夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。


サビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。エサが確保できたらポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙う

エサのアジは、このように鈴なりで掛かる。一人20匹以上を目標に!

エサ付けは、鼻掛けがおすすめ。

当日最大は、この4㎏クラス。

船中最初の1本は、この3㎏オーバー。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田「福将丸」。

「この冬はヤリイカが始まるのが遅いですね。ヤリイカが始まるまでの間、何かいい釣り物がないかと始めたのが、ブリ&ワラサを狙う夜の泳がせ釣りなんです」と話すのは戸田港「福将丸」の真野康臣船長。
この釣りは、明るいうちにサビキ仕掛けでエサとなるマアジ、ムロアジ、サバを釣る。そしてエサが十分確保できたところでポイントを変え、本命のブリ&ワラサを狙うのだ。
「福将丸」ではエサが釣れなかったときのために、東伊豆エリアで使われている冷凍のイカも用意。冷凍イカでも釣れた実績があるというから、エサが十分に釣れなくても安心だ。
当エリアで、これまでに上がっているサイズは3〜7㎏。数では一人で7本という日もあった。
この釣りは、ヤリイカが本格化するまでの短期限定の釣り物。今シーズン始めたばかりなので、いつまで続くかは予想しがたい。釣れていれば早めに出かけよう。

ブリ&ワラサを狙うタックルと仕掛けについて

ブリ&ワラサポイントの水深は40〜60m。

エサのアジはサビキで狙う。船宿仕掛けは、このスキンサビキ。

関連する投稿


好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。


日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海ブリジギング、シーズン開幕!!【上越沖】

日本海のブリジギングシーズンがいよいよ開幕した。上越沖は11月末より待望のブリが回遊。12㎏という大型もキャッチされている。


晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

7月中旬から2月中旬までの期間限定となる粟島沖の夜のマダイ・ワラサ釣り。今期はサメが非常に多かったため水温が低下した10月に入り今期初出船となった。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

今秋、サメ被害に悩ませられた上越のマダイ釣り。特に秋マダイのメッカとなる有間川沖から名立沖のエリアで被害が甚大であったが、10月に入ってからは水温低下でサメの被害も減っている。うれしいゲストであるヒラマサも回遊し上越地域のコマセ釣りはヒートアップ中だ。


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング