MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。

7月末、ようやく始まった夜スルメイカ。どの釣り方を選ぶかは貴方次第です

ナマリスッテの乗ったムギイカ。この赤帽子のスッテは定番だ。

ブランコ仕掛けは、乗りダナを集中的に探ろう。

ルメも確実に乗せる直結仕掛けの釣り。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

夜スルメイカ釣り。開幕を待ち焦がれた釣り人も多いが、7月27日(金)の夜、ようやくイカの群れがまとまり釣れだした。
「今年の夜スルメイカはどうなっちゃっているのか、よくわからないよ。7月末になってようやく乗りだしたよ」とは、鹿島港「第三幸栄丸」の小野和儀船長。茨城海域ではどこよりも先にイカ探索を始めるいわば、「幸栄丸」はフラッグシップ船だ。小野船長の釣果次第で他船が出船するか否かが決まるといっても過言ではない。
「夜のスルメだけは、よく分からないんだよね。基本的には、船の灯りに集まった魚を捕食しに集まるスルメイカがターゲット。鹿島沖はサバが多いからね。サバと付き合いながらのイカ釣りになりますよ」と、今期最初のイカ釣りの状況を話す小野船長。
ポイントは鹿島沖水深150m、パラシュートアンカーをうっての流し釣りだ。
周辺がすっかりと暗くなり、船の灯りが水面を煌々と照らすようになってから、イカは乗り出すという。

釣り方は直結仕掛け有利、ブランコ仕掛けもオッケー

ブランコ仕掛けはプラヅノ11〜14㎝。

ベテランは、やはり手釣りだ。

数を釣りたいならこの直結仕掛けの手釣りをマスターしよう。

「サバが多いときは、サバに捕まらない釣り方が有利になります。今期はサバの反応についたスルメを狙ってますから、サバはいると思ってください。だから、直結仕掛けがオススメですよ」
乗りがよくないときの定番として、ブランコ仕掛けが認知されているが、今期は乗りが悪くても、サバに捕まらず広範囲(広いレンジ)を効率よく探ることができる直結仕掛け使用の釣りが有利なようだ。当日も50杯以上100杯に迫る釣果をタタキだしていたのは、直結仕掛けの手釣りをしていた常連さん。
ポイントの水深は150m前後だが、狙うレンジは水深50mより上だ。
「多点掛けが少なく1点掛けが多いときは、イカが特定のタナに群れていない証拠。そんなときこそ、タナを探らなくてはいけません。やっぱり直結仕掛けなんだよね」と小野船長。
釣り方のコツは、水深50m以上道糸を出さないこと。常に水面まで50mの間を探り続けることが大事だという。
「ビギナーの方は、ブランコ仕掛けが扱いやすいかな。サバは覚悟して、周りの人の乗ったタナを集中的に探るのがこの仕掛けの釣りのコツですかね。タナさえ分かれば、逆に効率がいいこともありますよ」と決してブランコ仕掛けが釣れないわけではない。

鹿島沖でひとつスッテ初チャレンジ。その効果のほどは!?

ひとつスッテは乗れば、手返しが早い。ビギナーも簡単にトライできる。

活性が高いと海面でもヒットするこの釣法。表層攻略にはもってこいだ。

茨城海域で夜スルメイカ狙いで初めてひとつスッテ釣法を試した。
タナがなかなか定まらない状況では、スッテの数が少ないこの釣法ではなかなかスルメイカはヒットしないことが分かっている。
その対策として、タダ巻き釣法が有効だ。
その理由は直結が有利であるのと同じ、広いレンジを探りあてられるから。逆に、乗りダナが特定できれば、この釣法はかなり威力を発揮する。
実際、当日は前半戦こそ、単発乗りであったが、後半になってイカが灯り効果で浮いてくると、水深20m以浅で集中的に乗り出した。
しかも、ジギングで行うワンピッチジャークに反応がよかった。
考え方としては、夜スルメの場合、ロングフォールで乗せるか、巻き上げの動きで乗せるか、この二つを組み合わせて釣っていけば、釣果が伸びることが分かった。
巻き上げで乗せる場合、スピードがキモ。速すぎても遅すぎてもダメ。直結仕掛けで乗せている人の巻き上げスピードに合わせるのも一手。
試行錯誤しながら、イカを釣っていくこの新釣法をあなたも一度トライしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読