MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲスト多彩、ぜいたく“ヒラメ五目”で幸せスタート【茨城・大洗沖】

ゲスト多彩、ぜいたく“ヒラメ五目”で幸せスタート【茨城・大洗沖】

トップ10枚前後、ときには20枚前後というとんでもない釣果を記録した船もあるほど今期も好調な常盤沖のヒラメ。今回取材した大洗港「藤富丸」も、12月17日にはトップ17枚、2番手13枚という驚異的な釣果をマークした。

「藤富丸」は豪華で多彩なゲストが自慢。大型メバルやソイ、アイナメなど、まさに「ヒラメ五目」の様相だ

当日のポイントは鹿島沖。最大は2.3kgだったが、トップは9枚!

2㎏サイズでも身が厚く甘みがあっておいしい!

小学5年生の太田智啓君は、エサ付けからアワセまですべて自分でやって見事良型をキャッチ。最高にうれしい!

女将の由恵さんが適時エサを配ってくれる。

「藤富丸」は横流しスタイルなので、釣り座に関係なくチャンスは平等だ。

イナダは常連ゲスト。ワラサも来るぞ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・大洗港「藤富丸」。

常盤沖のヒラメが今期も絶好調だ。大洗港 「藤富丸」では、連日トップ10枚前後、12月17日にはなんとトップ18枚と驚くべき釣果を記録した。そのうえ「藤富丸」は豪華で多彩なゲストが自慢。大型メバルやソイ、アイナメなど、まさに「ヒラメ五目」の様相だ。
その秘密は「上バリ」仕掛け。船宿によってはこの上バリを禁止するところもあるが、むしろ「藤富丸」では上バリ仕掛けを推奨している。
「せっかく来てもらったんだから、いろいろいっぱい釣って帰ってもらいたいんだよ」とは小沼洋一船長。上バリに付けるエサのシコイワシまで用意してくれるという親切さである。
また、「藤富丸」の中乗りは女将の由恵さん。つまり「夫婦船」。洋一船長との息もぴったりで、オマツリの対応やエサの用意、仕掛けのセッティングやエサ付けまで面倒を見てくれる。船上の雰囲気はとても明るく、初めて行く人も初心者も安心だ。
「藤富丸」は釣果だけでなく、心まで満足。とても気持ちのいい幸せな一日を約束してくれる。

上バリ仕掛けにして、美味しい魚をいっぱい釣ろう!

エサはちょうどいいサイズのマイワシ。

二組あるこの仕掛けを分解して上バリ仕様に。

「藤富丸」で使う仕掛けは、一般的なヒラメ仕掛けでもちろんOK。だが、
「せっかく来てもらったんだから、いろいろいっぱい釣って帰ってもらいたい」と願う小沼船長なので、ぜひ「上バリ仕掛け」を使いたい。
 というのも、常盤沖はゲストが豊富でおいしい魚ばかりなのだ。30㎝前後という大型も珍しくないクロメバルやオキメバルをはじめ、ビール瓶サイズのアイナメ(取材当日は2本釣った人も!)、ソイ、イナダやワラサなどと、それを狙って専門で船を出してもいいほどの魚が登場するのだ。
 上バリ仕掛けの作り方はカンタン。2組がセットになった仕掛けのうちの1組をイラストの要領で分解して組み直し、その下にもうひと組をつなぎ合わせるだけだ。
 タナ取りは、鹿島沖は根がそれほどきつくなく根掛かりが少ないため「オモリトントンぐらいでいいよ」と小沼船長。
 一方、大竹沖は根がきついため「タナは高めで2mぐらい上にして、時々は必ず底ダチを取るようにしてください」という。また、根がきついということは、それだけいろんな魚が生息しているということ。「上バリ仕掛け」が威力を発揮するわけだ。「藤富丸」では上バリ用のエサも冷凍シコイワシが別で用意されるという親切さなので、ぜひおいしい魚をぜひいっぱい釣っていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読