MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うまブランドダコが良型主体に釣れてます【東京湾・竹岡沖】

激うまブランドダコが良型主体に釣れてます【東京湾・竹岡沖】

関東では、お正月料理にかかせないタコ。真っ赤にゆだったゆでダコを刺身にすると、その切り口は紅白で実におめでたい。年末になるとスーパーでは、ゆでダコや酢ダコが大量に売られているが、沖釣り師なら、自分で釣ってくるのがおすすめだ。絶品の味が楽しめる東京湾のブランドダコを!

東京湾のタコは旨味たっぷり、絶品のブランド食材。ぜひ正月用のタコは自分で釣って確保したい

年末に、おいしいタコをゲットしよう。

この日は船中3人なので片舷流しで狙った。

ひなたさゆりさんもマダコ初挑戦で本命ゲット!

良型主体で、コレ1杯でもいいお正月が迎えられそうだ。

冬のタコ釣りは大型が多い。1~2㎏主体に、3㎏オーバーも上がっている。

これでお正月用のタコはバッチリ! 冷凍保存するなら、塩もみするまえの、このままの状態で。

テンヤはオモリ50号。オモリが別体式でパタパタ動く。

根のキツイ場所も攻めるので、テンヤはロストもある。多めに用意しよう。

ハリ先のカバーを外さないで釣っている人が「けっこう多い」と船長。あなたは大丈夫?

年末年始に釣っておきたい「魚」ではないが、これがなければお正月は迎えられないでしょ! っていうぐらいの食材がタコ。なぜ、正月にタコなのか、というと…「色が赤くておめでたい」とか「八は末広がりで縁起がいい」とか「タコ→多幸」だから、と諸説あるが、年末のスーパーではゆでダコ、酢ダコが飛ぶように売れる。
しかし、ちょっと待った。沖釣り師ならば知っているはず。スーパーのマダコはほとんど外国産、東京湾で釣ったマダコはそれとはひと味もふた味も違うのだ。東京湾のタコは旨味たっぷり、絶品のブランド食材。ぜひ正月用のタコは自分で釣って確保したい。
冬のタコは数はそれほど出ないものの、良型が多く、4㎏近い大物も上がっており、ズシンッと重量感タップリの釣り味も魅力。大ダコを釣って、お正月を迎えよう!

小突き続ければ、きっと熱くなれる!

しっかり小突くことが大切。乗りを感じてもしつこく小突いて、しっかり抱きつかせてからアワせよう。

釣り方は、底にテンヤを着けて、ただひたすらコツコツと小突くだけ。糸をもった手先を動かすぐらいで、とくに大きなアクションもない地味な釣りなので、寒い時期にはけっこう体が冷えちゃうが、心配御無用、タコが乗ってきたらドキドキして熱くなれるから。とにかく小突き続けることが大切だ。
夏とちがって水温が低いので、タコの活性も低め。しっかり小突いて誘ってやらないとタコは乗ってこない。
小突き方はコツコツコツと一定のリズムでテンヤが浮かない程度に小刻みに。船が流れるので、それに応じて海底をトコトコとテンヤが歩いてくるようなイメージだ。
潮が速かったり、水深が深くなるとテンヤが浮き上がるので、その分糸を送ってテンヤを着底させてやる。ただし、潮が速くて浮きあがるようなときに糸を出しすぎると、テンヤが船から遠ざかるばかりでまったく移動しない、つまりポイントを探れなくなってしまう。糸を出しすぎず、船の移動とともにできるだけ船下を探るように心がけよう。

慌ててアワせちゃダメ。しっかり小突いて大アワセ

小突きが足りないと、海面でバレれることが多い。

根掛かりはある程度覚悟しておかなければならない。だだし、根掛かりしたと思っても絶対に強引に引っ張らないこと。
テンヤが岩に軽く引っ掛かってるってことも多いので、以下の方法で簡単に外れることも多い。
①糸をクイッと軽く引っ張って、パッと緩める。
②これを何度か繰り返す。
③最初より力を入れて糸をグッと引っ張って、パッと緩める。
④さらに力を入れて糸をグッーッと引っ張って、パッと緩める。
⑤少しずつ引っ張る力を強くして、パッと緩めるを繰り返す。
⑥最後は力いっぱい引っ張って、パッと緩める。
これでも外れなければあきらめて先糸を切ろう。
乗りを感じても慌てててアワせたらダメ。しっかり小突き続けてタコがテンヤに覆いかぶさるのを待とう。

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読