MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込みマダイ!ハリス10m仕掛けで狙撃!駿河湾・沼津沖

乗っ込みマダイ!ハリス10m仕掛けで狙撃!駿河湾・沼津沖

【駿河湾・沼津沖】乗っ込みマダイ急浮上中!ポテンシャルの高さはお墨つき!深場から浅場まで居着くマダイたちをハリス10m仕掛けで狙い撃つ!

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込みマダイ!ハリス10m仕掛けで狙撃!駿河湾・沼津沖の画像をチェック! navigate_next

さあ乗っ込みシーズンを楽しもう!

マダイはたくさんいる! 攻略のカギはハリスの長さと誘いのタイミング

4月に入って 深場から釣れ始める

富士山が目前にひろがり風光明媚な景色のなかで釣りが可能だ

駿河湾の最奥部にあたる沼津沖は沼津湾とも呼ばれることがあるが、地図上では内浦湾内だ。

三方向を山で囲まれているため周年をとおして波静かな海でまるで湖のようなところ。

目前には天気で変化するきれいな富士山があり、風光明媚な景色を満喫しながら釣りを楽しめるのもこの湾内の釣りの魅力だ。

関東や甲信越方面からは伊豆と静岡県内の玄関口にあたり、気軽に行けるところでもある。

陸の目前で良型マダイがよく釣れる。だから、初めて訪れた人は、この環境に驚く人も多い。

そんなマダイは、遊漁船やプレジャーボートはもちろん、陸からも気軽に狙えるので人為的なプレッシャーが高いのも事実。

しかし、この湾内はマダイの放流事業の成果もあり、マダイの数は年々増加傾向だ。

そんななか、一年のうちで一番マダイ釣りが盛り上がるのがやはり、4月5月の乗っ込み期。

多少の釣果の日ムラは否めないものの、年間トータルで釣果を比較すると、圧倒的に釣れる!のがこの時期なのだ。

波静かで遊漁船のシステムが整い、交通の便も悪くないのでコマセマダイ釣りの道場的なフィールドでもある。

一部ではタイラバなども行われているが、釣り方のメインはやはりオキアミコマセ釣りだ。

そのコマセマダイにこだわり、積極的に大ダイ狙いで出船しているのが沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長。

彼に今期の様子を聞くと、「今年は雪代が多いのか3月はあまりよくなかったね。4月になってようやく乗っ込みらしいマダイの反応が出てきましたよ。湾内にはイワシも多くて、それを追うマダイもいたんじゃないかな。今期も4月は水深70~80mの深場と水深40~50mの両方を状況に応じて釣り分けてますよ。浅場もチェックしてるけど、本格化するのは5月になってからじゃないかな。浅場ではクロダイまじりで大ダイが狙えますよ」とのこと。

魚探に映る反応は濃い だが、なかなか食わない

「ソナーと魚探はもちろん、スラスターをフル活用して、可能なかぎりマダイの群れを船下に入れるように操船してるけど、魚はいるからって簡単に釣れないね。四六時中、魚探とにらめっこして言えることなんだけど、やっぱり食うのは、マダイが浮いたときなんだよね。だから、とくに乗っ込み期はその傾向が強いから、魚が浮いた直後に誘いをかける人が釣りますよ」とのこと。

さらに、「マダイフリークでとくに慣れた人たちは釣れないとハリスの長さを伸ばしたがるけど、逆のときが多いかな。活性が上がり浮いたマダイを狙うのだから、長いハリスは必要ないんだよね。実際、2本バリ仕掛けを使っているひとは、下バリじゃなくて上バリばかり魚が食ってます。だから、ハリスは10m前後でいいんですよ、この時期はね。もちろん、長くしていいときもありますよ。ただし、湾内のマダイは想像以上に浮いてくる傾向がある、ということを覚えておくといいです。私もその浮き具合に合わせて指示ダナを出しています」と話すように、この時期のマダイは“浮き”がカギとなる。

