沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


なんといっても富浦沖の魅力は、大ダイが高確率で釣れることだ。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げろ!

食べておいしいサイズがコレ。青物の猛攻をかわせば、マダイヒットの確率が上がる。時合は突然来るので、沖揚がり直前まであきらめずに釣り続けることが大切。

活性の高いマダイを選んで釣るからこのサイズのファイトもなかなかなもの。

イナダは多い。だが、この青物とマダイはセット。青物ばかりヒットするときは、光物などのアピールグッズは外そう。

良型ハナダイがゲスト。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・内房富浦「第三共栄丸」。

内房・富浦沖はおめでたいマダイが好調に釣れている。ここは栄養豊富な東京湾口に位置。釣れるマダイは美形、しかも美味なので、新年の初釣りにはもってこいのターゲットだ。
「今期は水温が高かったのですが、12月になりようやく下がり始めました。1㎏前後のマダイが多いのでお土産には十分。なんといっても富浦沖の魅力は大ダイが高確率で釣れること。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げてください」とは、コマセマダイに力を入れている富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長。
ここの釣り方の特徴は、高ダナでアタリを待つこと。ハリスは10〜12mと長めだ。やる気あるマダイを浮かせて効率よく掛ける、を目論んでいる。マダイの魚探反応があれば、落とし込みの誘いが効くという。
富浦港へは車で館山道終点富浦ICを降りてすぐ。交通の便もよいのでぜひ利用してみてはいかが。

富浦沖のマダイ釣りはこうするべし!

波静かな富浦沖。のどかな時間が流れる。

ヒット! マダイか!?

エアを持って浮上するマダイ。美しい魚体が水面を彩る。

富浦沖のマダイ釣りは、長さ10〜12mのロングハリスを使用する。
釣り方は、オーソドックス。指示ダナの5〜6m下からコマセを軽く振り出し、指示ダナでアタリを待つというもの。コマセはオキアミのためドバまきは厳禁である。
「うちでは、タナを高めに設定して浮いてきた活性の高いマダイを釣るようにしています。釣れないからといって、タナを低くするのはダメですね。低くしてもいいことはありません。あくまで狙いは大ダイ。じっとがまんが必要です」と、笹子船長はいう。
「じっとがまん」とは、つらい言葉だが、これには理由がある。常連の山口雄一さんは、こう話す。
「富浦沖の大ダイはいつヒットするかなかなか読めないんですよ。釣れないからといってポイントを移動すると、他の船がそこで大ダイをあげてしまう。そんなことがよくあるんです。ポテンシャルが高いフィールドですから、常に大ダイのチャンスがあると思って釣らなくちゃダメですね」
小〜中ダイが数釣れるのが、この冬のパターン。小ダイのなかに大ダイがいると思っていいだろう。
誘いすぎても逆効果だし置き竿にしすぎるのもよくない。
「一番肝心なことは、付けエサが時合に確実にハリに付いているかです。3〜5分に一度はエサのチェックをしてください」と船長が言うように、基本動作を忠実に行うことが富浦沖のマダイをキャッチするキモだ。
釣り船の数が少ない富浦沖は、初マダイゲットに最適ともいえる。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

ポイント至近で簡単! ティップランアアオリイカのススメ

釣り方は簡単。餌木をキャストして、底ダチをとったらシャクりながら餌木をダートさせる。その後、ピタっと止めるだけ。

午後はティップランアオリイカを満喫だ!

短時間でこれだけの釣果をタタキだせるのがティップラン釣法だ。

各社から発売中の3.5号のティップラン専用餌木を用意しよう。

ティップランアオリイカが絶好調の富浦沖。午後船がおすすめ。

2時間ほどの試釣で次々とアオリイカをヒットさせた笹子宏宣船長。ルアーフィッシングも得意だ。

昨年秋から関東エリアに進出してきたオフショアアオリイカの新釣法“ティップラン”。ルアーアングラーが行うテクニカルでハイレベルな釣りというイメージがあって、なかなか敷居の高い釣り物の感がある。が、やってみるとかなりイージーな釣りだ。
「うちは昔からシャクリのアオリイカも得意としてますから、“ティップラン”はかなりスムーズにできましたよ」とは、宏宣船長。
ポイントで風と潮の流れにそのまま船を流す「ドテラ流し」で、この釣りを行うという。
「潮上に餌木をキャストして、餌木が着底したら、3〜10回ほど、ジャカジャカとシャクリあげて、ストップさせるだけです。餌木が止まったときに乗ります」
いとも簡単な動作に聞こえるが、実際にやってみると本当に簡単。シャクリあげてイカが乗らなければ、再度餌木を沈めて底ダチ取りして、ジャカ巻きをして止めるだけ。2〜3度底ダチを取ったら回収し再びキャスト。この繰り返しだ。
「アタリは、餌木を止めたときに、『ツンツン』と引っ張るようなアタリか、糸フケが出るようなアタリが出ます。それが出たらすかさず、アワセをいれてください。アワセ方はひとつテンヤマダイと同じです」
餌木のサイズは3.5号で、ティップラン専用餌木が断然よいという。底ダチが取れることが大前提なので、重めの餌木もそろえておくとよい。
アオリ乗合は、午前便もあるが、午前マダイ&午後アオリの2便乗船コースもおすす

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。大型がヒットしているので、ふだん使い慣れたタックルで臨むのがいいだろう。ポイントの水深は20m台〜30m台。潮が速くても10号ぐらいまでのテンヤがあれば底立ちがわかるだろう。そのため10号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用竿があればOK。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

外房・川津沖のひとつテンヤマダイは、秋口からたびたび好釣果を記録している。アタリが多いときは2〜5㎏の大ダイ、中ダイが取り込まれているほか、ヒラマサやワラサなどの青物もまじっている。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

昨年晩秋11月に突然フィーバーした八景沖のマダイ。4~5㎏級の大ダイが水深20mタナ10m前後の超浅場で、それこそバホバホと食ったのには驚いた。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読