MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。

なんといっても富浦沖の魅力は、大ダイが高確率で釣れることだ。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げろ!

食べておいしいサイズがコレ。青物の猛攻をかわせば、マダイヒットの確率が上がる。時合は突然来るので、沖揚がり直前まであきらめずに釣り続けることが大切。

活性の高いマダイを選んで釣るからこのサイズのファイトもなかなかなもの。

イナダは多い。だが、この青物とマダイはセット。青物ばかりヒットするときは、光物などのアピールグッズは外そう。

良型ハナダイがゲスト。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・内房富浦「第三共栄丸」。

内房・富浦沖はおめでたいマダイが好調に釣れている。ここは栄養豊富な東京湾口に位置。釣れるマダイは美形、しかも美味なので、新年の初釣りにはもってこいのターゲットだ。
「今期は水温が高かったのですが、12月になりようやく下がり始めました。1㎏前後のマダイが多いのでお土産には十分。なんといっても富浦沖の魅力は大ダイが高確率で釣れること。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げてください」とは、コマセマダイに力を入れている富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長。
ここの釣り方の特徴は、高ダナでアタリを待つこと。ハリスは10〜12mと長めだ。やる気あるマダイを浮かせて効率よく掛ける、を目論んでいる。マダイの魚探反応があれば、落とし込みの誘いが効くという。
富浦港へは車で館山道終点富浦ICを降りてすぐ。交通の便もよいのでぜひ利用してみてはいかが。

富浦沖のマダイ釣りはこうするべし!

波静かな富浦沖。のどかな時間が流れる。

ヒット! マダイか!?

エアを持って浮上するマダイ。美しい魚体が水面を彩る。

富浦沖のマダイ釣りは、長さ10〜12mのロングハリスを使用する。
釣り方は、オーソドックス。指示ダナの5〜6m下からコマセを軽く振り出し、指示ダナでアタリを待つというもの。コマセはオキアミのためドバまきは厳禁である。
「うちでは、タナを高めに設定して浮いてきた活性の高いマダイを釣るようにしています。釣れないからといって、タナを低くするのはダメですね。低くしてもいいことはありません。あくまで狙いは大ダイ。じっとがまんが必要です」と、笹子船長はいう。
「じっとがまん」とは、つらい言葉だが、これには理由がある。常連の山口雄一さんは、こう話す。
「富浦沖の大ダイはいつヒットするかなかなか読めないんですよ。釣れないからといってポイントを移動すると、他の船がそこで大ダイをあげてしまう。そんなことがよくあるんです。ポテンシャルが高いフィールドですから、常に大ダイのチャンスがあると思って釣らなくちゃダメですね」
小〜中ダイが数釣れるのが、この冬のパターン。小ダイのなかに大ダイがいると思っていいだろう。
誘いすぎても逆効果だし置き竿にしすぎるのもよくない。
「一番肝心なことは、付けエサが時合に確実にハリに付いているかです。3〜5分に一度はエサのチェックをしてください」と船長が言うように、基本動作を忠実に行うことが富浦沖のマダイをキャッチするキモだ。
釣り船の数が少ない富浦沖は、初マダイゲットに最適ともいえる。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

ポイント至近で簡単! ティップランアアオリイカのススメ

釣り方は簡単。餌木をキャストして、底ダチをとったらシャクりながら餌木をダートさせる。その後、ピタっと止めるだけ。

午後はティップランアオリイカを満喫だ!

短時間でこれだけの釣果をタタキだせるのがティップラン釣法だ。

各社から発売中の3.5号のティップラン専用餌木を用意しよう。

ティップランアオリイカが絶好調の富浦沖。午後船がおすすめ。

2時間ほどの試釣で次々とアオリイカをヒットさせた笹子宏宣船長。ルアーフィッシングも得意だ。

昨年秋から関東エリアに進出してきたオフショアアオリイカの新釣法“ティップラン”。ルアーアングラーが行うテクニカルでハイレベルな釣りというイメージがあって、なかなか敷居の高い釣り物の感がある。が、やってみるとかなりイージーな釣りだ。
「うちは昔からシャクリのアオリイカも得意としてますから、“ティップラン”はかなりスムーズにできましたよ」とは、宏宣船長。
ポイントで風と潮の流れにそのまま船を流す「ドテラ流し」で、この釣りを行うという。
「潮上に餌木をキャストして、餌木が着底したら、3〜10回ほど、ジャカジャカとシャクリあげて、ストップさせるだけです。餌木が止まったときに乗ります」
いとも簡単な動作に聞こえるが、実際にやってみると本当に簡単。シャクリあげてイカが乗らなければ、再度餌木を沈めて底ダチ取りして、ジャカ巻きをして止めるだけ。2〜3度底ダチを取ったら回収し再びキャスト。この繰り返しだ。
「アタリは、餌木を止めたときに、『ツンツン』と引っ張るようなアタリか、糸フケが出るようなアタリが出ます。それが出たらすかさず、アワセをいれてください。アワセ方はひとつテンヤマダイと同じです」
餌木のサイズは3.5号で、ティップラン専用餌木が断然よいという。底ダチが取れることが大前提なので、重めの餌木もそろえておくとよい。
アオリ乗合は、午前便もあるが、午前マダイ&午後アオリの2便乗船コースもおすす

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読