MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込みパターン継続中!4.8kgも!東京湾タイラバゲーム

乗っ込みパターン継続中!4.8kgも!東京湾タイラバゲーム

乗っ込みパターン継続中!4.8㎏のグッドサイズも出た!東京湾のタイラバゲーム!

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込みパターン継続中!4.8kgも!東京湾タイラバゲームの画像をチェック! navigate_next

東京湾のタイラバゲーム 釣行レポート

乗っ込みパターン継続中! 4.8㎏のグッドサイズも出た!

タイラバは、両軸リールの専用タックルのほか、ライトジギング用やLTロッドのULクラスでも転用可能。ラインはPE0.8~1号を200m、リーダーは3~4号を1.5~3m。メタルジグ用にスピニングのSLJタックルを常備する人も少なくない

タイラバのヘッドは、60・80・100g。ネクタイユニットは、必ず「中井チューン」等のフィネス系と波動を強めたカーリータイプを常備したい。タイラバに反応が悪ければ、タングステン製のジグでボトムを狙うのもセオリーだ。

◎ダイワ/ベイラバーフリーα
◎ダイワ/TGベイト

ネクタイのローテでマダイを 引き出せ!

平均すれば「中井チューン」等のフィネス系ネクタイが強い東京湾のタイラバゲームだが、中潮ながら潮が動かなかった当日は、強波動のダブルカーリーが正解だった。ネクタイのカラーやタイプは、マメにローテして乗っ込みのマダイを攻略しよう

ネクタイのカラーは、オレンジゼブラ&レッドが軸だが、濁りが強くなるこれからの時期は、グローやチャート、黒が当たることも少なくないのは憶えておこう

狙う水深は40m以内が多いので、ヘッドのウェイトは、80gが軸だが、潮が緩かった当日は60gが主役になった。鉛とタングステンでフォール速度を使い分けるのも一手

「フレンドシップ」の田岡要司船長は、ビギナーにマンツーマンに近いアドバイスで魚を釣らせてくれる。上手くなりたい人には、絶対おすすめだ

当日、先陣を切ってマダイを仕留めたのは宇野さん。バイトを出したのはタングステンヘッドの60gにオレンジのダブルカーリー。これが当日のヒットパターンだった

「マダイはジグの方が釣れると思っています(笑)」とは、キャスティング大山さん。

PE0.4~0.6号を入れたスピニングタックルを駆使する「タイジグ」の名手で、激渋の当日もしっかり本命をキャッチ

初戦の東京湾で4.8㎏をキャッチ!

タイラバの本番・宮崎県から神奈川へ転勤で東京湾初挑戦となった迫野さんは、丹念にネクタイをローテして見事船中最大の4.8㎏をキャッチ。アタリが出たのがボトムから8m。船長いわく「乗っ込み期は、底から20mが当たる日もある」という

迫野さんのタイラバには、指5本のタチウオもヒット。マダイもタチウオも当たるタイラバは共通だったのが興味深い

乗っ込み期恒例のゲスト・ホウボウや良型のムシガレイのバイトもたびたび。どちらも美味しい魚なので大歓迎である

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋港「Friend☆Ship」

「今年は、乗っ込みの前からマダイがよく釣れて、それが続いている。

いま一押しのターゲットだよ」とは、船橋「フレンドシップ」の田岡要司船長。

例年なら青物の回遊が始まる時期だが、今年はそれが遅れ気味な分、「マダイの潮」が続いているようだ。

「フレンドシップ」真骨頂は、機動力の高い小型艇のメリットを生かして、潮況にあわせた繊細な操船で、ターゲットにアプローチしてくれること。

じつは、取材日は、中潮ながら潮が動かず大苦戦の1日だったが、田岡船長はスパンカーを立てつつ微速で船を動かしポイントを丹念にサーチ。

そのかいあって、乗っ込み特有の4.8㎏の大ダイが浮上した。

「アタリが出たのは、底から8mぐらいだったと思います」とは、殊勲の一発を仕留めた迫野さん。

高いタナほど大型が食う乗っ込み期のパターンで、田岡船長によれば水深30mの場所で、底から20mが正解の日もあったとか。

ちなみに、ネクタイはオレンジのダブルカーリーで、これは船中第一号を仕留めた宇野さんに倣ったもの。

本命以外のホウボウやタチウオもこれに食ってきたので、このネクタイが、当日のパターンだったのかもしれない。

6月までは乗っ込みの大ダイが期待できるので、ぜひ「フレンドシップ」で東京湾に挑戦しよう。

以上の記事は「つり丸」2022年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル