MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
海の貴婦人!東京湾シロギス!誘って,食わせて,乗りで獲る!

海の貴婦人!東京湾シロギス!誘って,食わせて,乗りで獲る!

【東京湾・中ノ瀬】手軽で奥が深い「海の貴婦人」シロギスと遊ぶ!誘って、食わせて、乗りで獲る!これぞ小物釣りの真髄だ!

perm_media 《画像ギャラリー》海の貴婦人!東京湾シロギス!誘って,食わせて,乗りで獲る!の画像をチェック! navigate_next

テクニカルだからこそ面白い! 日並みで変わるパターンを探る 「海の貴婦人」との知恵比べ

東京湾シロギスの仕掛けの変遷

キス釣りの上級者が通い詰める「荒川屋」の船宿仕掛けはハイレベル。胴付き仕掛けは、ダイワフィールドテスターも務める名手・戸嶋浩明さん監修の優れものだ

金沢八景の「荒川屋」は、PEラインが導入された当時から現在まで、船からのシロギス釣りをリードしてきた船宿で、東京湾のシロギス釣りの神様とも呼ばれる、ダイワフィールドテスター・戸嶋浩明さんも足繁く通う老舗である。

現在のポイントは、中ノ瀬の水深20m前後で、このぐらいの水深が深場と浅場の中間点なので、シロギスの魚影が安定しており、年間を通して狙うことが多いメインフィールドだ。

仕掛けは、かつてはテンビンを使った吹き流し仕掛けが主流だったが、絡みが少なく扱いやすいことで導入された胴付き仕掛けが、その感度と操作性からも愛好者が増え、冬の名残でアタリが小さい春の釣りでも、主役になることが多い。

「胴付き仕掛けは、ハリスの出ている位置がテンビンより高いから、キスのタナ(平均して海底から10~20㎝)に合わせるのが、テンビンよりも簡単だよね。絡みも少ないし、いまはダブルが連発するような日は少ないから、浅場の釣りになるまでは、もっぱら胴付き仕掛けだよ」とは、某常連さんのコメント。

「まだ、それほど水温が高いわけじゃないから、アタリが小さい日も多い。だからビギナーなら間違いなく胴付き仕掛けがいいよね。船下を釣るのもこっちの方が使いやすいからね」とは大和田直船長。

もちろん、テンビン仕掛けがハマるケースも多々あるが、前記のような理由から、胴付き仕掛けの方が、ハズレはないといってもいいだろう。

なお、「荒川屋」では、名手の経験を形にした船宿仕掛けがあるので、入門するなら、まずこれを使うのが上達の早道になるだろう。

タックルセレクトの最新のトレンド

中ノ瀬の水深20m前後が、東京湾のメインステージ。この水深にアジャストしたタックルセレクトを心がけたい。

一見すると歴史が新しく見える胴付き仕掛けだが、PEラインはおろかスピニングリールが使われる前の時代のキス釣りでは、こちらが主役で、特に深場を狙う釣りでは、これでないとアタリが取れないという記述も見受けられる。

つまり我々が知っている「キス竿」は、基本的にはテンビン仕掛けを投げて横に引くことを前提にしたもので、原初の極先調子の竿から、伸びのないPEラインでもアタリを弾かない軟調になっていった歴史があるのだ。

これが一周回って再び胴付き仕掛けを使うようになると、上級者にとってはその操作性を活かすためには、軟らかすぎるきらいがあるようだ。

現に、東京湾のシロギス釣りをリードするダイワの戸嶋テスターが、メーカーに提案した新しい極鋭シロギスは、素材こそ最新のカーボンやメタルトップだが、断トツの硬調でしかも先調子だ。

これは、シロギス釣りの技法が、いってみればカワハギ釣りに近付いているともいえるだろう。

とくに胴付き仕掛けでは、「ゼロテン」~やや抜き気味のテンションでアタリを待ちキスがエサを咥えた小さな「前アタリ」を巻きアワセで乗せることからも、できるだけ先調子で感度のいいロッドを選ぶことが上達の早道といえる。

「釣果が伸びない日でもシロギスは居るんだよね。それを取れるかどうかは腕次第だよ」と大和田船長もいう。

シロギスの活性が高くなる初夏以降までは、戸嶋テスタークラスの上級者と次頭の釣果の差が2~3倍になることもあるのが、いまのシロギス釣りなのだ。

シロギス釣りで用意しておきたいサポートアイテム

◆エサ付けをスムーズにする マルキユー/投げ釣りパウダー

現在のキス釣りでは、エサのアピールもアタリを引き出す重要なファクターなので、5~7cmと長めのエサを使うのがセオリーになっている。

エサはあらかじめ1匹を2~3等分に切り分けて3~5投分ぐらい水を切る。

別にエサ箱を用意し、このパウダーを振りかけておけば、集魚効果もアップし、小さなハリにまっすぐ綺麗にエサを刺しやすくなる。

◆細いラインを守るために ダイワ/チョイ置き ホルダーライト

道糸は0.8~1号が使われるが、わずか0.2号の差だが0.8号は、船内の何かに引っかかった拍子に、見えない傷が入って高切れの原因になる。

それを防止するのがこの手のアイテム。

水に浮き、軽くかさばらないこのタイプがおススメ。

特にこっそり0.6号のラインを使う人は必携だ

◆釣果に直結する替えバリのススメ

絡みが少なくハリスが痛みにくい胴付き仕掛けでは、ハリ先の鈍りを見逃している人が多い。

キスの口腔内は硬いので、2~3回飲まれたハリは交換だ。

ぜひ、40㎝以上のハリスが付いた替えバリを用意しておこう。

◆手を洗う手間を省ける フィッシュグリップ

鋭いヒレのないキスは、取り込んだら手で握ってハリを外す人が多いが、魚を外して手を洗いタオルで手を拭く手間もフィッシュグリップを使えば節約できる。

キスの大きさならトング式でもハサミ式どちらでもOKなので試してみよう。

飲まれたハリは、エラに指を突っ込まなくても強く真っすぐ引っ張れば、結構口先に出てくるぞ。

微妙な前アタリをどれだけ獲れるかが、いまのシロギス釣りでは勝負の分かれ目だ。

胴付きとテンビンの仕掛けの特性とは

取材当日の中ノ瀬は、水深が20mだったので、普通に考えれば、遠投して広く探ればアタリが増えそうだったが、案外その釣り方ではアタリが出なかった。

潮回りのたびに船内の隣り合った2~3人にアタリが出て、その後は沈黙が続いたので、仕掛けを投げていた人も、だんだんチョイ投げ程度で船下を釣るようになっていった。

活性の高いキスは、小さな群れで点在して狭いスポットからあまり動かないようなイメージの展開だった。

もちろん、毎回水深分以上(つまり30~40m)キャストしていれば結果は違ったかもしれないが、最終的には、チョイ投げ~船下を釣った胴付き派の人が数では上回る結果となった。

その理由が、上の図で示した仕掛けの特性にある。

胴付き仕掛けでも、オモリを小さく持ち上げて仕掛けを歩かせるように引く釣り方はあるが、当日は、長くエサを追ってくる魚は少なかったので、オモリを底に付けたままでもタナをキープし誘いがかけやすい胴付き仕掛けが功を奏したものかと思われる。

はじめて胴付き仕掛けを使う人は、ぜひ図のような水中イメージを意識してアタリを待つ「ゼロテン」状態から誘うためのテンションの抜き加減を工夫してみよう。

しっかり止めることも大事なので、アタリを弾かない最善の状態を探りたい。

◆最も大事なエサ付けの注意点

水中で伸びる分も計算して エサをカットして使おう

エサのアオイソメは、船長から7cmとの指示が出たが、これは水中に入ってからの長さなので、切り分ける時は少し短めがいいそうだ。なお、切る時はハサミを使うエサの無駄も少なくなる。写真のように真っすぐ丁寧に付け、マメに交換することが大事だ

