MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

海底から海面まで暴れまくる引きのよさと鍋ネタに最適な味のよさをあわせ持ち、さらには真っ赤なルックスがいかにもオメデタイ! オニカサゴは初釣りにおすすめのターゲットだ。今年のお正月はおいしいオニ鍋を囲んで幸せにすごそう!

perm_media 《画像ギャラリー》鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】の画像をチェック! navigate_next

オニカサゴは、自分で釣るでもしないと、なかなか口に出来ない高級魚。見た目もおめでたく真っ赤っか! 鍋ネタにしても最高

100m以上の深さから海面まで、激しく暴れて引きを楽しませてくれるうえ、食べてもおいしい冬の人気ターゲット。オニカサゴで「初釣り」&「鍋」もいいね。

引きが強いだけじゃなく、大口を開けて水の抵抗を受けるので、釣り味バツグン。

12月中はアマダイと根魚のリレーで出船していた「まなぶ丸」。それでもオニカサゴはトップ5匹前後釣れた日も。今後は専門で狙うのでさらに数が期待できる。

江の島沖中心に広く相模湾を探る。水深は100〜150m前後。

どんな料理でもおいしいオニカサゴだが、今はやっぱり鍋がおすすめ。刺身状にそぎ切ってしゃぶしゃぶにしてもいいし、ブツ切りにして鍋ネタにするのもいい。

誘いをかけたとたんに食いついてくることもある。誘って食わすのは楽しい!

仕掛けはシンプルイズベスト。だが、タコベイトやフラッシャーなどデコレーションしてもいい。

エサはサバが配られるが、サーモンの皮やヒイカなど各種持参するひとも多い。

相模湾の初釣りターゲットでおすすめしたいのがオニカサゴ。海底から海面まで暴れまくる引きのよさで楽しませてくれるのはもちろんだが、家に帰ってからの『食べるヨロコビ』が大きいというのも、お正月の釣りには欠かせない要素だ。
その点オニカサゴは、自分で釣るでもしないとなかなか口にできない高級魚。見た目もおめでたく真っ赤っか! 鍋ネタにしても最高で、お正月に家族そろって鬼鍋っていうのも豪華でいい! おいしいオニカサゴで初釣り&初鍋だ!

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル