MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中大アジ主体にハナダイ,マダイ,大メバル!飯岡沖の五目釣り

中大アジ主体にハナダイ,マダイ,大メバル!飯岡沖の五目釣り

飯岡沖のコマセシャクリ釣りは中大アジが絶好調!ハナダイ、マダイに大型メバル!魚種多彩でお土産確実!海況が安定する初夏は、沖釣り入門にもチャンスだ!

perm_media 《画像ギャラリー》中大アジ主体にハナダイ,マダイ,大メバル!飯岡沖の五目釣りの画像をチェック! navigate_next

復活した中大アジは入れ食い! ハナダイ、マダイに大型メバル 魚種多彩でお土産確実!

絶好調にアジを釣りつつ 高級ゲストも狙える釣り

飯岡沖のコマセシャクリ釣りは、いま中大アジが絶好調で、ここにハナダイ、マダイ、大型メバルもまじり、運がよければマハタやホウボウも出る大盛況。お土産は絶対確実なので、沖釣り入門に最適だ。

「アジがここまで釣れるのは、久々ですね。いい日には30㎝超が主体になるから釣り応えがありますよ。初心者の人でも十分楽しんでもらえる状況です」とは、当日担当してくれた芳野幹雄船長。

この荒食いに備えて、船宿仕掛けもワンランクパワーアップ。

これまでは、ハリス2号のカラーバリが使われてきたが、現在はハリがチヌ3号でハリス3号3mの仕掛けに、オキアミを付けるのが基本の釣り方となっている。

今回、飯岡沖のコマセシャクリが、初挑戦となるがまかつフィールドテスター・田中義博さんは、枝バリにウイリーを配したハリス2号2.5mのイラストのような自作仕掛けでのエントリーだった。

「コマセシャクリは、食わせの間とシャクリ方、コマセの出し方で、誘って掛けるのが醍醐味だから、より面白さを追求するならこういう仕掛けが楽しいですよ。全部のハリにオキアミを付けてしまうと、釣れてしまうアタリが多くなるけれど、ウイリーの動きを優先した小さなハリでも、自分で掛ければ、かなり大きな魚でも獲り込むことは可能です」と田中さん。

だから、ロッド&リールは、感度と操作性に特化したLTスタイルで、田中さんは、がまかつ/ライブラⅡのMLとMをチョイスした。

ハリやハリスの号数こそ違うが、来月開幕する剣崎沖のイサキ(やはり大型のゲストも多い)もこのフォーマットで楽しんでいるそうだ。

中級者以上の人は、そんなウイリーとLTタックルで狙えば、この釣りがもっと面白くなることは覚えておきたい。

当日は、ライブラⅡのM180とML180チョイス。誘いの切れを上げるならM、仕掛けの挙動を抑え気味にするならMLという戦略だ

コマセは極力絞るから アタリが持続する

ビシはサニービシFL60号を下窓全閉、上窓1/3~1/5開けで使用。コマセは、ふんわり7分目~レンゲ1杯。コマセをセーブしてタナを作るのが好釣の秘訣だ

田中さんがコマセシャクリ釣りで、一番重視しているのは、コマセを極力絞ることだ。

「サニービシのFLならビシは、上窓が1/3~1/5開け。下窓は全閉か水を抜くぐらいから釣り始めます。アミをビシに7分目ぐらい入れて投入。2往復して回収してもビシの底にコマセが残るぐらいで釣るのが基本です」

多くの人が忘れているが、擬餌バリであるウイリー(含むカラーバリ)は、コマセをドカまきしてしまうと、相対的に存在感が下がってしまう。魚の目を上に向けるコマセの煙幕の中で、小さく擬餌バリが小さく動くからこそ、この釣りの「理(ことわり)」が、活きてくるのだ。

「ハナダイやマダイはもちろんアジのような回遊魚でも、この原理は同じです。コマセを飽食させてしまえば、擬餌バリへの反応が悪くなる以上に時合いも短くなりますよ」

田中さんは、ビシの調整だけでなく、コマセの量も釣れるほどに少なくして、最後には、備え付けのレンゲに軽く一杯になった。

それでアタリが減るかと思いきや、105匹(次頭は50匹前後)のアジを仕留めているから、コマセを絞る重要性が良くわかるはずだ。

現在の船宿の指定仕掛けは、チヌバリ3号ハリス3号の3本バリ仕掛け。30~40㎝のアジの3点掛けを連発しても安心で、マダイやマハタにも対応してくれる

付けエサは、マルキユー/くわせオキアミSPのLサイズ。ウイリー併用なら1〜2パック、付けエサオンリーで釣るなら3〜4パックは受付時に購入しておきたい

皆さんが密かに本命視する40㎝級の大型アジには、釣れたシコイワシを輪切りにしたエサも効果的なので試してみよう

食わせの間と狙うタナで魚種の釣り分けも可能

コマセシャクリ釣りの面白いところは、シャクリの合間に入れる食わせの間とタナで、意図的に魚種の狙い分けができることだ。

「たとえば、底近くのタナで、ソフトなシャクリと長めの食わせの間を取ると、マダイやメバルの確率が上がります。ハナダイは釣れるパターンが幅広くて、食わせの間を短くしてハイテンポで高いタナまで誘うことが良い日と、マダイに近いスローな攻め方が正解の日がありますよね」と田中さん。

もちろんこれは、パターンのほんの一例だ。ちなみにそんな解説をしながら、ハイテンポにシャクっていると最後の一投でなんとこのエリアでは珍しいシマダイ。

「凄く小さいけど、これもパターン通りですね(苦笑)」

船長の指示ダナは、どの場所でもおおむね10mぐらいの幅で出されるので、その中で、パターンを変えて魚種の釣り分けを狙うのも、この釣りの醍醐味。ちなみに取材当日は、ハナダイ&マダイは、タナが低かったようだ。

なお、かつてのコマセシャクリでは、アタリが出たら即アワセがセオリーだったが、貫通力の高いハリと、「下げビシ」を防ぐシャクリ(次項)を心がけていれば、仕掛けのテンションが抜けないので、アワセは軽く竿を起こすだけOKなのだ。

「下げビシ」を防ぐ シャクリ方の意義

今回の釣りで、田中さんは圧倒的な釣果を上げた一番の秘訣は、「下げビシ」を防ぐ上級者ならではの、下の図のようなシャクリ方だ。

「シャクった竿先が跳ねて水平になり、その分だけビシが下がると水中の仕掛けがに弛みができるので、アタリがボケて、アワセが効きません。反対に竿先の曲がりをキープしたままにシャクると、ウイリーやエサが、小さく断続的に上昇していくので、仕掛けは常に張っているからアタリが出れば、その瞬間にハリが刺さり始めます。だからアワセは、軽く竿を起こすだけで上顎の硬いところにしっかり掛かるんですよ。この釣り方は、魚がスレていてタナが狭い剣崎のイサキでは必須です。しっかり掛かるから、1~1.2号のハリスに結んだ小さなハリでも40㎝級のイサキやクロダイなんかも獲れるんです。ぜひ、マスターしてください」

ちなみに、ウイリーの配色は、仕掛け図の組み合わせがどんな場所でも釣れる王道だという。

アタリが多い飯岡沖で、ぜひこのコマセシャクリの真髄をマスターしたい。

【外房・飯岡沖】アジ・ハナダイ五目 釣行レポート

復活した中大アジ主体に魚種多彩 ハナダイ、マダイに大型メバル!

沖釣り入門に最適な五目釣り

アジの活性は「凄い」の一言。手慣れた人なら狙って掛ける4点掛けもたびたび。田中さんは、クーラーのサイズを考えてセーブしながら釣っても105匹で竿頭となった

根周りだけに、居着きになった40㎝超の大アジも出る。「LTロッドで、このサイズが来ると最高に楽しめますよ」とは、がまかつフィールドテスターの田中義博さん

本来は、ハナダイがメインとなる飯岡沖のコマセシャクリ釣りだが、今期は、復活して絶好調のアジが入れ食い状態。ここに、ポイントによりハナダイ、マダイ、大型メバルがまじる五目釣りが続いている。投入毎にアタリがあるから、ビギナーでもクーラーが重くなることは確実だ

飯岡沖のコマセシャクリ釣りは、いま中大アジが絶好調!

船内から羨望の声が上がった大型メバルの3点掛け。適材適所でタックルを使い分けた菅原さんは、これも含めてアジ、ハタ、マダイ、ハナダイ等の6目釣りを達成

「オキアミに食ってきたのでびっくりしました(笑)」と、2㎏級のマハタを仕留めて大喜びの高橋さん。こんなヤツもヒットするからやめられない

当日は、アジに主役の座を譲った? ハナダイは良型率が高い。

オキアミエサなのでマダイも頻繁に顔を見せてくれるから嬉しい

自作のチビウイリーにこだわった田中さんは、最後にシマダイをキャッチ。「誘いのピッチを早めたら、案の定これが反応してきました(笑)」とか

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「隆正丸」

飯岡「隆正丸」の看板メニューでもある「コマセシャクリ」のアジ・ハナダイ五目は、初夏に向かって絶好のシーズンに突入した。

アジ&ハナダイにマダイ、大型メバル、マハタもまじる楽しい釣りが続いている。

とくにながらく不調が続いていたアジが、ここへきて往年の模様が回復して爆釣中だ。  

「狙う水深は30m以内。漁礁や根を攻めるので、いろんな魚が顔を出すから楽しめるよ。初めて竿を握った人でも釣れるからファミリーフィッシングにもピッタリだよ」とは芳野幹雄船長。
 
アミコマセを使ったコマセシャクリで狙うが、「隆正丸」おススメの仕掛けは、オキアミをエサにする空バリ仕掛け。

大アジのトリプルや根周りでまじるマハタでも安心な3号ハリス3mの仕掛けをすすめている。

もちろん、カラーバリやウイリーで攻めるのもあり。
 
がまかつフィールドテスター・田中義博さんは、ハリス2号2.5mの自作のウイリー+空バリ仕掛けにて挑戦。40㎝超を頭にアジ105匹、ハナダイ、メバルもまじえて初夏の飯岡沖を堪能。

「外房のアジは、引きが強いですね25㎝ぐらいで東京湾の30㎝級の引きを見せてくれるから、高感度なライブラⅡでやると釣り応えがあって最高でした」と田中さん。
 
海況が安定する初夏は、沖釣り入門のチャンス。

家族や仲間を誘って、ぜひアジ・ハナダイ五目に挑戦しよう。

以上の記事は「つり丸」2022年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル