MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
暑さと共に熱く開幕、激旨アカムツを誘って攻略【波崎沖カンネコ根】

暑さと共に熱く開幕、激旨アカムツを誘って攻略【波崎沖カンネコ根】

魚の中で、最も美味との声もあるアカムツ。ジューシーな脂はくどすぎず、独特の香りを放ち、たくさん食べても食べ飽きない。一度食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしだ。

アカムツの最大の魅力はその味。脂の乗った旨味に魅了されること間違いなし。魚のなかで一番美味いと絶賛する釣り人も多い

カンネコ根には広範囲にわたりアカムツが乗っ込み中だ。ポイントも広いぞ。

アカムツか否かは、慣れてくるとその引きの違いで判断できるようになる。必ずやり取りと誘いは手持ち竿で行おう。

なんと45㎝1.3㎏の大型アカムツがお目見え!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

波崎沖カンネコ根の待望のアカムツシーズンが開幕!
アカムツの最大の魅力はその味。誰が食べても、その独特の脂たっぷりの味に魅了されること間違いなし。魚のなかで一番おいしいと絶賛する釣り人も少なくない。
そして、中深場釣りといっても、ポイントのカンネコ根は、水深120〜160mなので、オモリ150号を背負えるビシアジ竿など普段使い慣れた竿やリールを使えるというお手軽さもうれしい。

ヘビーな道具はいらない。仕掛けはいたってシンプル。軽量な7対3のビシアジ竿、中深場専用竿がベター

サバの身エサとホタルイカのゲソの組み合わせが鉄板。

アカムツ釣りの基本タックルだが、水深120〜160mを攻める釣りのため、深海用のヘビーな道具はいらない。
オモリ150号を背負える軽量な7対3調子のビシアジ竿やオニカサゴなどの中深場専用竿がベター。手持ち竿で釣るため、軽量さと腰の強さを併せ持った竿が適合するのだ。
リールは、PE4〜5号が300m収容できる小型〜中型電動リール。エキスパートたちは、水切れのよいPE4号を好んで使用しているようだ。リールは手持ち竿を前提のため、小型でパワーのある電動リールが近年の流行だ。
仕掛けは、いたってシンプル。既製品も一昨年あたりから各メーカーから発売されているが、胴付き2本バリ仕掛けなので作るのは簡単。自作をすすめる。
幹糸6〜7号、ハリス4〜5号、ムツ16〜17号、これに水中ライトを組み合わせて仕掛けを作ろう。
ライトや夜光ビーズなどは、種類が豊富なので、好みで付ければよいが、絶対的な効果は証明されていない。仕掛けに迷ったら、光り物は外しシンプルイズベストの気持ちで臨むとよいだろう。(仕掛け図参照)
エサは、サバの切り身とホタルイカのゲソの抱き合わせが定番。
慣れている釣り人はエサにこだわる人も多く、サケ皮やイワシ、イカタンなどを使っているが、オーソドックスなサバ&ホタルイカゲソが一番実績が高いと三橋船長は話す。
サバは、現場で釣れるので用意しなくてもほぼ大丈夫だろう。ホタルイカは船宿で購入できる。

誘いで釣果が変わる、奥が深いアカムツ釣り

「このアカムツは釣り座の違いによる釣果の差はほとんど出ないんですよ。誘いがカギですね。小さなアタリをとらえて確実にハリ掛かりさせることをイメージしながら、誘いをかけてください」と三橋船長が話すように、この釣りでは誘い動作がかなり重要だ。手持ち竿で釣るのが定番といわれているのはこれが理由である。
基本的な釣り方はこうだ。
仕掛けを投入しオモリが着底したら、その直後のアタリを期待し、オモリを底でトントンするぐらいでアタリを待つ。
オモリを底から50㎝〜2mゆっくりと聞き上げて、ゆっくりと竿を下げて底ダチをとるのが、誘い動作になる。
動作はゆっくりが基本だが、「スーッ、スーッ」とか、「ストン」と動きを速くしてもよい。
付けエサを水中で確実に動かすことが狙いだからだ。
エサを動かして魚にアピール。エサの動きが止まったときに、アカムツがエサにパクっと食いつくか、吸い込むということをイメージしよう。
アタリは、小さく出ることも多いが、たいていの場合、明確に出る。
「ガクガクガク」と竿先をゆすぶられたら、ゆっくりと竿を立てて聞き上げる。重みを感じテンションを保ったまま、電動リールのスイッチオン。その後は必ず手持ち竿で船に揺れをかわしながら巻き上げてこよう。
取り込みは、必ずタモを使用する。口周りがアジ同様弱く、ハリ穴が拡がりやすいので、道糸のテンションがゆるんだときに魚がバレやすいからだ。巻き上げから取り込みまでは、無駄のないスムーズな動きがバラシを軽減する。

アカムツ釣りはシーズンが長く、12月いっぱいまでは楽しめるが、凪ぎの日が多いこの夏が入門に最適の季節

取り込みは必ずタモ入れしよう。

複数キャッチ続出! 良型ばかり5匹キャッチだっ!!!!!

釣り座に関係なく、誘いのテクニックが釣果を左右するというゲーム性の高さがあるのも近年、茨城海域の超人気ターゲットになった理由のひとつでもある。
「夏から秋のアカムツは、波崎の遊漁船の生命線ともいえる看板ターゲット。開幕からの釣れっぷりは昨年、一昨年同様、まずまずといえます」と三橋正幸船長は語る。
アカムツは、カンネコ根のあちこちで釣れているのがその理由のひとつだという。
シーズンは長く、12月いっぱいまで楽しめるが凪ぎの日が多いこの夏が入門に最適の季節といえよう。
この夏、ぜひあなたの釣り物のひとつに加えてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
最新記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読