納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。


7月末、ようやく始まった夜スルメイカ。どの釣り方を選ぶかは貴方次第です

ナマリスッテの乗ったムギイカ。この赤帽子のスッテは定番だ。

ブランコ仕掛けは、乗りダナを集中的に探ろう。

ルメも確実に乗せる直結仕掛けの釣り。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

夜スルメイカ釣り。開幕を待ち焦がれた釣り人も多いが、7月27日(金)の夜、ようやくイカの群れがまとまり釣れだした。
「今年の夜スルメイカはどうなっちゃっているのか、よくわからないよ。7月末になってようやく乗りだしたよ」とは、鹿島港「第三幸栄丸」の小野和儀船長。茨城海域ではどこよりも先にイカ探索を始めるいわば、「幸栄丸」はフラッグシップ船だ。小野船長の釣果次第で他船が出船するか否かが決まるといっても過言ではない。
「夜のスルメだけは、よく分からないんだよね。基本的には、船の灯りに集まった魚を捕食しに集まるスルメイカがターゲット。鹿島沖はサバが多いからね。サバと付き合いながらのイカ釣りになりますよ」と、今期最初のイカ釣りの状況を話す小野船長。
ポイントは鹿島沖水深150m、パラシュートアンカーをうっての流し釣りだ。
周辺がすっかりと暗くなり、船の灯りが水面を煌々と照らすようになってから、イカは乗り出すという。

釣り方は直結仕掛け有利、ブランコ仕掛けもオッケー

ブランコ仕掛けはプラヅノ11〜14㎝。

ベテランは、やはり手釣りだ。

数を釣りたいならこの直結仕掛けの手釣りをマスターしよう。

関連する投稿


鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

爆発的な釣れっぷりという言葉がぴったりなのが今年の鹿島沖のヒラメだ。11月1日、鹿島沖の一部エリアが解禁し、それ以来どこの船宿もトップ15枚前後の釣果を出している。ボウズはなし、貸竿の初心者が5、6枚釣ることも珍しくないという。


爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

鹿島沖は茨城県内でもとくにヒラメが集まる条件が整っているという。平坦な海底にツブ根、砂礫帯、ジャリ場、泥場などヒラメが生息しやすい環境が広範囲にわたってあるのだ。ポイントに入るとヒラメが何層にもなって重なってじゅうたんのようになっているというのだ!


大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

大型シーズン突入! 狙いは大ダイ! 鹿島沖のテンヤゲーム【鹿島沖】

鹿島沖のテンヤゲームは秋の好シーズンに入っている。例年、中小型の数釣りを楽しみながら、時折デカイのがドカーンとくるのがこのシーズンの特徴だ。


怒涛の連釣!  カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

怒涛の連釣! カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

序盤戦は「全く持っていない」状態だったのだが…「また食ったんですか!?」20分刻みで訪れる本命のアプローチ。「さっきから独り占めじゃないですか」と言われ(心中ニンマリも)苦笑。


期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

11月に鹿島沖が部分解禁し、昨年同様爆釣となってる茨城南部エリア。連日トップ10枚以上を記録し、20枚前後という日も珍しくない。いま最も熱いエリアだ。サイズは1㎏前後が中心だが、4~5㎏の大型もコンスタントに釣れている。12月に全面解禁となり、さらに盛り上がるのは必至!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング