狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


仕掛けの工夫や誘い方で釣果は大きく異なる。やっぱりアレコレ工夫をする釣人たちが釣っている

朝焼けに染まる名峰富士山。東伊豆は風光明媚だ。

貴重な大型アカムツはタモ入れをしよう。水面バラシも多いので。

40㎝近い良型だが、丸々と太って身厚のアカムツだ。脂はたっぷりとのっている。

1匹釣れれば御の字のアカムツ。ここではこの大きさは小さいほうだが、うれしい1匹だ。

50㎝級も珍しくないこのポイント。目指せ超大物!!

とにかく行ってみなくちゃ分からない。釣果情報を気にせず、果敢にチャレンジしよう。

食い渋りでもこの釣果。お土産は十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「たか丸」。

寒くなってきた師走。この時期は、とくにおいしい魚が食べたくなる。そんな師走に釣って食べたい魚の代表がアカムツだ。ここ東伊豆・伊東沖ではほぼ周年、激うまの大型アカムツを手軽に釣ることが可能だ。
「伊東沖の水深200〜300mにはアカムツポイントがたくさんあります。20年以上前には遊漁船では誰も狙っていなかったのでよく釣れたんだけどね」とは、東伊豆のアカムツ釣りといったらこの人、伊東港「たか丸」の大ベテランの高瀬健太郎船長が話す。
釣り方、タックルは、近年流行の茨城方面のやり方でオーケー。高瀬船長いわく、最近はさまざまなタックルを持ち込む釣り人が多いので、オマツリさえしなければ、釣り方はとくに指定はないという。
「潮の流れは毎日異なるので、釣果は潮次第ですが、仕掛けの工夫や誘い方で釣果は大きく異なります。やっぱりアレコレ工夫をする人たちが釣ってますよ」と船長が話すように、やはりここでも誘いが大事だ。
使用オモリは200号。胴付き仕掛けでハリ数は2〜3本といたってシンプル。エサはサバなどの魚の切り身とホタルイカの抱き合わせが定番。
深海ザメがゲストに掛かることがよくあるので、仕掛けを多めに持参することをオススメする。

関連する投稿


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

これからの季節、無性に釣りたくて食べたくなる魚の筆頭といえばキンメダイだろう。深場の釣りでちょっぴりマニアックな感があるけれど、実は釣り方もさまざまで気軽にエントリーできる釣りもあるのだ。


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

みんな大好きな高級魚アカムツ。この高嶺(高値?)の花とも言うべきターゲットが、超身近な港前のポイントで釣れてしまうのだ。高嶺の花にビビる必要なし。気軽にレッツチャレンジであります。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング