MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
深場と浅場で対照的なマダイ釣りが楽しめるぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

深場と浅場で対照的なマダイ釣りが楽しめるぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

相模湾のコマセマダイは、秋〜冬がベストシーズンといえるだろう。今シーズンも11月から相模湾の広範囲で好釣果の報告が聞かれるようになった。茅ヶ崎「湘南 海成丸」は、毎年この時期マダイ五目で出船している。11月に入るとマダイの釣果は上向き、浅場のポイントだけでなく、深場のポイントでも好釣果が記録されるようになった。

深場で一発型狙い! 浅場でゲストまじりの数釣り! 今がベストシーズンかも!?

当日最大は清水希香さんが釣り上げた、この2.8㎏!

オカミの鈴木奈穂子さんも2㎏オーバーをゲット。このほかに1.2㎏もゲットした!

当日あがったマダイは、赤味の強い個体ばかりだった!

清水希香さんは、深場のポイントで大アタリ! 2.8㎏と1.5㎏をゲット!!

永井名人もきれいな2.4㎏をゲット。

良型マダイが浮上した!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南 海成丸」。

晩秋から関東各地でマダイの好釣果が聞かれている。コマセ釣りでは、相模湾全域がとくに好調。数、型ともに好釣果が記録されている。
茅ヶ崎「湘南 海成丸」は、毎年この時期、マダイ五目で出船している。12月初旬の時点では、「湘南 海成丸」の鈴木敦船長は、水深40〜60mの浅場と水深90〜110mの深場のポイントを狙い分けている。浅場のポイントでは中小型主体の数釣りが期待でき、多彩なゲストもまじる。一方、深場では良型の確率が高く、大物一発狙いの傾向にある。
取材は11月後半に敢行。前日にシケた影響なのか、浅場のポイントは底荒れしてしまったようで、まったくアタリなし。そこで、深場に的を絞ると、これが大正解。船中の最小サイズが1.2㎏という、良型ばかりの釣果に恵まれたのだった。さらに、取材翌日には浅場も深場も絶好調。4.8㎏を筆頭に、船中20枚以上の釣果を記録した。
「水温が高めですから、年末年始はおもしろそうですよ」と話す鈴木船長。年末年始も期待大だ!

1本バリ仕掛けがおすすめ。隠しバリが可能なビシも必要

永井名人の仕掛けとエサ付け。チモトに極小中通しオモリとケイムラビーズを装着。

永井名人はシマノ「フオースマスター1000MK┃HD」のラピッドファイアハンドルドラグを駆使してやり取りをした!

エサ取りの多さとサバの邪魔を考慮して、「湘南 海成丸」の鈴木船長は1本バリ仕掛けをすすめている。
ハリスは大型マダイとゲストの青物のヒットを想定して、最低でも4号の使用が無難。ハリも軸太のしっかりした物をセレクトしよう。鈴木船長のオススメバリは、がまかつ「小磯」の9〜10号。
ビシはステン缶、プラビシのどちらでもいいが、必ず持参したいのはサニー商事「サニービシ」やダイワ「シャベルビシ速攻Ⅲ」などの隠しバリが可能なビシだ。
隠しバリとは、ビシの下の隙間から付けエサを刺したハリをビシ内に入れ、そのままの状態で投入する方法。ビシの落下中は、付けエサがビシのなかにあるため、サバによって落下が止められることはないのだ。

浅場では「早い手返し」が重要。深場ではサバに注意せよ

当日は深場をメインに狙った。浅場のポイントは40〜60m。

「湘南 海成丸」が狙う深場ポイントの水深は90〜110m。

深場ではバタバタとアタリが続くことがあるという。

今回の取材では、タナ取りは海底からおこなった。そして鈴木船長から出たタナ指示は、海底からハリス分〜ハリス分+1〜2m。今後もタナは、おおむねこのぐらいだという。
前述もしたが、冬場でもエサ取りが活発なことが多く、とくに浅場のポイントでは、その傾向が強いという。エサ取りが多いときの対策として、鈴木船長がすすめするのは「早い手返し」だ。
ビシの着底後、コマセをまきながら、タナまで巻き上げてアタリを待つ。アタリを待つ時間は1分ほどで、アタリがなければ仕掛けを回収して再投入する。手返しを早くして、海中でハリにエサが付いている状態を長くするのだ。
深場ではサバが邪魔することが多い。ビシの落下が止められるときは、迷わず隠しバリをするのがおすすめ。
深場では、エサ取りが少なければ、手返しは遅くてもOK。また、時合いに集中して連発しやすいという。なので、誰かにアタったら、手返しを早めにしたり、誘うなどして集中して釣ろう。
大型がヒットした場合は、海底から50〜60mまでの間は、とくに強く抵抗する。ラインを出しながら、慎重にやり取りしよう。

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読