MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

秋からの釣れっぷりは、「爆釣」という言葉がピッタリだ。開拓を始めてから丸3年目にしての開花だった

初釣りは飯岡沖でいかがでしょう。

きれいな大型船での釣りだから、ビギナーでも安心。

食べごろサイズのマダイは数釣りОK。

きれいな魚体のマダイがそろう。

沖揚がり間際に掛けた2.2㎏のマダイ。潮が流れていなかったのでベタ底でヒットした。

午後船の夕マヅメはゴールデンタイム。

ポイントの水深は30〜40m。反応が魚探に出たとき、高確率でマダイがヒットする。

3号〜10号まで各種テンヤまたはカブラを用意。使用サイズはベースサイズを基準にして、自分のスキルに合わせて選択する。ボトムが取れることが大前提だ。

テンヤのカラーは好みでОK。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「清勝丸」。

今期ひとつテンヤマダイが最もブレイクしたエリアがここ飯岡沖だ。
秋からの釣れっぷりは、爆釣の言葉がピッタリとあてはまる。開拓を始めてから丸3年目にしての開花だった。
12月にはその荒食いは落ち着いた。しかし、順調な食いは高水温が維持されていることも手伝って継続中である。
ポイントの水深は30〜40m。もともとハナダイ釣りが盛んな飯岡沖、そのハナダイの釣り場でマダイが釣れている。起伏の少ない砂礫帯なので根掛かりはほとんどなし。さらに、揺れの少ないきれいな大型船とあって、子供から大人まで誰もが気軽に楽しめることうけあい。初釣りにおすすめする理由はそこにある。
釣りのコツは、ボトムを中心に探ること。そして、どんな小さなアタリも「ビシっ」とシャープにアワセを入れること。この2点を守れば、家族全員幸せになれること間違いなしだ!!

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル