鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

海底から海面まで暴れまくる引きのよさと鍋ネタに最適な味のよさをあわせ持ち、さらには真っ赤なルックスがいかにもオメデタイ! オニカサゴは初釣りにおすすめのターゲットだ。今年のお正月はおいしいオニ鍋を囲んで幸せにすごそう!


オニカサゴは、自分で釣るでもしないと、なかなか口に出来ない高級魚。見た目もおめでたく真っ赤っか! 鍋ネタにしても最高

100m以上の深さから海面まで、激しく暴れて引きを楽しませてくれるうえ、食べてもおいしい冬の人気ターゲット。オニカサゴで「初釣り」&「鍋」もいいね。

引きが強いだけじゃなく、大口を開けて水の抵抗を受けるので、釣り味バツグン。

12月中はアマダイと根魚のリレーで出船していた「まなぶ丸」。それでもオニカサゴはトップ5匹前後釣れた日も。今後は専門で狙うのでさらに数が期待できる。

江の島沖中心に広く相模湾を探る。水深は100〜150m前後。

どんな料理でもおいしいオニカサゴだが、今はやっぱり鍋がおすすめ。刺身状にそぎ切ってしゃぶしゃぶにしてもいいし、ブツ切りにして鍋ネタにするのもいい。

誘いをかけたとたんに食いついてくることもある。誘って食わすのは楽しい!

仕掛けはシンプルイズベスト。だが、タコベイトやフラッシャーなどデコレーションしてもいい。

エサはサバが配られるが、サーモンの皮やヒイカなど各種持参するひとも多い。

関連する投稿


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

本格的な深場釣りの入門に最適! 未経験でも十分に激ウマキンメが狙える! 模湾のキンメダイ釣りは、ハードルが殊の外低いのだ!


相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。


相模湾のアマダイ、良型連発でトップ2ケタも!【相模湾】

相模湾のアマダイ、良型連発でトップ2ケタも!【相模湾】

冬は美味しい釣魚が増える季節だが、その代表魚とも言えるのがアマダイだ。淡泊ながら上品な甘味と旨味がたっぷりのアマダイは、料亭などで好んで使われる高級食材。50㎝級の大型となると、浜値で1匹1万円! なんてこともある高級魚だ。


安定感抜群で手堅く狙える冬場のスター・オニカサゴ【南房・白浜沖】

安定感抜群で手堅く狙える冬場のスター・オニカサゴ【南房・白浜沖】

オニカサゴは通常、サバの切り身、カツオの腹身などがエサとして用意されているが、釣りたてのサバエサには敵わない。白く光り輝く腹の部分がオニカサゴにアピールするのだ。まずは新鮮なサバを釣ることだ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング