MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のカモシヒラマサがスゲーことになってるぞ!【外房・勝浦沖】

怒濤の大型RUSH!! 勝浦沖のカモシヒラマサの爆釣が止まらない! しかも、大型もかなり回遊しているらしい。これはもう見逃す手はない。でしょ!

ダブルヒット、トリプルヒットは珍しくなく、流し変えるたびにアタリがある、という状態だった

9kgオーバーの見事なヒラマサ。朝釣ったアジにヒット。連日こんなサイズがバンバン取り込まれている! もちろん10kgオーバーも回遊中だ。

朝はエサのアジ釣りから。活き餌に食うとは限らないが、しっかりと釣っておきたい。

取材日はこのような大型でアピール力のあるエサによくアタっていた。

竿一本分大きく竿を持ち上げて、一気に落としてコマセをまく。コマセはサンマのミンチを海水で溶いてドロドロにしたもの。

明らかに10kgオーバーと分かる鋭い突っ込み。残念ながら根ズレ…。ドラグ調整は確実にしておこう。

6㎏クラス。取り込まれるのはこのサイズが多い。

体高のある美しい魚体だ。後ろのオケにもヒラマサが!

一人で2本目の9kgオーバー! うらやましい!!

外房・勝浦沖のカモシヒラマサが絶好調だ。船に取り込まれるサイズは3~6㎏が中心で、一人で5本も6本も釣る人もいるという釣れっぷり。当日もダブルヒット、トリプルヒットは珍しくなく、流し変えるたびにアタリがある、という状態だった。
また、獲れる獲れないは別として、連日10㎏オーバーのアタリは必ずあり、取材翌日には16㎏が取り込まれている。大型もかなり回遊しているのだ。
たまたま取材日前後にフィーバーしたのではなく、連日こんな状態なのだという。
十分すぎる釣果だと思うのだが、この状況でも、昨年に比べれば少ないと常連さんは言う。
12月上旬の取材時の水温は20度。勝浦沖のヒラマサもやはり今年は遅れているとのことで、「17度を下回らない限り、しばらく続くと思いますよ」と前出の常連さんはいう。大物ファン、カモシファンならずとも、これは行く価値アリアリだ!

以上の記事は「つり丸」2013年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読