MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシが回遊してきてヒラメの活性高まる!!【外房・大原沖】

イワシが回遊してきてヒラメの活性高まる!!【外房・大原沖】

「昨日からイワシが回遊してきてね、いよいよ大原のヒラメも本番ですね!」と、やや興奮気味に語る大原港の「春栄丸」船長。大原のヒラメは毎年、10月にショウサイフグと一緒に解禁になる。

寒波がやってきたが、大原沖はいよいよヒラメファンの出番だ

アタリだしたらもう止まらない! 大ビラメがバタバタ上がりだした!

夜明け前の寒気が集中力を高めてくれる。さあ、来い!

「解禁から5度目の釣行でついに大型をゲット!!」。イワシの群れが回遊してきて、ヒラメの活性もアップしてきた。大原沖はこれからますますおもしろくなる!

冬晴れの日、幸い海も穏やかだ。

置き竿釣法でもアタリが頻繁にあった。

海中でうねるような引きで上がってきたのは…。

大船長が舵を握ったこの日、若船長はタモ入れで大忙しだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、外房・大原港「春栄丸」。

外房・大原沖にイワシが回遊してきた。例年なら11月頃からイワシの群れが大原沖にやってくるのだが、今年は少し遅れての到着だ。それに合わせてヒラメの活性も釣果も急上昇してきた。型のよいものも含めて、バタバタと上がりだした今は、まさにヒラメ乱舞! といった感じだ。
大原港の「春栄丸」も連日、午前船がそのヒラメを狙って出船している。いまのところ港から近いポイントが好調で、水深20m前後の浅場での釣り。
イワシの群れがいる極端に浅いポイントは、10m以下のところもある。それだけに仕掛けの上げ下げもラクで釣りやすく、「初めてヒラメ釣りをした人や、女性のお客さん、貸し竿のお客さんが大型のヒラメを釣り上げて喜んでくれています」とは「春栄丸」の白川永一若船長。
しかし、そんな極端に浅いポイントは、海が少しシケると濁って条件が悪くなりやすい。潮がそこそこ澄んでいて、動いてくれてさえいれば、間違いなく大型がくる。
超浅場だからといって、決してナメてはいけない。根掛かりしないようにリールを1~1回半巻いて、信じてアタリを待っていれば、必ず幸せを呼ぶ大判ヒラメと出会えるはずだ。
釣り方は大原スタイルの横流し釣り。右舷、左舷が潮上、潮下に交互に入れかわり、平等な条件で釣りができるように船を流す。
置き竿にして、竿先が突っ込むのを待ってからアワセを入れて巻き上げにかかる人もいるが、数を釣る人はやはり竿を手持ちにして釣っている人だ。いい換えれば、タナ取りをこまめにやっている人。寒いからといって、ポケットに手を突っ込んで穂先が引き込まれるのを待っているようでは、とうてい枚数は伸びない。
本格的な寒波がやってきたが、大原沖はいよいよヒラメファンの出番だ。寒さに負けず、しっかり防寒して釣りに出かけよう!
自己記録更新のチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読