夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。


サビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。エサが確保できたらポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙う

エサのアジは、このように鈴なりで掛かる。一人20匹以上を目標に!

エサ付けは、鼻掛けがおすすめ。

当日最大は、この4㎏クラス。

船中最初の1本は、この3㎏オーバー。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田「福将丸」。

「この冬はヤリイカが始まるのが遅いですね。ヤリイカが始まるまでの間、何かいい釣り物がないかと始めたのが、ブリ&ワラサを狙う夜の泳がせ釣りなんです」と話すのは戸田港「福将丸」の真野康臣船長。
この釣りは、明るいうちにサビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。そしてエサが十分確保できたところでポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙うのだ。
「福将丸」ではエサが釣れなかったときのために、東伊豆エリアで使われている冷凍のイカも用意。冷凍イカでも釣れた実績があるというから、エサが十分に釣れなくても安心だ。
当エリアで、これまでに上がっているサイズは3〜7㎏。数では一人で7本という日もあった。
この釣りは、ヤリイカが本格化するまでの短期限定の釣り物。今シーズン始めたばかりなので、いつまで続くかは予想しがたい。釣れていれば早めに出かけよう。

ブリ&ワラサを狙うタックルと仕掛けについて

ブリ&ワラサポイントの水深は40〜60m。

エサのアジはサビキで狙う。船宿仕掛けは、このスキンサビキ。

引き味は抜群!

狙う水深は40〜60mで、使用オモリは80号。なので、竿はコマセ釣りのワラサ用、遠征五目用、ライト泳がせ用、強めのコマセマダイ用など、さまざまなタイプのタックルが使用可能だ。
リールは中小型電動または手巻きの中型両軸タイプ。コレに道糸としてPEラインの5〜6号を巻いておく。
仕掛けは、胴付きの1本バリ。幹糸、ハリスともに12〜16号。ハリスの長さは1.5〜2m。ハリス(枝ス)を出す親子サルカンと道糸の間に幹糸を介す場合は2mぐらい。幹糸はハリスと同じか太めの号数にする。幹糸を介さず、親子サルカンに直接道糸をつないでもいい。
ハリはヒラマサの15〜16号が真野船長のオススメ。ハリが小さいと、ハリ掛かりが悪くなるので注意しよう。
捨て糸は、ハリスや幹糸よりも細い号数で、長さは50㎝以下。できるかぎり短い方が、エサが泳ぐ位置を推測しやすく、タナ取りがしやすい。その点から、幹糸と同じく捨て糸なしでもいいという。

タナの取り直しとエサチェックはマメに!

この釣りは待ちの釣り。本命のアタリを待つ間は、オマツリしなければ餌木でアオリイカやテンヤで根魚を狙ってもいい。

「福将丸」ではエサを確保したら、ブリ&ワラサポイントに移動して本命を狙う。エサが海底から4〜5m付近を泳ぐようにタナを設定する。
「この釣りは待ちの釣りです」と真野船長が言うように、タナを取ったあとはアタリを待つだけ。かといって、何もせずにじっと待っているだけではダメだ。
ポイントを潮流しで狙うので、水深が変わることもしばしば。なので、マメにタナを取り直すことが大事だ。また、この動作によってエサが動き、本命魚にアピールすることもある。
またブリ&ワラサポイントにはスルメやアオリなどのイカが多く、これらがよくアタる。イカがアタったときはエサが取られたり、カジられてしまうことがほとんど。なので、竿先が怪しい動きをしたあとは、付けエサのチェックをしよう。
とにかくアタリがあったときは早アワセは禁物。じっくりと待ち、食い込んだらしっかりとアワせること。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

風光明媚な西伊豆で夜ムギイカ釣りが盛況だ。西伊豆戸田港の「福将丸」では春から夕方、深夜の2便体制で乗合いを開始し、400杯以上という『らしい』超絶釣果も飛び出している。それでも眞野康豊船長は「イカは先読みが難しいけど今季は特に。いい日もあるけどお土産がやっとなんて日もありますよ」と控えめだ。


初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

駿河湾、沼津から西伊豆エリアの夜ムギイカは今シーズン、例年並みと言える4月上旬に開幕。4月も束釣りを記録しているが、今シーズンの序盤戦はムラがあり、好不調の波が大きかった。


ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。


 ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

ヒラマサ&ワラサ回遊中、鹿島沖の青物ゲーム活況【常磐・鹿島沖】

今年も4月からワラサ主体に釣れ始め、時期を追うにつれてヒラマサの姿が多くなっている。10㎏オーバーの連続キャッチに盛り上がったり、ラインブレイクに地団駄を踏んだり…。まさに盛況という表現がぴったりの状況だ。


GW以降第2陣に期待、自己記録更新大ダイを狙え!【西伊豆・土肥沖】

GW以降第2陣に期待、自己記録更新大ダイを狙え!【西伊豆・土肥沖】

西伊豆のマダイの大場所土肥沖。これまで乗っ込み期には数々の大ダイがキャッチされてきた、コマセマダイ釣り最高峰のフィールドだ。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読