MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハナダイ五目で正月用食材を手堅く確保せよ【九十九里・片貝沖】

ハナダイ五目で正月用食材を手堅く確保せよ【九十九里・片貝沖】

ハナダイ五目はよほどのことがない限り「釣れる」。そのうえ釣り方も難しくないので、初心者も安心してチャレンジできる。「これから迎える冬場は、お正月用の尾頭付きに最適な良型の確率が高くなります」とは、九十九里浜のほぼ真ん中に位置する片貝旧港「二三丸」の小倉忠船長。まさにお正月用食材にはぴったりなのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ハナダイ五目で正月用食材を手堅く確保せよ【九十九里・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

五目というだけあって、ゲストにはいろんな魚が登場し、なんと本家マダイもまじるのだ

この瞬間のために釣っている。

大型はタモですくってもらおう。

このサイズなら大満足!

マダイに比べてちょっと水っぽいので、焼くか酢で締めるのが一般的。酢で締めれば保存もきくので、今釣りに行っても大丈夫だ。

活性が上がればハリ数分追い食いさせてどんどん数を伸ばそう。

寿司屋を経営する常連さんもハナダイは欠かせない食材。「ホイル蒸しもオススメですよ!」。

こんなマダイも常連ゲスト。これこそ尾頭に最適!

当日はイナダもよくまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

釣り納めやお正月用食材確保を目的とした釣行なら、それなりの釣果は絶対に確保したいもの。
そこでオススメなのが、片貝旧港「二三丸」の「ハナダイ五目」だ。
日本人にとっておめでたい魚の筆頭といえばやはりマダイだが、ハナダイはそのマダイに姿形や色がよく似ていて、大きさは大きくても30㎝程度。だから、尾頭付きにちょうどよく、実はマダイの代わりとして結婚式などで使われることも多い。さらに五目というだけあって、ゲストにはいろんな魚が登場し、なんと本家マダイもまじるのだ。
釣果はよほどのことがない限り「確実」。これほどお正月食材確保に最適な釣り物はないでしょ!
「冬場はハナダイの平均サイズがよくなりますので、年末年始の食材確保には最適だと思います」と小倉忠船長。
しかも、この小倉船長がとても親切で、「10分程度移動します。右舷は水を被ると思いますので移動してください」などと、釣り方以外にもきめ細やかなアナウンスをしてくれる。
気持ちよく釣りをして、確実な食材確保を望むなら、この「ハナダイ五目」は本当におすすめです!

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル