MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシを釣って,それをエサにヒラメ狙い!相模湾ヒラメ五目

イワシを釣って,それをエサにヒラメ狙い!相模湾ヒラメ五目

平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!

perm_media 《画像ギャラリー》イワシを釣って,それをエサにヒラメ狙い!相模湾ヒラメ五目の画像をチェック! navigate_next

サビキでイワシを釣って それをエサにヒラメ狙い!

多彩なゲストもまじる!

4月前半からスタート 今シーズンはゲストも豊富

平塚沖では、例年、早春から春の時期になるとカタクチイワシの群れが接岸する。

イワシの群れが来ると、平塚港「庄三郎丸」ではヒラメ五目を開始するが、今年は4月前半からスタートした。

当宿のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う。

イワシ釣りはエサを確保するためだが、意外にこれがおもしろい。

多点掛け連発の入れ食い時は、つい夢中になることもしばしばだ。 

今年はヒラメが開始当初からコンスタントに釣れ、好スタートを切っている。

そして、今シーズンは多彩なゲストがまじって楽しめている。ゲストは各種のハタやカサゴのほか、オオニベ、ホウボウ、メバルなど美味な高級魚ばかり。

「庄三郎丸」のヒラメ五目は、まさに「楽しく釣って、美味しく食べる」を楽しめる釣り物だ!

50号オモリに対応した ライトタックルでOK

「庄三郎丸」で使用するオモリは50号。

そのため、竿はオモリ50号に対応した7対3~6対4調子のライト用やゲームロッドがオススメ。

長さは2m前後でOKだ。

リールは小型の手巻き両軸リール、または小型電動のどちらでもOK。

手巻きタックルと電動タックルの2種類を用意できるなら、深場では電動タックルを使うと手返しが楽になるだろう。

道糸はPEラインの2号前後を150m巻いておけば大丈夫だろう。

朝イチのイワシ釣りも、このタックルを流用できる。

ヒラメの仕掛けは胴付き2本バリ

︎ヒラメの仕掛けは胴付き2本バリ。イワシは魚皮サビキで狙う

基本の仕掛けは、胴付き仕掛けの2本バリ。

1本バリに比べるとエサの数が2倍になるので、アピール度が高くなってアタりやすくなるのが利点。

ただしエサの消費量が多くなるので、朝のイワシ釣りであまり釣れなかった場合は1本バリ仕掛けを使うのもいいだろう。

枝スは4~5号、30~40㎝。幹糸は6号、2本バリの場合は幹間は60~80㎝。枝スを出す部分は直結でもいいが、小型の親子サルカンや接続ビーズなどを介すると仕掛けにヨレがかかりにくくなって手前マツリを防ぎやすくなるだろう。

捨て糸は3~4号、5~30㎝。

ハリは丸セイゴの14~18号やチヌバリの5号前後。

ハリにヒネリが入っていないものがオススメだ.

オモリはタックルのところで前述したように50号を使用する。

根掛かりしやすいポイントを狙うこともあるので、仕掛けとオモリは多めに準備しておこう。

また、ハリスを結んだ替えバリを用意しておくと、枝スが傷ついたり、枝スが切れた時に便利だ。

エサのイワシ釣りは 一生懸命釣ろう!

朝イチはエサにするカタクチイワシを釣る。

4月後半の時点ではカタクチイワシが好調に釣れているが、状況によってはマイワシや小サバも釣れる。

朝のイワシ釣りでしっかり数を釣らないとエサが足りなくなってしまうので、本命狙いよりも気合を入れて一生懸命釣ろう。

生きたイワシがないと、本命が釣れる確率が激減してしまうということを頭に入れておくこと!

イワシを狙う仕掛けは、出船前に船長が各自にサビキ仕掛けをくれるのでそれを使う。

オモリはヒラメ狙いの50号でOKだ。

船長が反応を見つけて投入合図が出たら即座に仕掛けを投入。そして指示ダナの範囲を探っていく。

アタリがあったらその位置でしばらく待つか、ゆっくり巻き上げて追い食いさせる。

1匹ずつ釣っていては効率が悪いので、つねに多点掛けを狙うこと。

少なくても60匹以上を目標に釣ろう!

ハリを外す際はイワシを強く握らず、ハリ外し等を使って迅速に外そう。

カタクチイワシのエサ付けは、下アゴからハリを刺し入れ、上アゴに刺し抜く。

小サバやマイワシの場合は、上アゴ掛けでOKだ。

弱らないように、エサ付けも迅速に!

カタクチイワシは下アゴから頭部へとハリを刺し抜いて付ける

オモリを底付近にキープ アタったら即アワセは禁物

イワシ釣りが終了したら、いよいよ本命のヒラメ狙いに移行する。

投入合図が出たら、ハリにすばやくエサのイワシを付けること。

ここでエサ付けに時間がかかると、イワシが弱ってしまいアタリが遠くなるので注意しよう。

イワシが元気に動くことが、最高の誘いになるからだ。

エサを付けたら仕掛けを投入。オモリが着底したら、オモリを10〜20㎝ほど巻き上げてアタリを待つ。

ベイトの反応があったり、海底の起伏が激しいときは船長からタナ指示が出ることもある。

その場合は指示に従おう。

船が流されて水深が変わることもあるので、マメにタナを取り直すことも忘れずに。

タナの取り直しが誘いにもなるので、タナを取ったら長時間放置するのは避けよう。

また、時々竿を頭上まで起こしてからゆっくり戻す誘いも有効だ。

この場合は弱りかけた小魚が、ユラユラと落ちてくるイメージで誘うといいだろう。

アタリの出方は、大まかに3パターンに分けられる。

一つはアタリと同時に一気にもっていくパターン。

向こうアワセで掛かりやすいので、竿を起こして魚の重みを感じたら、やり取りをはじめよう。

二つめはなかなか食い込まないパターン。

この場合は、しばらく待って、食い込んだところで竿を立ててしっかりアワせよう。

三つめは食い上げのアタリ。急に糸がフケた場合は食い上げている可能性大。

即座に糸フケを取り、魚の重みを感じたら、竿を起こしてしっかりとアワせてからやり取りを開始しよう。

本命だけでなくエサのイワシ釣りもおもしろい! イワシは入れ食い! 本命にオオニベも釣れて満足

アタれば高級魚が釣れる夢のある釣り。いつやってもウキウキ、ワクワクが止まらない平塚港「庄三郎丸」さんのヒラメ五目船に乗船してきました。

しかもライトタックルで狙うので、前アタリから食い込み、そしてやり取りまでがスリリングで引きも楽しめます。

何よりタックルが軽いので疲れないことも嬉しいのがライトタックルの良いところです。

まさに「釣って楽しく、食べて美味しい」釣り物です!

最初にエサのイワシ釣り 1時間ほどでバケツ5杯

釣り物が多い相模湾に面した平塚港は、朝から活気がある港です。

都内からのアクセスも良く、「庄三郎丸」さんは食堂があって朝ごはんも食べられます。

とても人気がある大きな船宿さんです。

レンタルも充実していたりと、サービスが良いので初心者の方にもオススメですよ。
 
今回使用したタックルは7対3調子のライトゲーム用ロッド(2・25m)に小型両軸リール。

サビキをやるので少し長めの竿の方が扱いやすくオススメです。オモリは50号の指定。
 
6時30分に港を出て船はまず20分ほど走りイワシのポイントへ。

「2日前はパタパタっと朝イチに食ったので、ササッとイワシ釣って切り替えるので頑張ってエサを釣ってね」と中村友紀船長のアナウンス。
 
この釣りは、まず泳がせ釣りのエサを調達するところから始まります。

じつはこれが楽しくて、楽しみだったりもするんです!
 
船で配られる9本バリのサビキ仕掛けを使って、海面から4~8mを狙います。

すると10cmほどのシコイワシがズラズラと釣れました。

コマセもまかずに早々と1時間ほどでバケツ5杯分のエサ(イワシ)のストックができました。

しかし、このエサ調達に時間がかかってしまう時もあるそうです。
 
バケツからイワシが飛び出さないようにタオルを被せ準備は万端。

バケツにイワシを入れすぎると窒息するので、ある程度溜まってきたら次のバケツに入れていきます。

足元にはイワシが入ったバケツがズラッと並びます。

ホースが外れているとすぐにイワシは死んでしまうので、マメに確認してくださいね!

筆者は60㎝ほどのヒラメをゲット!

ここから泳がせ釣りに切り替えました。船宿特製2本バリの胴付き仕掛けは、ヒラメ以外の各種ゲストにも対応した万能仕掛けです。

イワシのアゴの下から口を閉じるようにハリを刺して、2つのハリにイワシを付けます。
 
タナは底から1.5mくらい。ヒラメ狙いの場合はもう少し上ですが、さまざまなターゲットが狙えるので、まずはこのタナからスタートして何が釣れるか試します。
 
ポイントを点々としながら底を取り直していく釣りなので、砂地なのか岩礁なのか、今仕掛けがどんな状態にあるのかが分かりやすい8対2~7対3の先調子気味の竿が使いやすいです。
 
