納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。


7月末、ようやく始まった夜スルメイカ。どの釣り方を選ぶかは貴方次第です

ナマリスッテの乗ったムギイカ。この赤帽子のスッテは定番だ。

ブランコ仕掛けは、乗りダナを集中的に探ろう。

ルメも確実に乗せる直結仕掛けの釣り。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

夜スルメイカ釣り。開幕を待ち焦がれた釣り人も多いが、7月27日(金)の夜、ようやくイカの群れがまとまり釣れだした。
「今年の夜スルメイカはどうなっちゃっているのか、よくわからないよ。7月末になってようやく乗りだしたよ」とは、鹿島港「第三幸栄丸」の小野和儀船長。茨城海域ではどこよりも先にイカ探索を始めるいわば、「幸栄丸」はフラッグシップ船だ。小野船長の釣果次第で他船が出船するか否かが決まるといっても過言ではない。
「夜のスルメだけは、よく分からないんだよね。基本的には、船の灯りに集まった魚を捕食しに集まるスルメイカがターゲット。鹿島沖はサバが多いからね。サバと付き合いながらのイカ釣りになりますよ」と、今期最初のイカ釣りの状況を話す小野船長。
ポイントは鹿島沖水深150m、パラシュートアンカーをうっての流し釣りだ。
周辺がすっかりと暗くなり、船の灯りが水面を煌々と照らすようになってから、イカは乗り出すという。

関連する投稿


鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

茨城県のヒラメ釣りは12月に全面解禁を迎えたが、各地で好調な釣れっぷりを見せている。鹿島沖もまたアツい釣りが展開されている。


イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

大型が期待できる鹿島沖のヒラメが全面解禁し、少しずつそのムードが高まってきている。


大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


年末年始は期待大! 大ダイは突然ヒットする!【茨城・鹿島沖】

年末年始は期待大! 大ダイは突然ヒットする!【茨城・鹿島沖】

年末年始に狙うターゲットの代表格がマダイ。そのマダイをひとつテンヤやタイラバで狙うなら、茨城エリアがオススメ。この時期の茨城エリアは、まだまだベストシーズン。この冬も好釣果が記録されている。


鹿島沖のヒラメが絶好調! 今期は数、型ともに良しっ!!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメが絶好調! 今期は数、型ともに良しっ!!【鹿島沖】

さが厳しくなってきたが、今シーズンも常磐エリアのヒラメが熱い。12月からヒラメの全面解禁を迎えた鹿島沖は活況に沸いている。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018