MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今のヒラメラッシュは序章だ。本番はこれから!【九十九里・片貝沖】

今のヒラメラッシュは序章だ。本番はこれから!【九十九里・片貝沖】

今期も各地で大ブレイクしているヒラメ。ここ片貝沖も多分にもれず、見事な釣れっぷりで連日、好釣果が続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》今のヒラメラッシュは序章だ。本番はこれから!【九十九里・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

ツヌケする人が何人もいる、ボウズもまず出ない。抜群の安定感

平根の上を通過するイワシの群れを狙うヒラメは、飛びついて捕食してくる。捨て糸は短く、ハリスを長めにとってタナを切り、イワシを自由に泳がせてアタリを待とう。

マメな底ダチ取りが誘いとなる当地のヒラメ釣り。これを繰り返していると前アタリがやって来て、その後、ガツンと竿先が絞り込まれる。

船釣り初の超ビギナーさん(右)も、トータル3枚をゲット!

タックルはノーマル、ライトのどちらで挑んでもOKの「正一丸」。道糸にPE3号が巻いてあれば万全だ。

出船できればヒラメ記念日になること間違いナシだ!

仕掛けは船でオリジナルが購入できる。ちなみに幹、ハリスは6号。親バリは丸セイゴ17号。孫バリはトリプル8号。オモリは60号だ。

「波っ気があったので、オモリを海底付近で安定させることを心掛た」と言う常連さんは良型を取り込んだ。

親バリは、エサが弱りにくいハナ掛けを推奨。孫バリは背ビレの付け根に刺す。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝港「正一丸」。

「台風で一時、食いが止まったけど、完全に復活したよね。ツヌケする人が何人もいるし、ボウズもまず出ない。安定して楽しめるよ」と、伺った片貝港「正一丸」の海老原正船長も太鼓判を押す。
片貝沖は遠浅の砂地で、起伏がないと思われがちだが、それは大きな間違いだと船長。「確かに高い根はないが、ムシエサやプランクトンが良く湧く粘土質の平根が広い範囲に点在していて、イワシが多く回遊する。この時期のヒラメは、イワシを追い掛けて捕食するので当然、遭遇率が高くなるんだ」。
通常は、水深20~40mにある平根をピンポイントで攻めて行くが、この日はチェックを兼ねて、沖の50mダチを攻めてみた。
釣果は、ご覧の通りの爆釣も「潮が濁っていなければもっと食ったと思うよ。風が強く、波っ気があって釣りにくかったしね。寒さが増すごとに潮は澄んで来るので、これからもっと良くなるんじゃないかな」と船長も力こぶ。
さらなる釣果が期待できる片貝沖。冬場特有の北西の風に強く、出船率が高い当地で、存分にヒラメ釣りを満喫するのも楽しいぞ!!

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル