MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

怒濤の大型RUSH!! 勝浦沖のカモシヒラマサの爆釣が止まらない! しかも、大型もかなり回遊しているらしい。これはもう見逃す手はない。でしょ!

ダブルヒット、トリプルヒットは珍しくなく、流し変えるたびにアタリがある、という状態だった

9kgオーバーの見事なヒラマサ。朝釣ったアジにヒット。連日こんなサイズがバンバン取り込まれている! もちろん10kgオーバーも回遊中だ。

朝はエサのアジ釣りから。活き餌に食うとは限らないが、しっかりと釣っておきたい。

取材日はこのような大型でアピール力のあるエサによくアタっていた。

竿一本分大きく竿を持ち上げて、一気に落としてコマセをまく。コマセはサンマのミンチを海水で溶いてドロドロにしたもの。

明らかに10kgオーバーと分かる鋭い突っ込み。残念ながら根ズレ…。ドラグ調整は確実にしておこう。

6㎏クラス。取り込まれるのはこのサイズが多い。

体高のある美しい魚体だ。後ろのオケにもヒラマサが!

一人で2本目の9kgオーバー! うらやましい!!

外房・勝浦沖のカモシヒラマサが絶好調だ。船に取り込まれるサイズは3~6㎏が中心で、一人で5本も6本も釣る人もいるという釣れっぷり。当日もダブルヒット、トリプルヒットは珍しくなく、流し変えるたびにアタリがある、という状態だった。
また、獲れる獲れないは別として、連日10㎏オーバーのアタリは必ずあり、取材翌日には16㎏が取り込まれている。大型もかなり回遊しているのだ。
たまたま取材日前後にフィーバーしたのではなく、連日こんな状態なのだという。
十分すぎる釣果だと思うのだが、この状況でも、昨年に比べれば少ないと常連さんは言う。
12月上旬の取材時の水温は20度。勝浦沖のヒラマサもやはり今年は遅れているとのことで、「17度を下回らない限り、しばらく続くと思いますよ」と前出の常連さんはいう。大物ファン、カモシファンならずとも、これは行く価値アリアリだ!

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
剣崎沖のカワハギが絶好調!1月末に久比里「山天丸釣船店」のカワハギ船を取材。海況がよくなかったにもかかわらず、トップ釣果28枚。取材日の4日前にはトップ釣果54枚を記録!サイズも良型!今がチャンスだ!
年明けにロケットスタートを切った波崎沖カンネコ根周辺のヤリイカ。今回は仕掛け~釣り方~サバ&サメ対策もバッチリ紹介!うまい波崎沖のジャンボヤリイカを釣りに行きましょう!!
神奈川県小坪港「太郎丸」では、手軽に楽しめる深場釣り!相模湾のキンメダイ五目が沸騰中!当日は終盤に4連、5連、6連を達成!今後も期待は充分だ!
シ ケ気味の日でも出船率が高く楽しめるのが東京湾のビシアジ。走水港「関義丸」は午前午後の一日二便態勢で出船。半日でトップは20匹台~30匹台の釣果が続いている。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
最新記事
ICリール史上最軽量、水深を音で検知するデプスアラーム搭載の小型両軸リール「ティエラIC」
剣崎沖のカワハギが絶好調!1月末に久比里「山天丸釣船店」のカワハギ船を取材。海況がよくなかったにもかかわらず、トップ釣果28枚。取材日の4日前にはトップ釣果54枚を記録!サイズも良型!今がチャンスだ!
年明けにロケットスタートを切った波崎沖カンネコ根周辺のヤリイカ。今回は仕掛け~釣り方~サバ&サメ対策もバッチリ紹介!うまい波崎沖のジャンボヤリイカを釣りに行きましょう!!
神奈川県小坪港「太郎丸」では、手軽に楽しめる深場釣り!相模湾のキンメダイ五目が沸騰中!当日は終盤に4連、5連、6連を達成!今後も期待は充分だ!
ハヤブサでは、ハヤブサと一緒に釣りを盛り上げる女性サポートスタッフ(女性アングラー)「隼華(HAYAKA)」を1月20日(月)~3月22日(日)の期間、一般公募。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読