなる。

「これはテンヤタックルにもあてはまることだけど、入門者やビギナーほど良い道具を使ってほしいよね。技術不足を補う武器になり、釣りが楽しくなるからさ」と大船長。

道糸、リーダーなどは仕掛け図の通り。

「野毛屋」で使用するタイラバのヘッドの重さは、水深にかかわらず80gがメイン

最近はシンプルがトレンド 各パーツの組合せについて

タイラバフリークたちは、「ヘッド」や「スカート」、「ネクタイ」などのパーツを自由に組み合わせて釣ることにゲーム性を感じ、アツくなっている人たちが多い。

しかし、一方の入門者たちからは、〝正直バリエーションがあり過ぎて迷う〟との意見が圧倒的に多い。

「オレは、入門者やビギナーには全てが揃っているオールインワンタイプのタイラバを推奨しているよ」と大船長。

セットされているのは実績の高い組合せで、問題なく釣れる。ここからスタートして徐々にそれぞれのパーツを増やしてアレンジ。

オリジナルのヒットタイラバを作り上げていけば良いという。

「東京湾では、ド定番カラーとなるレッド、オレンジ、ゴールドのヘッドを選んでおけば、まず間違いはないよね」と大船長。

ちなみにパーツの組合せを楽しむ人へのアドバイスを聞くと、あまり飾り立てるのは良くないとのこと。

「最近好調な組合せは、スカートを取っ払ったネクタイのみのパターンで、ネクタイの形状も細目のストレートとゼブラ柄のカーリー1本ずつというシンプル仕様にアタリが多いね」という。

ちなみにネクタイのカラーはヘッド同様のレッド、オレンジの他にケイムラも威力を発揮しているそうだ。

空バリでも十分に釣れるが、ヒット率が上がると、近年はハリにワームを付けるアングラーが増えている。

「ルアー要素の強い釣りなので、もちろん試すのはアリだよ。実績もあるからね。今はシンプルなタイラバが主流だけど、食い込みを良くするために付けたり、ネクタイとハリが絡むのを避けるために付けるなど、用途はさまざまにある」と大船長。

最近の流行りは、夜光のグローや紫外線に当たると光るケイムラなど、光系のワームで細身の形状のものが、ヒット率が高いと教えてくれた。

最近は細身のネクタイのみがトレンド。

アタリの多くはタッチ&ゴーの直後に!

「野毛屋」のタイラバスタイルは、バーチカル(タテの釣り)で船下に捉えた根や漁礁などのポイントを直撃する方法でマダイを狙っている。

「タイラバには風を船にあてて大きく流し、道糸をどんどん送って底を取りながら攻めるドテラ流しもあるんだけど、速潮の中を攻める横須賀沖ではバーチカルの方が有利と判断してね」と船長。

真下に落とす分、糸フケがでにくくタイラバが海中変化を捉えやすい。そしてそこから推測できる海中の様子をイメージしながら釣れるということが決め手になったそうだ。

「アタリを取ることはもちろん、マダイが付いている可能性がある2枚潮の境界線なども、引き抵抗が変わることでわかるので戦略も立てやすいしね」とのことだ。

この釣りのセオリーは、海底まで落とし込んだタイラバを巻き上げては落とすことを繰り返して、誘って、追わせて、食わすことにあるが、もっとも重要なのはタイラバが着底したら、すぐに巻き始める〝タッチ&ゴー〟を心掛けることにあると船長。

「ヒットパターンの大半は、このタッチ&ゴーの直後なんでね。のんびりしていると見切られるので要注意だよ」。

マダイはもちろん、魚は上から落ちてくるものに良く反応する。

着底時前後は最大のチャンスと思って集中してタッチ&ゴーを行おう。

緩めのドラグ設定が釣果アップのキメテ!

続いては、タイラバを巻く速さについて。

よく一定のスピードで巻くだけと紹介されているが、その目安が曖昧なので船長に聞いてみた。

「速度はスロー巻きが基本になるんだけど、使っているリールのギア比やハンドル一回転の巻き取り量などが個々に違うし、そのときの潮の速さでも変わるんでニュアンスでしか伝えられないよね。一応目安は、回収時の速度を高速巻きとし、その半分を中速、さらにその半分を低速として、まずは低速で巻くことを推奨し、食わないようなら微調整してと説明しているよ」と教えてくれた。

この釣りで重要なドラグ設定も伝えたい。

「基本はゆるゆるでOK。タイラバを巻き上げるときに滑らない程度に調整するようにお客さんには伝えているよ。マダイは、タイラバを追いかけながら食うけど、このときドラグを締め過ぎていると竿の反発力まで伝わって、食うのを辞めてしまうってことが多々あるからね」と船長。

これを回避して違和感なく食わせるためにも、ドラグをゆるゆるに調整するのだ。

ちなみに、この調整のやり方を間違えている人が多いとのことなので、前項のイラストをチェックして設定しておこう。

その他、釣り方で重要なことは各項のイラストで紹介しているので、それもしっかり確認して、深場に溜まったマダイを存分に釣ろう! 

なお「野毛屋」のマダイ乗合は大潮から中潮回りで出船するので、HPで確認して出掛けよう!!

【東京湾・横須賀沖】タイラバマダイ 釣行レポート

ポイントは横須賀沖~観音崎沖だ

ドラグ緩めの調整で違和感なく食わそう

「ただ巻くだけなので誰でも楽しめて大ダイゲットのチャンスもあります!!」

今回はトレインアングラーの〝なおちん〟こと井上直美さんも同行

しっかり魚の重みが乗るまで巻き巻きしてフッキングに持ち込むのがゲットのコツ。取り込みは、顔からネットインするよう操作して仲乗りさんに掬ってもらおう

「横須賀沖のマダイは、江戸時代、幕府へ献上されていた魚で、食味も抜群ですよ」とのこと

「今日は赤金のヘッドが大当たり。ネクタイはバチ抜けを意識してグリーンを使って釣りました」とのこと

近年はタイラバで狙う人の割合が圧倒的に多くなり、釣果もタイラバがエサ釣りを凌ぐ状況が続いている

タイラバはドラグ調整が重要で緩めが基本

「大船長にレクチャーを受けているときに釣れました」となおちん

このサイズを釣りながら大物を目指そう

最近はタチウオも良く掛かると大船長。なおちんはドラゴンをゲット!

根周りを攻めるのでゲストも多彩。

この日はムシガレイやクロダイが顔を出した

取材翌日には4㎏オーバーが浮上。間違いなく上昇ムードだ!(写真/船宿HPより)

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」

スプリング・ハズ・カム! 日中は気温がグングン上昇し、まさに春に向かって一直線だ。東京湾横須賀沖のマダイは、春の手前にピークを迎える深場のポ イントで釣果が伸び始めている。

「現状は、深場に落ちてくる端境期って感じかな。まだ水深50m前後でも釣れているし、これから本格的に狙う70~80mの深場でも食いだしたからね」とは、金沢八景「野毛屋」の大船長、黒川勇治さん。

コマセ釣り禁止エリアである当地で、エビエサのマダイ釣りをいち早く開拓したパイオニアだ。
 
釣り方は、ひとつテンヤとタイラバの両方で攻めているが、取材日はタイラバの釣り人のみ。

テンヤで狙うにはちょっと深めということと、広い層を探れるのがその理由とのこと。

「マダイは底だけでなく、少し浮いた位置でも食ってくるからね。動きの良いタイラバの方が誘えて探れるから」
 
釣れるマダイは1㎏前後が中心も、その中に3~4㎏オーバーの大型が顔を出す展開。

水温が下がり切ったこの状態が続けば、深場にマダイが溜まり、よ り大型のチャンスが増えるという。

「そうだね、3月中旬頃が狙い目じゃないかな。確実に深場に溜まり出しているからね」と大船長。
 
基本はタイラバを底まで落として一定の速度で巻くだけと超簡単。

誰もが手軽に楽しめるので、ぜひチャレンジを!!

以上の記事は「つり丸」2022年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル