MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。

7月末、ようやく始まった夜スルメイカ。どの釣り方を選ぶかは貴方次第です

ナマリスッテの乗ったムギイカ。この赤帽子のスッテは定番だ。

ブランコ仕掛けは、乗りダナを集中的に探ろう。

ルメも確実に乗せる直結仕掛けの釣り。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

夜スルメイカ釣り。開幕を待ち焦がれた釣り人も多いが、7月27日(金)の夜、ようやくイカの群れがまとまり釣れだした。
「今年の夜スルメイカはどうなっちゃっているのか、よくわからないよ。7月末になってようやく乗りだしたよ」とは、鹿島港「第三幸栄丸」の小野和儀船長。茨城海域ではどこよりも先にイカ探索を始めるいわば、「幸栄丸」はフラッグシップ船だ。小野船長の釣果次第で他船が出船するか否かが決まるといっても過言ではない。
「夜のスルメだけは、よく分からないんだよね。基本的には、船の灯りに集まった魚を捕食しに集まるスルメイカがターゲット。鹿島沖はサバが多いからね。サバと付き合いながらのイカ釣りになりますよ」と、今期最初のイカ釣りの状況を話す小野船長。
ポイントは鹿島沖水深150m、パラシュートアンカーをうっての流し釣りだ。
周辺がすっかりと暗くなり、船の灯りが水面を煌々と照らすようになってから、イカは乗り出すという。

釣り方は直結仕掛け有利、ブランコ仕掛けもオッケー

ブランコ仕掛けはプラヅノ11〜14㎝。

ベテランは、やはり手釣りだ。

数を釣りたいならこの直結仕掛けの手釣りをマスターしよう。

「サバが多いときは、サバに捕まらない釣り方が有利になります。今期はサバの反応についたスルメを狙ってますから、サバはいると思ってください。だから、直結仕掛けがオススメですよ」
乗りがよくないときの定番として、ブランコ仕掛けが認知されているが、今期は乗りが悪くても、サバに捕まらず広範囲(広いレンジ)を効率よく探ることができる直結仕掛け使用の釣りが有利なようだ。当日も50杯以上100杯に迫る釣果をタタキだしていたのは、直結仕掛けの手釣りをしていた常連さん。
ポイントの水深は150m前後だが、狙うレンジは水深50mより上だ。
「多点掛けが少なく1点掛けが多いときは、イカが特定のタナに群れていない証拠。そんなときこそ、タナを探らなくてはいけません。やっぱり直結仕掛けなんだよね」と小野船長。
釣り方のコツは、水深50m以上道糸を出さないこと。常に水面まで50mの間を探り続けることが大事だという。
「ビギナーの方は、ブランコ仕掛けが扱いやすいかな。サバは覚悟して、周りの人の乗ったタナを集中的に探るのがこの仕掛けの釣りのコツですかね。タナさえ分かれば、逆に効率がいいこともありますよ」と決してブランコ仕掛けが釣れないわけではない。

鹿島沖でひとつスッテ初チャレンジ。その効果のほどは!?

ひとつスッテは乗れば、手返しが早い。ビギナーも簡単にトライできる。

活性が高いと海面でもヒットするこの釣法。表層攻略にはもってこいだ。

茨城海域で夜スルメイカ狙いで初めてひとつスッテ釣法を試した。
タナがなかなか定まらない状況では、スッテの数が少ないこの釣法ではなかなかスルメイカはヒットしないことが分かっている。
その対策として、タダ巻き釣法が有効だ。
その理由は直結が有利であるのと同じ、広いレンジを探りあてられるから。逆に、乗りダナが特定できれば、この釣法はかなり威力を発揮する。
実際、当日は前半戦こそ、単発乗りであったが、後半になってイカが灯り効果で浮いてくると、水深20m以浅で集中的に乗り出した。
しかも、ジギングで行うワンピッチジャークに反応がよかった。
考え方としては、夜スルメの場合、ロングフォールで乗せるか、巻き上げの動きで乗せるか、この二つを組み合わせて釣っていけば、釣果が伸びることが分かった。
巻き上げで乗せる場合、スピードがキモ。速すぎても遅すぎてもダメ。直結仕掛けで乗せている人の巻き上げスピードに合わせるのも一手。
試行錯誤しながら、イカを釣っていくこの新釣法をあなたも一度トライしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読