東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


なんといっても富浦沖の魅力は、大ダイが高確率で釣れることだ。初釣りでドンっと幸先よく大物を釣り上げろ!

食べておいしいサイズがコレ。青物の猛攻をかわせば、マダイヒットの確率が上がる。時合は突然来るので、沖揚がり直前まであきらめずに釣り続けることが大切。

活性の高いマダイを選んで釣るからこのサイズのファイトもなかなかなもの。

イナダは多い。だが、この青物とマダイはセット。青物ばかりヒットするときは、光物などのアピールグッズは外そう。

良型ハナダイがゲスト。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・内房富浦「第三共栄丸」。

関連する投稿


イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

イワシを泳がせてメバルやカサゴも飛び出す五目釣り【内房・富浦沖】

絶景スポットでもある内房・富浦沖で、一風変わったイワシの泳がせ釣りを行なってきた。


重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

重たい仕掛けで激うまマダイを浮かせて掛けろ!!【新潟・上越沖】

待望の上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイシーズンが到来した。魅力は、なんといってもマダイのサイズがよいことと味のよさ。


狙うは大型マダイ! 早春の大原沖は激アツだ!【外房・大原沖】

狙うは大型マダイ! 早春の大原沖は激アツだ!【外房・大原沖】

大原沖のテンヤマダイはイワシの群れの接岸により、イワシを追っているマダイを狙えるシーズンに入っている。


内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

内房イカ五目、大型モンゴウイカがズシッ!【内房・上総湊〜金谷沖】

餌木イカ五目。その名の通り餌木シャクリで狙うイカの五目釣りで、季節によってアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカなどが乗ってくるが、今の時期面白いのが「巨大モンゴウイカ」だ。


内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

内房のアオリイカ、ティップランエギングで攻略だ!【内房・富浦沖】

一昨年ぐらいから関東にも上陸した「ティップランエギング」。それまで関東でメインの釣法となっていた中オモリを介したシャクリ釣りとは違い、アオリイカが餌木を抱いたときのアタリを感じて掛ける釣りだ。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読