MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
一荷!トリプルで数釣り満喫!ジャンボイサキ!波左間沖

一荷!トリプルで数釣り満喫!ジャンボイサキ!波左間沖

南房・波左間沖~平砂浦沖のイサキ釣りが3月に解禁!良型オンリー!美味ジャンボイサキは沖釣り入門にも最適!

perm_media 《画像ギャラリー》一荷!トリプルで数釣り満喫!ジャンボイサキ!波左間沖の画像をチェック! navigate_next

誰にでも釣れる美味ジャンボイサキ 沖釣り入門に最適!

ベテランは 手ごわい激うま波左間イサキを攻略しよう

平砂浦沖安定釣果!波左間沖 激うまイサキは静かな釣りで

今期も南房のイサキ釣りが3月に開幕。

水温が不安定な3月はイサキもご機嫌ナナメの多いが、近年は水温が高めで安定してるので解禁日から連日、どの船宿でもイサキは好調で規定の50匹をキャッチする釣り人も珍しくない。
 
4月5月は来たるべき産卵期、いわゆる乗っ込みに向けてまさに最盛期を迎える。
 
このイサキを3月~7月までメインの看板にあげている西川名港「竜一丸」だ。

今期の様子を聞くと、「港の真沖の平砂浦沖が今期はとくに好調だね。例年、波左間沖と比べると若干サイズが小さいんだけど、今年は良型ばかり。だから、前半、波左間沖の激うまイサキを狙って、後半に平砂浦沖を狙うパターンが多いよ。波左間沖のイサキは平砂浦沖の魚よりかなり手ごわいよ。でも、ここの魚は脂がのっていてしかもデカイ。40㎝超えのジャンボイサキも珍しくないよ。少し寝かすと身の脂が甘くて絶品なんだよね」と話すのは、安西竜一船長。
 