確実に魚を乗せる ベーシックパターン

寒く風も強かった取材日の午前中は、アタリも遠く、前回は35匹釣って次頭だったという人も「今日はツが抜けないかも(苦笑)」という模様だった。

これが幾分か好転したのは、13時を回り天候が安定したあたりからだった。

それでも出たアタリの半分は乗らないという厳しい展開のなかで、数をまとめたのが自作の和竿で釣る常連の加藤さん。

胴付き仕掛けの基本となる、釣り方で、沖揚がりまでの1時間半で釣果を倍に伸ばした。

これには、先調子で高感度ながら、アタリを弾きにくい和竿の特性があったのかもしれない。

何しろ当日は、後ろから見ていてわかるレベルのアタリでも、半分も掛かれば上々というぐらい。

海の中はまだ冬だよという声も出たぐらいの日並だった。

だが、船長のいうとおり、中ノ瀬に沢山のシロギスが居るのは間違いない。

取材の翌日には、ダイワの戸嶋テスターが、なんと71匹という釣果を叩き出している。

釣れるかどうかは腕次第。

シロギス釣りの奥深さを再認識した取材となった。

ペンシルホールドの意味

ペンシルホールドという独特のグリップは、手首の可動域が広く使えるので、肘は体に付けたままで様々な誘いを使い分けられる。

キス釣りのエキスパートを目指すなら、ぜひ習得したい。

胴付き仕掛けのベーシックパターン

①軽いアンダーキャストで投入しサミングをしながら着底させる。

道糸が船下に入る場合は、遠目に投げ、道糸が船から払い出す側では船下に落とすだけでもOK

②着底したら「ゼロテン」状態をキープ。

オモリを止めたまま、竿でテンションを抜く⇔張る=誘いを入れてもいい。当日はオモリを不用意に動かさない攻め方の方が反応は良かった。

③10~30秒ほどオモリを止めたら、場を変える+誘いも兼ね竿一杯に仕掛けをリフトし静かに底に戻す。

これが空アワセになることもある。着底したら再び「ゼロテン」でアタリを待つ

④ステイ中にアタリが出たら、そのまま静かに聞き上げてリールを巻き竿に乗せる。

状況によっては、竿先を送って食い込みを促すケースもあるので、様子を見ながらアワせ方を変えよう。

【東京湾・中ノ瀬】シロギス 釣行レポート

ポイントは中ノ瀬の水深20m。周年キスが狙える定番のポイントで、観音崎から富津岬を見渡す東京湾のパノラマを鑑賞しながらの釣りになる。

「カワハギで船釣りにハマって、次はキスにもハマりそうです(笑)」とは、当日が2回目だという大和田さん。終日テンビン仕掛けで頑張って、13匹をキャッチした。

アンダースローで軽く投げ、着底したら「ゼロテン」で10~30秒アタリを待ち、微妙な前アタリを静かに聞き上げて乗せてやる。いまは速い誘いは、キスに嫌われるので注意

取材当日は、寒の釣りに逆戻りしたような渋い日だったが、自作の和竿でその難易度を楽しむように釣っていた加藤さんは、良型主体に21匹で竿頭。胴付き仕掛けの感度を活かしたスタイルで、コンスタントに20㎝オーバーを釣りあげていた

アタリが出ても簡単には掛からないが、首尾よく乗せればこんな良型の確率が高い

「今日は本当にアタリが渋い。送り込んだらやっと掛かったよ」と常連さん。アタリを引き出し、乗せるまでのこうした駆け引きに誰もが夢中になってしまう

取材当日は、11人中8人が胴付き仕掛けで攻めていた。キスの溜まる場所が狭いこの時期は、やはり感度の高い胴付き仕掛けに分があるようだ

前半は、冷たい風に悩まされたが、後半は風もやみ水温も上がったのか? 沖揚がり寸前にプチラッシュでグッドサイズが連発した

「竿頭の加藤さんの釣果。ご覧のように20㎝超が半数以上。コロリと太い魚体は、「身を縦に引いた糸作りにすると絶品ですよ」と加藤さん

底潮が冷たかったという声もあったせいか、当日は外道が少なかったが、最後の最後にマコガレイを仕留めた幸運な人もいた

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」

「シロギスは居るんだよね。それをどうやって食わせるかだね。アタリが出る誘いを見つけて食わせの間をとって掛ける。基本といえば基本だけど、腕の差が出るからこの釣りは、面白んだよね」と和田雄大船長。
 
金沢八景「荒川屋」は、そんな魅力に魅かれたシロギスフリークが集まる名門の船宿である。

ポイントは、航程30分の中ノ瀬で水深は20m前後。

取材当日は、かなりの食い渋りで、アタリが出てもハリ掛かりしないケースが多発していた。
 
しかし、その悪条件すら楽しむように竿を振る人が多かった。

掛かれば20㎝を超える良型が多く、思わず笑みがこぼれる見事な魚体が揃ったのが救いだった。

仕掛けは、いまや主役となった胴付き仕掛けを使う人が8割で、この感度を活かした誘いを見つけた人が魚を拾う展開となっていた。

「胴付き仕掛けは、トラブルが少なくてエサを付けるのも1つだから手返しもいいかな。いまは初心者だけじゃなくて、上級者でも胴付きでやる人が多くなってきたね」と船長。
 
なお、取材の翌日は、上げ潮時に食いが立ちなんとトップ71匹。

魚は居るという船長の言が証明された形だ。

一筋縄ではいかないが、このテクニカルな魅力こそ小物釣りの真髄。

そんなシロギス釣りをぜひ体験して欲しい。

以上の記事は「つり丸」2022年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル