MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン序盤から活発な食い!東京湾・八景沖 マゴチ!

シーズン序盤から活発な食い!東京湾・八景沖 マゴチ!

東京湾のターゲット、マゴチが開幕した。こんなに近場で?のポイントでシーズン序盤から活発な食い!送り過ぎず本アタリを引き出そう!

perm_media 《画像ギャラリー》シーズン序盤から活発な食い!東京湾・八景沖 マゴチ!の画像をチェック! navigate_next

アワセが決まった瞬間は脳汁ブシャー! この感覚を味わったらもうヤミツキ!基本に忠実にアタリを引き出そう!

好調な滑り出し 魚影は今年も心配なし

東京湾のターゲット、マゴチが開幕した。近年は3、4月にスタートし、長いときは秋冬までロングランで楽しめるようになっている。

一昔前に比べシーズンは長く、魚は多くなっており、ファンも増えている。

「今年は近場で食っています。水深は20~30mとちょっと深いけど、安定しています」とは、金沢八景「弁天屋」の木村定義船長。4月上旬にスタートして、連日トップ5匹前後を記録している。
 
マゴチ釣りは、現在は生きたサイマキ(小型のクルマエビ)を使用。

最初にエサをくわえた前アタリから、エサをしっかりと飲み下そうとする本アタリが来るまでのプロセスがたまらない。

これは簡単にいくこともあるが、ベテランでもなかなか掛けられずに悶絶しちゃうほど、一筋縄ではいかない。

だからこそ、アワセが決まった瞬間は脳汁がブシャーっと噴出し、快感に変わるのだ。

これがヤミツキとなって中毒者を生み出し続けている。

「そんなに難しく考えることはないですよ。初めてやって数釣ることも多いですし。エサ付けさえちゃんとできればみんなにチャンスがありますよ。わからないことは何でも教えますので聞いてください」と船長。

細いPEは注意! アワセ切れも!

マゴチ釣りはオモリ15号を使用したライトタックルの釣り。

竿は2~2.4mほどのマゴチ専用竿、2m前後のライトゲームロッドなどを使用する。

食い込みを促進する軟らかい穂先のものがいいが、アワセが効き、魚を浮かせる張りと腰があるものが理想。
 
リールは小型両軸リールを使用する。
 
ここで注意したいのが道糸の細さだ。

現在、ライト用の小型両軸リールには0.8~1号など細いPEラインを巻いている人が多いが、この釣りには最低1.5号は必要だ。
 
マゴチ釣りは、魚を釣るために必ず「アワセ」が必要となる。このアワセはかなり強めのものとなり、あまり細い道糸を使用すると、アワせた瞬間に切れてしまうためだ。

もし、細い道糸を巻いているなら、必ず巻き変えて使用しよう。
 
ドラグは締めて使用する。大きくアワせた時に糸が出てしまっては、マゴチの硬い口周りにフッキングさせるのが難しくなるためだ。
 
仕掛けは三日月オモリ15号を介し、ハリス5号1.5mの仕掛けをセットする。

「弁天屋」の船宿仕掛けはハリがスズキ18号、ハリにはあらかじめ糸オモリが巻いてある。このオモリは、エサのサイマキの動きが悪いように感じたら外してもいいだろう。

船宿仕掛けはハリス5号1.5m、ハリ18号

オモリは三日月型の15号

エサ付けでアタリが決まる 正しく丁寧につけよう!

うまくつけるとピンピンと跳ねて長持ちする

生きエビエサはクルマエビの子であるサイマキを使用する。

これは魚釣り用ではなく人間が食べるために養殖された高級食材だ。

まず、最初に5匹配られ、以後は追加1匹100円で購入するシステム。

エサはフグやイカなどエサ取りが多い場合は使用量が増えるが、最近エサ取りは少ないそうでこれはありがたい。
 
エビは足元のバケツで生かしておく。

エサは、イラストのように、頭部にあるツノを少し折って、ひっくり返して口の中からクルっと回るようにハリを入れて折ったツノの中央あたりにハリ先を出す。

脳の部分に刺さないように注意しよう。

「バケツの中に入れて、足が元気に動いて泳ぐようなら付け方は大丈夫です」
 
エサは元気に生きてピンピンと動いた方がアタリは増えるので素早く付けよう。

うまく付けられるとエサも長持ちする。

マメに底を取り直して マゴチにアピールしよう

投入の合図があったらエビを入れ、オモリを投下する。底ダチを取ったら糸フケを取ってからタナまで上げる。

「ハリス分マイナス20㎝くらいがタナです。1.5mの場合は下から1.3mくらいです」
 
もちろん、潮の流れやその日の活性によってもタナは変わってくるので、調整しながらやってみよう。
 
アタリは「コン」とか「コツン」と竿先にも手元にも伝わるようなものが多い。これはマゴチがエビをくわえた合図だ。ここでアワせたらまずハリ掛かりしない。

「最初のアタリはエビを潰すようにくわえるアタリが出ます」
 
アタリが来たら、まずは食い込みを促進するために竿先を下げてさらに強い本アタリが出るまで待つ。

「マゴチはアタリがあったら送り込む、と言いますが、あまり送り込み過ぎなことが重要です。竿先を下げたら、糸を張るぐらいにして待つと、本アタリになりやすいですよ」
 
この時期は、まだ水温が低く待ち時間が長くなる傾向にある。

さらに潮が流れなければ食い込むまで時間がかかる。

ここは、魚との我慢比べの側面も。

「竿先を下げて待っていると、糸は緩んでくることがあります。こんな時はリールで緩んだ分を巻き取っておくと、しっかりとアワせられますよ」
 
アワセのタイミングは千差万別。

最初のアタリのすぐ後に強く引き込むこともあれば、コツコツコツとずっとやっていてなかなか強く引き込まないことも。

我慢できなくてアワせると大体がすっぽ抜けになる。
 
なかなか食い込んでくれない時は、竿をゆっくりと持ち上げるように聞き上げると、「待て待て!」と一気に食い込むことがあるので試してみよう。
 
アワセは勇気と自信を持って大きく強く行う。

自信なさげにやると、アワセが弱くしっかりとハリ掛かりせずにバラすことも。掛かった瞬間はガツンとした衝撃とともに脳汁ブシャー。

竿を立て気味にしてそのままリーリングしてこよう。

最後はタモに魚を誘導してタモ入れしてもらう。
 
アワセはどんな名人でも100%はないし、必ずの正解もない。失敗を恐れずに行うしかない。

大体、最初のアタリで成功するとその後もうまくいくことが多い。

まずは、最初のアタリに集中しよう。
 
アタリがなかなか出ない場合は、マメに底を取り直すことが重要だ。

「早い人は30秒に1回は底を取り直しています。1分に1回は取り直した方がいいですよ」
 
マゴチは基本的には海底べったりに張り付いている。

これでエビエサも底に張り付いていたらエサを見つけてもらえない。

そこで、底ダチを取り直すことでエビも強制的に動かしてマゴチにアピール。
 
底を取る前に一度、強めにシャクリを入れてエビを跳ねさせてから落としてもいいだろう。

これでさらにアピールできる。
 
周りがアタっているのに自分だけアタリがない。

仕掛けも変わらない。タナもそんなに変わらない。そんな時はエサを疑ってみよう。

「エサは元気なものに変えてやってね。やっぱりアタリの出方が違いますよ」
 
上げてきて、足が動いていない場合は交換を。

また、マゴチにやられた場合は、頭部周辺が潰れたようになっている。

穴が空いているような時はイカの仕業だ。

「弁天屋」では、釣ったマゴチは色付きの安全ピンを刺しておきイケスで生かしておく。

帰港後に船長が締めて、神経締めをしてくれるので、最高の状態で持ち帰ることができる。 

【東京湾・八景沖】マゴチ 釣行レポート

近場の八景沖がメイン

開始早々からアタリがあるので用心を

取り込みは船長がすっ飛んできてくれるので安心だ

朝一番に胴の間でアタリが連発

アワセが決まった

海面まで激しく抵抗を見せる

「引きがすごかったです」

「なかなかアタリがでなくて焦ったけど船中最大でよかったよ」と57㎝の良型ゲット

晴山由梨チャンもゲット

釣ったマゴチは識別できる目印をつけてイケスへ

この日は食い渋ったが1~4匹。ほとんどの人が2匹以上ゲット

ルアーでも楽しめる

「違う引きだと思ったらイシモチでした」

︎帰港後に船長が神経締めしてくれるので安心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」

東京湾のマゴチは春に開幕以来、ファンの期待に答え続けていくれている。

金沢八景「弁天屋」では4月初旬にスタート。

「今年は近場がいいんだよね。魚もまずまず多いみたいで、今のところここをメインに狙っています」とは、マゴチ船を担当する木村定義船長。
 
ポイントは八景島からもほど近い水深20~30mがメイン。

エサは生きたサイマキ(クルマエビ)で、元気よく海中を泳がせると、マゴチがパクリとくわえてくる。

ここで竿先と手にアタリが伝わってくるが、ここは我慢の一手。

「アタリがあったら竿先を下げて食い込みを待ちますが、あまり送らない方がいいですよ。それより少し張ってやると、本アタリになりやすいです。ここでアワせてやるとしっかりとハリ掛かりします」
 
アタリがあると心臓はバクバク。「さあ、食いこめ食いめ!」。

成功も失敗もあり悲喜交々。これがマゴチ釣りの魅力だ。

以上の記事は「つり丸」2022年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル