MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾LT五目!アジメインにアタリ活発!魚種豊富!

相模湾LT五目!アジメインにアタリ活発!魚種豊富!

【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾LT五目!アジメインにアタリ活発!魚種豊富!の画像をチェック! navigate_next

アタリ活発で退屈しない! とにかく色んな魚を釣りたい!ビギナーからベテランまで満足!

アタリが多い、は楽しい! 沖釣り入門にも最適

相模湾のLT五目釣りは、アタリが多く、色んな魚が釣れてビギナーからベテランまでみんなが楽しめるのが特長だ。

アジを核として、タイ系の魚、根魚、青物など季節ごとの魚が狙えるのが魅力。

釣りはコマセシャクリ釣り、ウイリーシャクリ釣りと呼ばれるもの。

アグレッシブに誘って食わせるもので、「釣れた」よりも「釣った」感を実感できる釣りでもある。

「お子さんから女性はもちろん、誰でも楽しめるのがいいですね。アタリも多いので退屈しないと思います」とは、平塚港「庄治郎丸」の長田ヒカル船長。

「今の時期はアジメインに、ウルメイワシ、サバ、ハナダイやアマダイなどがよくまじっています。慣れた人はアジを泳がせてヒラメなど狙う人もいます」

5月上旬の時点はまだ水温が低く、魚種はそれほど多くなかったが、これから水温上昇で水深も浅くなりさらに釣りやすくなる。

ビシは50号使用 ウイリー2本プラス空バ

ウイリー2本&空バリの船宿仕掛け。空バリにはオキアミをつけておくといろんな魚が食いやすい

この釣りに用いる竿は、1.8~2m、7対3調子のゲームロッドが扱いやすい。

「LT」や「ライトゲーム」などの表記があるものがマッチする。

色々な竿が使えるが、コマセを鋭くまいて食わせていく釣りなので、あまり軟らかい竿だと難しくなる。

リールは小型両軸リール。

現在は水深70~80mくらいまで狙うので小型電動があると便利だが、なくても十分に対応できる。

道糸は小型両軸ならPE1~2号、小型電動ならPE2~3号。

LT用テンビンに20~30㎝のクッションゴムをつけて、ビシは50号を使用する。

「船宿では50号のオモリ付きのプラビシをお貸ししていますが、FL60号や浅くなったらLT用の40号などでもいいですよ」

船宿仕掛けはハリス3号、ウイリー2本プラス空バリの3本バリ仕掛け。

「ハリス3号をすすめています。この号数ならマダイやヒラメが来ても十分に対応できます。サバも多いので安心ですね。あと、3号なら仕掛けが絡みにくいので、長く使えますよ」

慣れた人や食い渋った時などは、2号を使用するのもいいだろう。

夏場以降に青物がまじってくる時は、4~5号の太めの仕掛けも使用する。

ウイリーの色はピンク、ブルー、白など。先バリにはオキアミをつけておくと、タイ系の魚などゲストのチャンスが増える。

オキアミは受付時に購入できるので忘れずに。

「この仕掛けを使う場合は、オキアミは空バリだけでいいですからね。ウイリー仕掛けに付けると動きが悪くなりますよ」

オキアミエサはあくまで保険的な扱い。

この釣りの本質は、ウイリーという擬似バリで騙して釣るところにある。これがより面白さを生むのだ。

このほか、魚を掴む魚バサミ、魚を簡単に外せるグッズがあると便利だ。

これから水温、気温とも上昇するので、ポイントに着いたらまずクーラーボックスに海水を入れて冷え冷えにしておこう。

20リットル以上の大きさのクーラーボックスを持参する場合は、氷を2個購入するのもおすすめ。

アグレッシブにいこう シャクって誘い上げていく

コマセはアミコマセ。オモリ50号のプラビシ使用(船上でレンタル)

コマセカゴは下の窓は全て閉め、上部の窓を1/3から半分程度開けておく。

仕掛けは船べりに乗せておくか、海上に吹き流しておき、竿を振り上げて振り子のようにしてビシカゴを海中に入れる。こうすると絡みづらくオマツリも防げる。

「ポイントによって指示しますが、魚礁周りを狙うときは着底したらすぐに仕掛け分上げるようにしてください。これで根掛かりを防げます」

船長からは「底から10mくらいまで」とか「3~8mまで」などと指示が出る。

これは反応が出ている範囲。

●基本のシャクリ
海底に着いたら仕掛けの長さ、3m巻き上げてスタート。

竿を下に向け、水平になるくらいまで鋭くシュっとシャクってやる。

ここで2、3秒待ち、食わなければ竿先を下げながらリールを一巻きして、下がった時点から再びシュっとシャクる。

2、3秒まって…の繰り返しで船長の指示ダナの上限まで探っていく。

上までいって食わなければ再度、着底させて再び同じ動作をする。概ね2回やったらコマセがなくなるので回収して再投入する。

回収したときにコマセがたくさん残っているような場合は、コマセがほとんで出ていないので、上の窓をもう少し開けてみる。

逆に、1回でカラになるような時は少し閉めてみよう。

シャクった時に、アミコマセがパラパラとこぼれ落ちる。

そこへウイリー仕掛けが入ってきて魚がエサだと思って食いつく。

アタリがあったら竿を軽く持ち上げてアワせてやるとしっかりとハリ掛かりする。

アジなどはそのままでも食うが、タイ系の魚など口の硬い魚の場合は強めのアワセを入れよう。

シャクった後に2、3秒待つのは食わせる間を作るためで、食いがいいときはすぐに食ってくる。

逆に食い渋っている時などは、10秒くらい待ってみるのも。

この待ちの時間を調整して、その時に食うパターンを見つけてみよう。

食わせた魚がかなりの引きだった場合は、そのまま巻き上げてこよう。

アジの場合はアタリがあって1匹掛かったら少しずつ上げていき追い食いを狙おう。

ウルメイワシやサバの場合は、竿先がフワフワしたり浮き上がるような動きを見せる。

そのままにしておくと手前マツリや隣の人とのオマツリを誘発するので、素早く上げてこよう。

「オキアミエサをつけていると、大して動かさなくても釣れちゃうことがあるけど、この釣りの面白さはシャクって掛けていくところにあるからね。置き竿でやるより、アグレッシブにやったほうが絶対に釣れるし楽しいですよ」

慣れた人は手返しを重視してウイリーオンリーの仕掛けにしてもいいだろう。

「庄治郎丸」では、釣ったアジやイワシを泳がせてハモノ(ヒラメなど)狙いを楽しむ人も。

「泳がせをやりたい人は声をかけてください。混み合っていてオマツリが多いような時は遠慮してもらうかもしれませんが、基本は色んな釣り方で楽しんでもらっています」

釣った魚はオケの中で生かしておけるが、これからの時期は鮮度も落ちやすくなる。

ある程度、たまったらマメにクーラーボックスに入れていこう。

せっかくの美味しい魚たち。より美味しくいただくためにキンキンに冷やして持ち帰ろう。

【相模湾・平塚沖~大磯沖】LT五目 釣行レポート

ポイントは平塚~大磯沖。やや水深が深いので小型電動があると便利

状況によっては釣ったアジやイワシを泳がせてヒラメなど狙うのもOK

前半は小型のアジが多かったが、これもうまい

やや深いが手巻きでも十分対応できる

開始からアジとウルメイワシが活発にアタった

定番ゲストのハナダイ。高級ゲストを釣るにはやはり誘いがカギとなる

ギュンギュンといい引き。アジのダブル以上かな?

やっぱりアジのダブルでした

後半は30cmクラスのアジが入れ食いに

ウルメイワシは掛かったらすぐに上げてこよう

アマダイは水深80mほどできた

ラストにアマダイも

小型のアジは握りが最高!

刺身と塩昆布和えで丼に

大型のアジはなめろうが最高

たくさん釣れてもいろんな楽しみがあるのがアジ。フライもふわっふわ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」

LT=ライトタックルという言葉、釣り方が確立しておよそ20年の月日が経過した。

そんなLTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。

「この釣りはやっぱり気軽にいろんな魚が釣れるのがいいですね。アタリも多いし、思わぬ魚が釣れたり。釣り方も難しくないのでファミ リーやビギナーの皆さんにも楽しんでもらえますしね」とは、平塚港「庄治郎丸」の長田ヒカル船長。
 
5月初旬の時点では水深は60~80mとやや深めでアジメインの釣りに。

前半は小型のアジが多かったものの、後半は30cm前後の良型がダブル、トリプルで掛かって好調。

さらにウルメイワシもいいお土産に。
 
50号のビシカゴをシャクってアミコマセをまいてウイリー&エサバリに食わせる。

アグレッシブに誘えばゲストの期待も高くなる。

「今はアジが多いけど、これから水温が高くなっていくと浅場で釣れるようになって、タイ系の魚も増えますよ。五目釣りもいよいよベストシーズンです」
 
初めての沖釣りにもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2022年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル