MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
主役はカイワリ! まじりも多彩な五目釣り【南房・洲崎沖 】

主役はカイワリ! まじりも多彩な五目釣り【南房・洲崎沖 】

初めてカイワリと出合ったのはコマセダイ釣りを始めた頃、ひらべったいアジのような魚が釣れ上がり、船長にその名前を聞くとカイワリだと返ってきた。「タイより美味しいよ、良いお土産だね」との言葉に持って帰ると、それまで食べたことのない美味しさにびっくりしたことを覚えている。

知る人ぞ知る高級魚、カイワリを狙え!

シマアジ!? ちがいます。これはカイワリ。南房洲崎沖で良型のカイワリが釣れています。シマアジに似た外見ですが、引きも味もシマアジに似て最高です!

ポイントの水深は90m前後。小型電動リールがあると釣りやすい。

良型カイワリの一荷もある。体高があって、パワフルな引きを見せる魚だが、一荷はさらにおもしろい!

カイワリ、アマダイ、キダイ、いろいろな魚のたのしい引き味を堪能!

カイワリは脂が乗っていて、シマアジに似たおいしい食味の魚。刺身もいいが、塩焼きも絶品。

コマセはアミコマセ、ビシはFLの80号。

カイワリのほかゲスト多彩な五目釣り。良型のアマダイもよく姿を現す。

付けエサはオキアミ。

こちらは良型のキダイ。いい引きを見せた。

船宿オリジナルの、3本バリカイワリ仕掛けを用意している。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「佐衛美丸」。

南房総、洲崎港の「佐衛美丸」は、知る人ぞ知る高級魚、カイワリを狙って出船している数少ない船宿だ。釣れ上がるカイワリは25~35㎝前後の良型ぞろい、40㎝オーバーの大カイワリが顔を出すこともあるという。そして外道がまた魅力的で、アマダイ、キダイ、ムシガレイ、時期によってはオキメバルといずれも美味な魚の五目釣りが楽しめる。
この釣りにはイサキかアマダイのタックルがちょうど良い。手持ちでゆっくりと誘いをかければ、明確なアタリがやってくる。潮況に応じたタナ取りと誘いが釣果を伸ばすコツ。意外と奥の深い釣りではあるが、早川忠信船長が的確なアドバイスをしてくれるので初めての人でも楽しめるだろう。
綺麗なボディに似合わずパワフルな引きを見せるカイワリ、口切れでバラシやすいこともあり、釣り味はスリリングだ。時合ともなれば全員の竿が曲るほど活発な食いを見せ、常連さんは16枚のカイワリを釣り上げた。さらに豊富なゲストでクーラーはいっぱい。
刺身にすればシマアジを凌ぐという人もいるくらい美味なカイワリだが、脂がしたたる塩焼きもまた絶品。市場には出回らない魚で、まさに釣り人だけが楽しめる味覚と言える。洲崎沖のカイワリシーズンはこれから本番、師走の釣りにイチ押しだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読