江の島裏の根周りでは数回ガツッと引ったくるようなアタリが出るものの、「プンッ」とすぐ外れてしまいハリ掛かりしませんでした。
 
その後もマメにタナ取りを繰り返しているとイワシが暴れる怪しい前アタリ。

これは食い込みそうだと集中すると、ついに食い込みました。

思わず「食った!!」と声が出てしまいました。

ライトタックルが絞り込まれ、とにかく重たかったです。

重量感のある引きで上がってきたのは60cmくらいのヒラメでした。

さっそく本命が釣れて嬉しいなか、次のポイントではオオニベがヒット。

タナを取り直した瞬間、底でバクッと食ってきました。

同船の客さんにもオオニベが釣れていました。
 
ちなみにニベの仲間は大きな浮き袋があるので、釣り上げると「グウグウ」と鳴いたりして可愛いです。

愚痴を言っているようにも聞こえることから、「グチ」と呼ばれたりするらしいですよ。

美味しい魚なので、これはこれで嬉しいゲストです。
 
その後に移動した平塚沖ポイントでは、ウツボが釣れました。

こちらはリリースしましたが、引きが強くて楽しかったです。
 
漁礁周りは小マメにタナを取り直して攻めます。

根掛かりに注意しながら丁寧に攻めていると、待望の食い込むアタリ。

しかし残念なことに、この魚は根に潜られてしまい正体を見ることができませんでした。

恐らく周りでもパタパタッと釣れていたカサゴでしょうね。
 
同船者の方はマハタ、コブダイ、メバル、カサゴ、ホウボウと多彩なゲストを釣っていました。
 
エサとなるシコイワシの接岸とともにシーズンスタートとなる「庄三郎丸」さんのヒラメ五目船。

シーズンは7月末までと長く楽しめます。
 
今はまだ浅場ですが、これからは次第に深場へと移動していきます。

砂地から岩礁まで、いろいろな地形のポイントを狙います。

ビギナーからベテランまで、幅広い層の釣り人が楽しめる魅力のある釣りです。

ライトタックルならではの釣趣もオススメなので、みなさんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか!?
 
これからの時期は朝は少し冷えていても日中は暑くなるので、水分補給と着る物の調整を万全にして楽しみましょう!!

【相模湾・平塚沖】ヒラメ五目 釣行レポート

エサのイワシを自分で釣って それをエサにヒラメ狙い!

高級ゲストもいろいろまじる 最初のエサ釣りから超楽しいよ!!

凪の日にはノンビリと楽しめる!

最初はエサのイワシ釣りから始まる。これがおもしろくて、つい夢中になってしまう!!

金澤さんのアワセが決まった!

金澤美穂さんは良型のヒラメを手にした!

オオニベもまじった

ヒラメはこのくらいのサイズが多い

ヒット! 何が掛かったかな?

カサゴが一荷で掛かった

カサゴは定番ゲスト

近年はオオニベが多くなった

美味なオオモンハタもまじった

余ったエサのイワシもお土産に! タタキやテンプラなどにオススメ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」

今回はヒラメ五目を楽しみにに平塚港「庄三郎丸」さんに乗船してきました!

まずはエサのイワシ(カタクチイワシ)を釣ります。

じつは、これが楽しみだったりもします。

ズラズラと釣れたイワシをバケツに入れて準備は万端。

弱らないようにしっかりと海水を入れ続けましょう。
 
エサのイワシを十分に確保したら、泳がせ釣りに切り替えます。

船宿特製の胴付き2本バリ仕掛けのそれぞれのハリにイワシを付けます。

タナは底から1.5mくらい。

ヒラメ狙いの場合はもう少し上ですが、さまざまなターゲットが狙えるので、まずはこのタナからスタート。
 
江の島裏の根周りで数回ガツッとひったくるようなアタリが出るも、掛かりませんでした。

マメにタナ取りを繰り返していると、イワシが暴れる怪しい前アタリのあと、ようやく食い込みました。

LT(ライトタックル)が絞り込まれて、重量感のある引きで上がってきたのは60㎝ほどのヒラメでした。
 
ポイントを移動して何度かタナを取り直していると底付近でオオニベがヒット。

同船の客さんにもオオニベが釣れていました。美味しい魚なので嬉しい釣果です。         

漁礁まわりで小マメにタナを取り直して丁寧に攻めていると、待望の食い込むアタリ。

しかし、この魚は根に潜られてしまい正体を見ることができませんでした(涙)。
 
エサとなるシコイワシの接岸とともにシーズンスタートとなる「庄三郎丸」のヒラメ五目。

シーズンは7月末までとロングランで楽しめます。

みなさんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!?

以上の記事は「つり丸」2022年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル