MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

今年、茨城海域はマダイがよく釣れた。数年前から火がついたこの海域のひとつテンヤマダイ釣りだが、今秋はマダイが茨城全域にわたっていることがわかり、各地でにぎわっていたのだ。その漁場のひとつが会瀬沖である。

水温が落ち着けば魚の活性が上がるのでチャンスあり。釣れるのはハナダイではなくマダイばかり。異常なほどだ

美味マダイを釣りに行こう!!

会瀬前の定置網から南側をメインに攻める「ことぶき丸」。最近はタイラバではなくスローピッチのジギングタックルを持ってくる釣り人が増えているという。ジギングでは青物やヒラメ、根魚がヒットする。

この肉厚ぶりがお分かりいただけるだろうか。

マダイがヒット! トルクのある三段引きが特徴だ。やり取り中は周りの人も協力しよう。

常連の佐藤さんにまずまずのマダイがヒット!

体高のあるマダイが来た。

さまざまなサイズのマダイが混在する会瀬沖。

今期、小ダイが大量発生中の会瀬沖。お土産になるぞ。

食いが渋目の日でもこの釣果。年末年始の釣行にはもってこいのフィールドだ。

ヒラメ。

ホウボウ。

ガンゾウビラメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」。

今年はうれしい悲鳴があちこちで聞こえてきた茨城海域のひとつテンヤマダイ釣り。
茨城県内で北よりに位置する会瀬沖も例外ではなく、秋のマダイは絶好調だった。
高水温が長期間継続していたが、ようやく下がり始め「例年の…」という言葉が聞かれるようになった。
「冷い潮がようやく下りてきて、水温が下がりました。今日は大ダイは出なかったけど、まだまだ水温が落ち着けば魚の活性が上がるのでチャンスはあります。とにかく、釣れるのはハナダイではなくマダイばかり。異常なほどです。お土産の魚もたくさん釣れますので、ぜひ遊びにきてください」とは、さわやかな笑顔が印象的な「ことぶき丸」の斎藤研二船長。
このエリアでの釣りのコツを聞くと、
「春とは違い、ほとんどベタ底狙いでマダイがヒットします。ポイントの水深も30m前後ですから、テンヤのサイズも6〜8号で誰にでも底がとれます。アタリは頻繁にきますから、とにかく手返し早くしてください」とのこと。
ゲストには、ヒラメ、カレイ、ホウボウなどみな高級魚ばかりがまじる。会瀬沖は、大ダイが釣れなくても一日、赤い魚の引きをたっぷりと堪能できるぞ。

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読