MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

今年、茨城海域はマダイがよく釣れた。数年前から火がついたこの海域のひとつテンヤマダイ釣りだが、今秋はマダイが茨城全域にわたっていることがわかり、各地でにぎわっていたのだ。その漁場のひとつが会瀬沖である。

perm_media 《画像ギャラリー》マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】の画像をチェック! navigate_next

水温が落ち着けば魚の活性が上がるのでチャンスあり。釣れるのはハナダイではなくマダイばかり。異常なほどだ

美味マダイを釣りに行こう!!

会瀬前の定置網から南側をメインに攻める「ことぶき丸」。最近はタイラバではなくスローピッチのジギングタックルを持ってくる釣り人が増えているという。ジギングでは青物やヒラメ、根魚がヒットする。

この肉厚ぶりがお分かりいただけるだろうか。

マダイがヒット! トルクのある三段引きが特徴だ。やり取り中は周りの人も協力しよう。

常連の佐藤さんにまずまずのマダイがヒット!

体高のあるマダイが来た。

さまざまなサイズのマダイが混在する会瀬沖。

今期、小ダイが大量発生中の会瀬沖。お土産になるぞ。

食いが渋目の日でもこの釣果。年末年始の釣行にはもってこいのフィールドだ。

ヒラメ。

ホウボウ。

ガンゾウビラメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・会瀬港「ことぶき丸」。

今年はうれしい悲鳴があちこちで聞こえてきた茨城海域のひとつテンヤマダイ釣り。
茨城県内で北よりに位置する会瀬沖も例外ではなく、秋のマダイは絶好調だった。
高水温が長期間継続していたが、ようやく下がり始め「例年の…」という言葉が聞かれるようになった。
「冷い潮がようやく下りてきて、水温が下がりました。今日は大ダイは出なかったけど、まだまだ水温が落ち着けば魚の活性が上がるのでチャンスはあります。とにかく、釣れるのはハナダイではなくマダイばかり。異常なほどです。お土産の魚もたくさん釣れますので、ぜひ遊びにきてください」とは、さわやかな笑顔が印象的な「ことぶき丸」の斎藤研二船長。
このエリアでの釣りのコツを聞くと、
「春とは違い、ほとんどベタ底狙いでマダイがヒットします。ポイントの水深も30m前後ですから、テンヤのサイズも6〜8号で誰にでも底がとれます。アタリは頻繁にきますから、とにかく手返し早くしてください」とのこと。
ゲストには、ヒラメ、カレイ、ホウボウなどみな高級魚ばかりがまじる。会瀬沖は、大ダイが釣れなくても一日、赤い魚の引きをたっぷりと堪能できるぞ。

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
最新記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル