MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。

サビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。エサが確保できたらポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙う

エサのアジは、このように鈴なりで掛かる。一人20匹以上を目標に!

エサ付けは、鼻掛けがおすすめ。

当日最大は、この4㎏クラス。

船中最初の1本は、この3㎏オーバー。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田「福将丸」。

「この冬はヤリイカが始まるのが遅いですね。ヤリイカが始まるまでの間、何かいい釣り物がないかと始めたのが、ブリ&ワラサを狙う夜の泳がせ釣りなんです」と話すのは戸田港「福将丸」の真野康臣船長。
この釣りは、明るいうちにサビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。そしてエサが十分確保できたところでポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙うのだ。
「福将丸」ではエサが釣れなかったときのために、東伊豆エリアで使われている冷凍のイカも用意。冷凍イカでも釣れた実績があるというから、エサが十分に釣れなくても安心だ。
当エリアで、これまでに上がっているサイズは3〜7㎏。数では一人で7本という日もあった。
この釣りは、ヤリイカが本格化するまでの短期限定の釣り物。今シーズン始めたばかりなので、いつまで続くかは予想しがたい。釣れていれば早めに出かけよう。

ブリ&ワラサを狙うタックルと仕掛けについて

ブリ&ワラサポイントの水深は40〜60m。

エサのアジはサビキで狙う。船宿仕掛けは、このスキンサビキ。

引き味は抜群!

狙う水深は40〜60mで、使用オモリは80号。なので、竿はコマセ釣りのワラサ用、遠征五目用、ライト泳がせ用、強めのコマセマダイ用など、さまざまなタイプのタックルが使用可能だ。
リールは中小型電動または手巻きの中型両軸タイプ。コレに道糸としてPEラインの5〜6号を巻いておく。
仕掛けは、胴付きの1本バリ。幹糸、ハリスともに12〜16号。ハリスの長さは1.5〜2m。ハリス(枝ス)を出す親子サルカンと道糸の間に幹糸を介す場合は2mぐらい。幹糸はハリスと同じか太めの号数にする。幹糸を介さず、親子サルカンに直接道糸をつないでもいい。
ハリはヒラマサの15〜16号が真野船長のオススメ。ハリが小さいと、ハリ掛かりが悪くなるので注意しよう。
捨て糸は、ハリスや幹糸よりも細い号数で、長さは50㎝以下。できるかぎり短い方が、エサが泳ぐ位置を推測しやすく、タナ取りがしやすい。その点から、幹糸と同じく捨て糸なしでもいいという。

タナの取り直しとエサチェックはマメに!

この釣りは待ちの釣り。本命のアタリを待つ間は、オマツリしなければ餌木でアオリイカやテンヤで根魚を狙ってもいい。

「福将丸」ではエサを確保したら、ブリ&ワラサポイントに移動して本命を狙う。エサが海底から4〜5m付近を泳ぐようにタナを設定する。
「この釣りは待ちの釣りです」と真野船長が言うように、タナを取ったあとはアタリを待つだけ。かといって、何もせずにじっと待っているだけではダメだ。
ポイントを潮流しで狙うので、水深が変わることもしばしば。なので、マメにタナを取り直すことが大事だ。また、この動作によってエサが動き、本命魚にアピールすることもある。
またブリ&ワラサポイントにはスルメやアオリなどのイカが多く、これらがよくアタる。イカがアタったときはエサが取られたり、カジられてしまうことがほとんど。なので、竿先が怪しい動きをしたあとは、付けエサのチェックをしよう。
とにかくアタリがあったときは早アワセは禁物。じっくりと待ち、食い込んだらしっかりとアワせること。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読