波左間沖にある水深50m前後の定置網の縄を固定するための台周辺がポイントという。
 
船長が話すように、波左間沖のイサキはいつでも簡単に釣れるわけではない。

内湾特有で潮の流れ具合と水温変化で魚たちは超シビアという。

攻略するにはそれなりのテクニックが必要になってくるという。
 
ビギナーはともかく、ベテランは価値ある1匹求めて、辛抱強く波左間イサキ攻略に挑戦してほしい。
 
とはいいつつも、「波左間沖では意外と釣り初めての子供や女性がよく釣るよ」と安西船長。

なぜか? これは、静かでソフトな誘い、極端なことを言うと置き竿でも釣れるという。
 
一方、真沖の平砂浦沖では、潮の流れが多少悪くともコンスタントにイサキを釣ることができるという。

お土産にはまず困らない。ここのイサキも波左間沖と引け劣らずおいしい。

「竜一丸」はイサキ道場 タックルと仕掛けはレンタル

コマセはアミ。テンビンとビシはレンタルできるのでそれを活用しよう

南房ではイサキ釣りは、アミコマセ使用のビシ釣りが主流だ。

「竜一丸」も例外ではなく古くからこの釣り方を継続している。
 
ビシのオモリは60号。
そのためタックルは操作性のよい2m前後のライトタックルやゲームロッドが適合。

コマセを振り出すので、調子は7対3調子をチョイスしよう。
 
リールはタナが30m台までは手巻きでもよいが、波左間沖ではタナの水深が40m台となるので小型電動が望ましい。

それに収める道糸はPE3~4号が200mくらいあればよい。
 
ビシカゴの大きさは地域の規定によりプラカゴのFLサイズ。

オモリは60号だがそのオモリとカゴの一体型ではなく、セパレートタイプが水中であまり暴れずイサキに警戒心を与えないからよいという。
 
仕掛けは、ハリス1.5号全長3.5mのムツバリ9号3本バリ。

これに1.5㎜径30㎝のクッションゴムを介してテンビンに接続。
 
テンビンはイサキのコマセ釣りにこだわる「竜一丸」がたどり着き開発、商品化したチドリテンビンがオススメ。

これらを組み合わせることで、ハリまでの仕掛けのオリジナルバランスが生まれ実釣に絶大な効果と実績が出ているという。

これを使わない手はなく、船宿では受付時にこれら一式をレンタルできる。ぜひ活用しよう。
 
仕掛けは長年の研究の末辿り着いた、オリジナルがオススメ。

迷わず船宿仕掛けを選択しよう。

まずコマセカゴの上窓は3分の1開け、下窓は全閉にす

さて、釣り方だが、その前にまずはアミコマセの振り出し量の調整をしよう。
 
プラカゴの上窓は3分の1~2分の1開け、下窓は全閉に調整。

それ以上に上窓を開けるとコマセが多く出すぎてしまう。
 
これだとコマセはほんの少ししか出ないのではないかと思う人がいるだろうが実際はかなり多くアミコマセがカゴから海中へ放出されることとなり、十分すぎるほど集魚効果があるのだ。
 
コマセを入れる量は7~8分目くらいまで。

めいっぱいパンパンに入れすぎてしまうと、逆に出なくなってしまうので注意しよう。

「竜一丸」秘伝のタレ漬けの イカタンを付けエサに釣る

付けエサは特製タレに付けたオリジナルイカタン

プランクトンイーターであるイサキ。そのため、アミコマセが集魚効果を発揮する。

この釣り方ではアミを捕食させるのでそれに模したバケやハリを使うのが一般的だ。
 
「竜一丸」ではより効果的にバケやハリをイサキに食わすために独自の付けエサを開発。
 
それは集魚効果のあるアミノ酸入りの秘伝のタレに漬け込んだイカタン。

その一粒のイカタンはコマセのアミの大きさにカットしてある。

それは液体を入れた小さなタッパに入れてあり、それぞれの釣り座に配られる。
 
あとは、そのイカタンをハリにチョン掛けするだけだ。

コマセの振り出し方はソフトに 軽くスーっとシャクるのみ

コマセ釣りの基本は、コマセと付けエサを同調させることなので、そのコマセはあるていどしっかりとまくが「竜一丸」のイサキ釣りはちょっと違う。
 
コマセまきの基本のシャクリ方は、リールのハンドル1回転の巻き上げ量の平均が50㎝としたら、竿先を下げた状態から、軽くスーと50㎝ほど、30㎝ぐらいあげる気持ちでシャクリあげ、上げきったところで1~2秒ピタリと止める。

この止めタイミングでコマセがプラカゴからフワっと出る。

その後はリールを1回転分巻きながら竿先を下げ、これを繰りかえす。
 
これを船長の指示するレンジで行うのだ。
 
「竜一丸」では、「○○の○×、海面から水深○×でアタリを待ってください」との船長のアナウンスがある。

具体的に言うと、指示ダナが水深40mとしたら、「43の40、海面から水深40mでアタリを待ってください」となる。
 
つまり、指示ダナの3m下のからコマセを振り出し、指示ダナでアタリを待つというもの。

つまり指示ダナの3m下から基本のコマセシャクリをすればよい。

この際、タナ取りはコマセマダイ釣り同様、正確に「しなくてはいけないので必ず、道糸の色でタナ取りを行う。

コマセの振り幅は、50㎝または1mでもよい。

1m刻みにシャクリ、リールは2回転ずつ巻けばよい。

いずれも“強くシャクる”のではなく竿の弾性を最大限に生かしてソフトにやさしくシャクろう。

竿が硬い場合はなおさら、やさしいシャクリが必要だ。
 
イサキの活性が低いときは、激しいビシの動きは魚を集魚するどころか、魚に警戒心をあたえてしまい逃げてしまう。

つまり、シビアなときはコマセマダイとほぼ同じ状況になるということ。

しかし、そうだからといって、「ハリスの長さを長くしても、意味がない!」と竜一船長はハッキリと言う。
 
一連の動作のあと、指示ダナでアタリがない場合は、ビシのなかのコマセが再度ビシを3m下までシャクリ上げてきてもよい。
 
平砂浦沖では、とくにこのシャクリ直しが効果を発揮する。
 
だいたい、2回~3回くらいの往復でコマセがなくなるくらいのコマセの振り出し量がベストと覚えておこう。

1匹ヒットしたらすぐに 上げない。追い食い期待!!

アタリが出たらそのまま動かさずに待つ。多少聞き上げてもよい。

そのままにしておきまずは追い食いを期待しよう。
 
その追い食いのさせ方は、1匹ヒットし、そのタナで少し待ったらデッドスローで3~5mほど巻き上げる。こうすることでほとんど多点掛けができる。
 
次は食いが渋いとき。そのタナで追い食いさせることを期待する。

つまり、1匹ヒットしても巻き上げず、そのままか、もしくは50㎝~1mほど送ってもよい。

イサキは群れているので群れに帰る習性を利用し、残りのハリに食わす目論見だ。

ほとんど場合、そのままのタナで待つことで追い食いさせることができる。
 
この方法を上手に使い分けて追い食いを狙おう。

あまりにもこの方法で粘りすぎると食いがよくないときほど、バレが多発することも覚えておこう。

【南房・波左間沖~平砂浦沖】ジャンボイサキ 釣行レポート

良型イサキオンリー!

激うま狙いは波左間沖、数釣りは平砂浦沖で楽しむ コマセ釣りを楽しもう!!

ここが波左間沖。館山湾内だ。条件が合うとジャンボイサキが入れ食いになることもある

ゴールデンウイーク前のイサキの乗っ込みシーズン前はアタリが小さいことが多いのでこのような高感度のロッドが最適だ。小さなアタリをとるために硬めの竿がいいと安西船長は言う

波左間沖のメタボイサキはタモ入れの取り込みが安心。それだけ貴重だ

これがブランド“波左間ジャンボイサキ”。脂がのっていておいしいぞ

これは37㎝の波左間沖のイサキ。40㎝級も釣れるという

連日、50匹の規定数達成者が続出中だ

黄金に光る波左間沖のジャンボイサキ。みるからにうまそうだ

1匹が貴重な波左間イサキ。なかなか手ごわいぞ

一荷! トリプルで数釣り満喫!!

追い食いをさせて数釣りを達成させよう

波左間沖と平砂浦沖の両方を狙うコースではクーラー満タンも珍しくない

4点掛け達成中!!

平砂浦沖ではハリの数だけ釣れることは珍しくない。意図的に追い食いさせるのが名人たちだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」

南房エリアのアミコマセを使うイサキ釣りが今期も3月に解禁した。

近年は水温が高めなので解禁直後の激渋は少なく、開幕から絶好調。

西川名の「竜一丸」では、数釣りはむろんだが、“良型イサキ”を看板にしており、例外なく連日絶好調の釣果を記録中だ。

「真沖の平砂浦沖が今期はとにかくいいよ。数釣りは堅いし、なにせサイズがいい。しかも味もいいよ」とは、イサキ釣りにすこぶる詳しい安西竜一船長。
 
その好調な真沖だけでなく、港から内湾へ回る波左間沖もこの時期はとくに見逃せない。

なぜなら、良型オンリーでしかも激うまの個体が釣れるから。

「午前船は波左間沖をやってから後半平砂浦沖へ移動して釣るのが通常コースなんだけど、この波左間沖のイサキは実に手ごわいよ。本当、気分屋ばかりなんだよね」と船長が話すように、条件が合わないとなかなか口を使ってくれない百戦錬磨の魚たちだという。

そして、食べては脂がのっていておいしい。しかし、釣れない。

ここの魚を攻略するにはテクニックが必要だが、うまくて価値ある1匹のために労は惜しまない釣り人が大半だ。
 
波左間沖のジャンボイサキをテクニカルに狙うのもよし、平砂浦沖で数釣りを満喫するのもよし、「竜一丸」の春イサキ釣りは、誰にでも確実に楽しめるハズだ。

以上の記事は「つり丸」2022年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル