MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鬼が恋しくなる季節だ。釣ろう! 南房のオニカサゴ【南房・白浜沖】

鬼が恋しくなる季節だ。釣ろう! 南房のオニカサゴ【南房・白浜沖】

「オニカサゴが食べたい!」ふと、そんなことを思う日が多くなった。寒くなってそんなオニカサゴの好ポイントとして知られる南房・白浜沖では、いまオニカサゴシーズン真っ盛りだ。

ひとたび潮が流れ出すと急にアタリが活発に。良型のオニカサゴに加え、カンコ、アヤメカサゴなども顔を出した

当日最大をキャッチした北本茂照さん。「エサをヒイカにしたら一発で食ってきたよ」。

「30mぐらいで抵抗があったからこれはオニだね!」。最後まで楽しめるのがオニカサゴだ。

「まだまだ物足りないぜ!」。

でかいオニかと思ったが、途中から引きがなくなった。予想通りカンコだった。

朝イチはフラッシャーサビキでアジ&サバ釣り。

後半、アタリが活発になって全員型を見た。

こちらはアヤメカサゴ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「真寿海丸」。

「最近、潮が流れないこととが多いですが、オニカサゴは、まずまずの釣果が続いています」と乙浜港「真寿海丸」の前川忠夫船長は言う。
このエリアは潮が速いことが多く、そんなときは釣りにならないが、潮が流れないのも条件としてよくない。トロトロと流れるぐらいがオニカサゴ釣りの絶好条件だ。取材日は朝から船長の言うとおり潮が流れずアタリがない時間が続いたが、ひとたび潮が流れ出すと急にアタリが活発に。良型の本命に加え、カンコ、アヤメカサゴなども顔を出し、南房エリアの潜在能力の高さを見せてくれた。
寒いからこそ釣りたい、南房のオニカサゴ釣りはいかが?

以上の記事は「つり丸」2013年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読