夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。


サビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。エサが確保できたらポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙う

エサのアジは、このように鈴なりで掛かる。一人20匹以上を目標に!

エサ付けは、鼻掛けがおすすめ。

当日最大は、この4㎏クラス。

船中最初の1本は、この3㎏オーバー。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田「福将丸」。

関連する投稿


ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。


初夢チャレンジ! 泳がせでブリ&マダイを狙え!【相模湾・瀬の海】

初夢チャレンジ! 泳がせでブリ&マダイを狙え!【相模湾・瀬の海】

今年の初釣りは、〝夢〟を追いかけてみるというのはどうだろう? その夢とは「泳がせ釣り」。確かに確率は低いかもしれない。だが、そこには釣り人のロマンがある!! 希望に満ちた新しい年の始まりこそ、夢とロマンに満ちた「泳がせ釣り」でスタートだ!


夜釣り早夜便・深夜便を活用し寒ブリを釣る【新潟県上越・有間川沖】

夜釣り早夜便・深夜便を活用し寒ブリを釣る【新潟県上越・有間川沖】

脂のりのりの極上寒ブリをエサで釣ることができる貴重な釣り場が上越・有間川沖だ。夜釣りで狙う。「今年はブリが釣れれば、すべてブリ。ワラサイナダはまじりません。こんな年はめったにありません」とは、この釣りを得意とする直江津港「第二八坂丸」の竹内敏幸船長の弁。


寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。


ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

東伊豆・初島沖のキャスティングゲームがベストシーズンを迎えている。メインターゲットはベイトを飽食し丸々と太ったブリやワラサで、攻略は主にトリヤマを見つけて始まる“ナブラ撃ち”。それゆえ、この海域でのこのゲームは “ブリトップ”とも呼ばれている。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読