東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


なんといっても富浦沖の魅力は、大ダイが高確率で釣れることだ。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げろ!

食べておいしいサイズがコレ。青物の猛攻をかわせば、マダイヒットの確率が上がる。時合は突然来るので、沖揚がり直前まであきらめずに釣り続けることが大切。

活性の高いマダイを選んで釣るからこのサイズのファイトもなかなかなもの。

イナダは多い。だが、この青物とマダイはセット。青物ばかりヒットするときは、光物などのアピールグッズは外そう。

良型ハナダイがゲスト。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・内房富浦「第三共栄丸」。

内房・富浦沖はおめでたいマダイが好調に釣れている。ここは栄養豊富な東京湾口に位置。釣れるマダイは美形、しかも美味なので、新年の初釣りにはもってこいのターゲットだ。
「今期は水温が高かったのですが、12月になりようやく下がり始めました。1㎏前後のマダイが多いのでお土産には十分。なんといっても富浦沖の魅力は大ダイが高確率で釣れること。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げてください」とは、コマセマダイに力を入れている富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長。
ここの釣り方の特徴は、高ダナでアタリを待つこと。ハリスは10〜12mと長めだ。やる気あるマダイを浮かせて効率よく掛ける、を目論んでいる。マダイの魚探反応があれば、落とし込みの誘いが効くという。
富浦港へは車で館山道終点富浦ICを降りてすぐ。交通の便もよいのでぜひ利用してみてはいかが。

富浦沖のマダイ釣りはこうするべし!

波静かな富浦沖。のどかな時間が流れる。

ヒット! マダイか!?

関連する投稿


日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

月日の経つのは早いもの。ふと気が付けば、いつのまにやら12月。日立沖のテンヤマダイ、ここ最近は好調続き。釣り納め、釣り始めに、メデタイ赤い魚を狙ってみては、いかがでしょう。ズバリ、年末年始にオススメです!


初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

年間を通してマダイを狙って出ている大原港の「新幸丸」では、いぜん1㎏前後のマダイに中ダイ、大ダイがまじって数釣りが続いている。


大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。


マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

マダイが大発生中! 手返し重視でベタ底狙いだ【常磐・会瀬沖】

今年、茨城海域はマダイがよく釣れた。数年前から火がついたこの海域のひとつテンヤマダイ釣りだが、今秋はマダイが茨城全域にわたっていることがわかり、各地でにぎわっていたのだ。その漁場のひとつが会瀬沖である。


深場と浅場で対照的なマダイ釣りが 楽しめるぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

深場と浅場で対照的なマダイ釣りが 楽しめるぞ【相模湾・茅ヶ崎沖】

相模湾のコマセマダイは、秋〜冬がベストシーズンといえるだろう。今シーズンも11月から相模湾の広範囲で好釣果の報告が聞かれるようになった。茅ヶ崎「湘南 海成丸」は、毎年この時期マダイ五目で出船している。11月に入るとマダイの釣果は上向き、浅場のポイントだけでなく、深場のポイントでも好釣果が記録されるようになった。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング