MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
主役はカイワリ! まじりも多彩な五目釣り【南房・洲崎沖 】

主役はカイワリ! まじりも多彩な五目釣り【南房・洲崎沖 】

初めてカイワリと出合ったのはコマセダイ釣りを始めた頃、ひらべったいアジのような魚が釣れ上がり、船長にその名前を聞くとカイワリだと返ってきた。「タイより美味しいよ、良いお土産だね」との言葉に持って帰ると、それまで食べたことのない美味しさにびっくりしたことを覚えている。

知る人ぞ知る高級魚、カイワリを狙え!

シマアジ!? ちがいます。これはカイワリ。南房洲崎沖で良型のカイワリが釣れています。シマアジに似た外見ですが、引きも味もシマアジに似て最高です!

ポイントの水深は90m前後。小型電動リールがあると釣りやすい。

良型カイワリの一荷もある。体高があって、パワフルな引きを見せる魚だが、一荷はさらにおもしろい!

カイワリ、アマダイ、キダイ、いろいろな魚のたのしい引き味を堪能!

カイワリは脂が乗っていて、シマアジに似たおいしい食味の魚。刺身もいいが、塩焼きも絶品。

コマセはアミコマセ、ビシはFLの80号。

カイワリのほかゲスト多彩な五目釣り。良型のアマダイもよく姿を現す。

付けエサはオキアミ。

こちらは良型のキダイ。いい引きを見せた。

船宿オリジナルの、3本バリカイワリ仕掛けを用意している。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「佐衛美丸」。

南房総、洲崎港の「佐衛美丸」は、知る人ぞ知る高級魚、カイワリを狙って出船している数少ない船宿だ。釣れ上がるカイワリは25~35㎝前後の良型ぞろい、40㎝オーバーの大カイワリが顔を出すこともあるという。そして外道がまた魅力的で、アマダイ、キダイ、ムシガレイ、時期によってはオキメバルといずれも美味な魚の五目釣りが楽しめる。
この釣りにはイサキかアマダイのタックルがちょうど良い。手持ちでゆっくりと誘いをかければ、明確なアタリがやってくる。潮況に応じたタナ取りと誘いが釣果を伸ばすコツ。意外と奥の深い釣りではあるが、早川忠信船長が的確なアドバイスをしてくれるので初めての人でも楽しめるだろう。
綺麗なボディに似合わずパワフルな引きを見せるカイワリ、口切れでバラシやすいこともあり、釣り味はスリリングだ。時合ともなれば全員の竿が曲るほど活発な食いを見せ、常連さんは16枚のカイワリを釣り上げた。さらに豊富なゲストでクーラーはいっぱい。
刺身にすればシマアジを凌ぐという人もいるくらい美味なカイワリだが、脂がしたたる塩焼きもまた絶品。市場には出回らない魚で、まさに釣り人だけが楽しめる味覚と言える。洲崎沖のカイワリシーズンはこれから本番、師走の釣りにイチ押しだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読