タックルは標準的なコマセマダイ専用で

コマセマダイ釣り道場である沼津沖では、現在、コマセマダイ釣りの基本となっているものがすべて当てはまる。

タックルは標準的なコマセマダイ専用ならなんでもOKだ。

使うビシはオモリ80号。これより重くなることも軽くなることもない。

だから、各メーカーから発売されているコマセマダイ専用ならなんでもいい。

80号を背負えるならLTでもOKだ。

波静かな湾内のため、2m前後のショートロッドがオススメだ。

操作性がよく魚とのやり取りがより楽しめる。

ハリスの長さは10mが基本だが12mもしくは15mでも

リールは電動がいい。タナが水深50mを超えることも多いので手巻きよりも電動のほうが手返しの面でよい。
湾内の仕掛けの長さの基本は昔からハリス全長10mだ。

そして、2段テーパー仕掛けを多くの釣り人が使っている。

4月5月の乗っ込み期は、他のエリアを同じくハリスの長さは長めにとる、としたいのだが、今期は基本的に10m前後が調子がいい。

「ハリスの長さは釣り人にある程度まかせてます。うちではハリス全長12mを使う人が多いかな。それを基準として短くしたり長くしたりするといいね」と船長。

乗っ込み期にハリスを長くする理由はマダイたちはこの季節は警戒心がいつもより強くなるから。

魚たちにとって水中で最も脅威になるビシカゴから付けエサの距離をとることで、エサをマダイに食わせる目論みだから。

しかし、今期はタイミングでマダイが食っていることが多い。

船長はマダイの泳ぐ層で指示ダナを決める。その基準はハリス10mでのこと。

つまり、ハリス10m仕掛けで今期はマダイがよく食っているのだ。

とはいうものの、ハリス長10mでアタリがないと、ハリスを伸ばしたくなる。それも正解。

ただし、その仕掛けが重いか軽いか、そして、想像でよいがだいたい水中のどの位置に付けエサがただようかをイメージしよう。

一般的にはバーチカル(縦方向)を考えがちだが、湾内では、横方向、つまり3次元で付けエサの動きを考える。

船の真下、近くにいるだろう魚探に映っているマダイではなく、魚探には映らないその船の周りに泳ぐターゲットに付けエサを近づけることを意識してハリスを伸ばす。

これを実現するにはちょっとした仕掛けの工夫が必要になってくる。それが“軽い”仕掛け。

逆にハリスを長くして仕掛けを重くすれば、ほぼ付けエサは船の真下にいくことになる。

これが功を奏すことも多いので、釣れないときにどちらを試すかは釣り人次第ということだ。

具体的な重い仕掛けと軽い仕掛けとは

まず、湾内のマダイ釣りで一番実績があるのは、昔から使われている1本バリのシンプルな2段テーパー仕掛け。

テーパーを作るハリスの間にあるサルカンは軽く小さいものでビーズなども付けず、ハリはマダイ8号もしくは9号と小さ目。

これはいわゆる“軽い”仕掛けでありスレたマダイたちのも効果をあげている実績大仕掛け。

では軽い、重い仕掛けをどのように作ればよいのか。

まず、テーパーに使うハリスについて。太いハリスは沈みにくく、逆に細いハリスは沈みやすい。

ナイロンはしずみにくく、フロロカーボンは沈みやすい。つまり、タナに最大限早く到達させたいようなときは、細いフロロカーボン製のハリスを使えばよいということ。

それ以外のアクセサリーやサルカンやウエイトスイベルについては、その物のままで、重くしたければ、サルカンを重く、また、ガン玉などオモリになるものを付けるといい。

逆に軽くするにはそれらを付けない、使わないようにする。

2段テーパー仕掛けで軽くしたい人にオススメなのが、“逆テーパー仕掛け”だ。

逆といっても上と下のハリスの太さを逆にするのではなく、上と下のハリスの長さのバランスを通常と逆にするというもの。

まずは通常というのは、ハリス全長10mなら上対下は6m対4m、もしくは、5m対5mだが、それを3対7mとは2m対8mにする。

下ハリスが上ハリスより長くなることで下ハリスがよりナチュラルに漂うこととなり、スレマダイに効果が期待できるのだ。

コマセの振り出しも できるだけ静かにを心がけ

コマセの振り出しは、ハリスの長さの半分を基準にしその長さ分、指示ダナ下からコマセを振り出すのが一般的だ。

場所移動後、最初のコマセの振り出しに限り、船長からの特別な指示がなければ、ハリスの長さ分下からの振り出しオーケー。

