MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
何が掛かるか分からない!SLJが大盛況!外房・大原沖

何が掛かるか分からない!SLJが大盛況!外房・大原沖

何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!

perm_media 《画像ギャラリー》何が掛かるか分からない!SLJが大盛況!外房・大原沖の画像をチェック! navigate_next

【外房・大原沖】スーパーライトジギング 釣行レポート

ジグのMAXウエイトが100~120gのSLJ専用スピニングロッドに、タイラバタックルやキャスティング用のスピニングタックル持参の人も多かった。ボトムから水面までの様々なパターンがあり得るのが初夏の大原沖だ

大小さまざまな魚がヒットする大原沖にあわせたオリジナルフックも完成。フックサイズはS、M、Lで、アシストリーダーの長さも各2~3タイプ配備されている

大原沖のパターンを徹底的に研究して完成した2タイプの広布号オリジナルジグ。凄腕のアングラーでもある野島幸一船長の経験を形にした名品。青物、マダイ、根魚とどんな魚も誘惑する実績十分の名品である

ジグのカラーは、シルバー、白アワビ、黒アワビの「ナチュラル系」が基本。マダイ狙いではゴールドベースが強い。なおピンクやゴールドホロは澄潮では、青物類には嫌われるので注意

「今年はイワシの量が凄い」と野島船長。その言葉通り、取材当日は、キャッチには至らなかったが、青物やサワラに追われたトリヤマが度々みられた

「根掛かりが動いた!」という 恒例のビッグバイト!

ライトタックルでのゲームゆえに、ボトム付近のバイトは、根掛かりを思わせるものとなるので注意。とくにマハタやヒラメの良型は、バイトの直後は動かない。取材当日、埼玉県川越市の小林久美さんのビッグバイトもそんな展開だった

タイラバとの両面作戦が 引き出したヒラメ!

上のファイトの末にキャッチされたのがこのヒラメ。「深い場所だとジグが上手く動かせないから、いつも水深が50mを超えたらタイラバにしているんですよ」と小林さん。フォローベイトとしのタイラバの存在は、覚えておきたいセオリーだ

遠藤さんにヒットした今日一のオニカサゴ。ワラサ狙いの150gのジグだっただけに、ちょっと苦笑の一幕

TGベイト60gのハーフピッチジャークにヒットしたクロメバル。この時期には良くヒットする常連のゲストだ

広布号オリジナルジグの黒アワビにヒットしたアヤメカサゴ。船長いわく、アワビ系では、このカラーが、一番ナチュラルで食い渋る澄潮時には強いとか

ジャッカル/ビンビンスイッチにヒットしたアヤメカサゴ。PE1.2号まででなら60~100gの様々なルアーを試すのはあり。同gのタイラバも用意しておきたい

潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!

取材当日は食い渋ったが、イワシの大群が回遊している大原沖では、上のサンパク~ワラサやサワラのほかカンパチなどの釣果上昇中。いまがSLJ入門の好期だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「広布号」

いまや、関東近郊におけるSLJ(スーパーライトジギング)のメッカとなっているのが大原沖だ。

小さなジグと軽いタックルが入門の敷居を下げてくれるから大人気。それをフルサポートしてくれるのが大原「広布号」なのだ。

普通のジギングと比べれば、タックルの重さは1/3もないから、体力にない女性や子供でも気軽に挑戦できる。

そんなタックルの性能をフルに使えば、10㎏のヒラマサも獲れることを証明してきたのが野島幸一船長だ。

「ただし、ラインシステムは根周りを狙うから、ラインはPE1.2号が必須。これより細いラインを使うと悔しい思いをする人が多いよ。大型のマハタは根潜るから、PE0.8や1号では厳しい。リールもそれにあわせて巻きトルクがあるPGかノーマルギアがいいよ。これなら2㎏のドラグを使えるから、ヒラマサや大型のマハタも獲れるんだよ。ウチは、レンタルタックルも充実しているから、ビギナー大歓迎だよ」とか。

取材当日は、澄潮で青物は食い渋ったが、ヒラメが浮上したほか、アヤメカサゴやオニカサゴ、マハタといった根魚がヒット。

バイトには至らなかったが、ワラサやサワラのトリヤマも頻発していたので、プラグを使ったキャスティングゲームも面白くなりそうだ。

今後はさらに熱くなるSLJゲームにあなたもぜひ挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2022年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
【東京湾】イワシ付きグッドサイズが連発!キャスティングゲームで狙う夜のシーバス最高潮!ベイトパターンの群れにぶつかればグッドサイズの連発あるぞ!!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル