沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。


サビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。エサが確保できたらポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙う

エサのアジは、このように鈴なりで掛かる。一人20匹以上を目標に!

エサ付けは、鼻掛けがおすすめ。

当日最大は、この4㎏クラス。

船中最初の1本は、この3㎏オーバー。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田「福将丸」。

「この冬はヤリイカが始まるのが遅いですね。ヤリイカが始まるまでの間、何かいい釣り物がないかと始めたのが、ブリ&ワラサを狙う夜の泳がせ釣りなんです」と話すのは戸田港「福将丸」の真野康臣船長。
この釣りは、明るいうちにサビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。そしてエサが十分確保できたところでポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙うのだ。
「福将丸」ではエサが釣れなかったときのために、東伊豆エリアで使われている冷凍のイカも用意。冷凍イカでも釣れた実績があるというから、エサが十分に釣れなくても安心だ。
当エリアで、これまでに上がっているサイズは3〜7㎏。数では一人で7本という日もあった。
この釣りは、ヤリイカが本格化するまでの短期限定の釣り物。今シーズン始めたばかりなので、いつまで続くかは予想しがたい。釣れていれば早めに出かけよう。

ブリ&ワラサを狙うタックルと仕掛けについて

ブリ&ワラサポイントの水深は40〜60m。

エサのアジはサビキで狙う。船宿仕掛けは、このスキンサビキ。

引き味は抜群!

狙う水深は40〜60mで、使用オモリは80号。なので、竿はコマセ釣りのワラサ用、遠征五目用、ライト泳がせ用、強めのコマセマダイ用など、さまざまなタイプのタックルが使用可能だ。
リールは中小型電動または手巻きの中型両軸タイプ。コレに道糸としてPEラインの5〜6号を巻いておく。
仕掛けは、胴付きの1本バリ。幹糸、ハリスともに12〜16号。ハリスの長さは1.5〜2m。ハリス(枝ス)を出す親子サルカンと道糸の間に幹糸を介す場合は2mぐらい。幹糸はハリスと同じか太めの号数にする。幹糸を介さず、親子サルカンに直接道糸をつないでもいい。
ハリはヒラマサの15〜16号が真野船長のオススメ。ハリが小さいと、ハリ掛かりが悪くなるので注意しよう。
捨て糸は、ハリスや幹糸よりも細い号数で、長さは50㎝以下。できるかぎり短い方が、エサが泳ぐ位置を推測しやすく、タナ取りがしやすい。その点から、幹糸と同じく捨て糸なしでもいいという。

タナの取り直しとエサチェックはマメに!

この釣りは待ちの釣り。本命のアタリを待つ間は、オマツリしなければ餌木でアオリイカやテンヤで根魚を狙ってもいい。

「福将丸」ではエサを確保したら、ブリ&ワラサポイントに移動して本命を狙う。エサが海底から4〜5m付近を泳ぐようにタナを設定する。
「この釣りは待ちの釣りです」と真野船長が言うように、タナを取ったあとはアタリを待つだけ。かといって、何もせずにじっと待っているだけではダメだ。
ポイントを潮流しで狙うので、水深が変わることもしばしば。なので、マメにタナを取り直すことが大事だ。また、この動作によってエサが動き、本命魚にアピールすることもある。
またブリ&ワラサポイントにはスルメやアオリなどのイカが多く、これらがよくアタる。イカがアタったときはエサが取られたり、カジられてしまうことがほとんど。なので、竿先が怪しい動きをしたあとは、付けエサのチェックをしよう。
とにかくアタリがあったときは早アワセは禁物。じっくりと待ち、食い込んだらしっかりとアワせること。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

東伊豆エリアのワラサ釣りもシーズンに入った。「9月後半から初島で食いだしましたね。数は多くなかったけど、毎日確実にアタリがありました。それから川奈沖でも食いだして、数釣れましたが少しムラがありますね。本番はこれからだと思いますよ」と、網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読