再投入した2回目以降は、ハリスの半分の長さ程度下からコマセを軽く静かに振り出す。

この“静かに行う”ことが乗っ込み期の基本である。

毎投入回、ガチャガチャと竿をふると、水中のビシの動きで浮いたマダイを沈ませることになる。

コマセを振り出したあとは指示ダナ付近でアタリを待つ、のが基本。

さらには指示ダナより上でアタリを待つのもよい。

その範囲は指示ダナより上5m以内を基準とする。

最強の誘いである落とし込みをフル活用してアタリを出す

活性が上がったときの魚探反応。このタイミングで誘いをかける人は高確率でヒットする

マダイを浮かして掛ける、コマセマダイエリアでの最強の誘いは落とし込みだ。

指示ダナより高いタナから少しずつビシを落とし込んでいくというもの。

この誘いが最も効果を発揮するのは、落とし込みをする“タイミング”。

これを行うのは魚が浮いたとき、もしくは船下にマダイの群れが入ってきたとき。

それを知るには、シマノの探見丸を活用する。

たいていの場合、船長がアナウンスしてくれるのでそのときに行うとよい。

落とし込みは、リールのドラグを緩めて竿はそのままに手で道糸を引き出す。

50㎝~1m刻みでゆっくりと落とし、必ず、食う間を数秒入れる。

付けエサのフォール状態がマダイに高アピールして、静止したエサにマダイがスーっと吸い込む、もしくは、静止していたエサがほんの少し動くことでそれを吸い込むことを目論んでいる。

落とし込みの誘いを行うのは指示ダナまでが基本。

誘い後は置き竿で静かに待つ。その後、アタリがなければ、再び、タナをあげて、タイミングを見て再び誘うようにする。

エサ取りが多いポイントでは、この誘い動作でアタリがなければ、すぐに回収してエサのチェック。

再投入を試みる。

【駿河湾・沼津沖】乗っ込みマダイ 釣行レポート

朝イチ

午前船は夜明け直後に最も活性が上がる。この時合を逃さないようにしよう

夕マヅメ

午後船はこの夕マヅメがゴールデンタイム

まるで湖のような海面でマダイ釣りを楽しめる

常連でマダイ名人の真鍋さん。落としこみの誘いで貴重な時合を逃さない

深場のポイントで3㎏オーバーの良型がキャッチされた。これは午後船

2㎏オーバーの良型が来た。メスのマダイだが、身には脂がのっていた

取り込みは全員協力体制で行う

うれしい1枚に感謝! 感激!!

数釣りはこのサイズ

体高のあるマダイがそろう。食べておいしいのが特徴だ

夕マヅメにヒットした良型マダイ。夕日を浴びてさらに紅く染まる

夕マヅメにヒットしたマダイ

6㎏のワラサまじりでこの釣果

午後船ではこんな釣果もザラだ

︎船内のトイレはウォシュレット。女性や初心者にもやさしい設備とサービスあり

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」

波静かな沼津沖。駿河湾の最奥部にあたり、古くから周年マダイが釣れるポイントとして知られる。

ひと昔前は、その地の利を活かしマダイの養殖が盛んに行われ、それと相乗効果でマダイの数が増えていった。

その養殖筏は近年減少したが、長年にわたる放流事業が成功したこともあり、湾内のマダイの数は減っていないという。
 
そんな沼津沖のマダイは、スレ知らず。

というよりスレている個体が多いが、条件が揃うとこんな陸地から近くでも大釣りができるのが魅力。

そして、一年のなかでもっとも釣りやすいのがいま、乗っ込みシーズンだ。

「マダイはとにかくいます。そして、常に魚がいるところに船を止めてますから、あとは、釣り人の腕次第かな」とは、湾内のコマセマダイ釣りではカリスマ船長とも言われている静浦港「真成丸」の高橋判船長。

「慣れている人たちは食いが悪いとすぐにハリスを長くするけど、ハリスの長さの基本は10m。もっと短くてもいいくらいですよ。あとは誘いのタイミングです。乗船時間内めいっぱい、さまざまな釣り方を試すことが大事です」と話す。
 
この湾内のマダイを攻略できれば、コマセマダイ釣りなら全国どこででも通じる、というほど道場的なフィールドでもある。

午前便と午後便の2便制を上手に使って食べておいしい乗っ込みマダイをキャッチしよう。

以上の記事は「つり丸」2022年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル