狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


仕掛けの工夫や誘い方で釣果は大きく異なる。やっぱりアレコレ工夫をする釣人たちが釣っている

朝焼けに染まる名峰富士山。東伊豆は風光明媚だ。

貴重な大型アカムツはタモ入れをしよう。水面バラシも多いので。

40㎝近い良型だが、丸々と太って身厚のアカムツだ。脂はたっぷりとのっている。

1匹釣れれば御の字のアカムツ。ここではこの大きさは小さいほうだが、うれしい1匹だ。

50㎝級も珍しくないこのポイント。目指せ超大物!!

とにかく行ってみなくちゃ分からない。釣果情報を気にせず、果敢にチャレンジしよう。

食い渋りでもこの釣果。お土産は十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「たか丸」。

寒くなってきた師走。この時期は、とくにおいしい魚が食べたくなる。そんな師走に釣って食べたい魚の代表がアカムツだ。ここ東伊豆・伊東沖ではほぼ周年、激うまの大型アカムツを手軽に釣ることが可能だ。
「伊東沖の水深200〜300mにはアカムツポイントがたくさんあります。20年以上前には遊漁船では誰も狙っていなかったのでよく釣れたんだけどね」とは、東伊豆のアカムツ釣りといったらこの人、伊東港「たか丸」の大ベテランの高瀬健太郎船長が話す。
釣り方、タックルは、近年流行の茨城方面のやり方でオーケー。高瀬船長いわく、最近はさまざまなタックルを持ち込む釣り人が多いので、オマツリさえしなければ、釣り方はとくに指定はないという。
「潮の流れは毎日異なるので、釣果は潮次第ですが、仕掛けの工夫や誘い方で釣果は大きく異なります。やっぱりアレコレ工夫をする人たちが釣ってますよ」と船長が話すように、やはりここでも誘いが大事だ。
使用オモリは200号。胴付き仕掛けでハリ数は2〜3本といたってシンプル。エサはサバなどの魚の切り身とホタルイカの抱き合わせが定番。
深海ザメがゲストに掛かることがよくあるので、仕掛けを多めに持参することをオススメする。

船長がススメる仕掛けは捨て糸なし。最先端の深場アカムツタックルはかなりライト

普段使い慣れたタックルでこの釣り場もオーケー。道糸は400m以上で。

当日の水深は240m前後。

アシストフック製作用のニードルを使うと必須アイテムのハリス装着に便利。

まずは、大ベテランの高瀬船長が奨めるアカムツ仕掛けを紹介する。
胴付き2〜3本バリ仕掛けだが、特徴的なのは、オモリの捨て糸を付けないこと。
道糸の先にヨリトリリング。幹糸は16号。枝間は1.2〜2m。これはハリスの長さで変える。ハリスが70㎝なら枝間は1.2m、ハリスが1mなら枝間は2m。ハリスの太さは8〜10号。ハリはムツの18号が基本。
しかし、近年、アカムツ人気が高まるにつれさまざまな釣り人たちが「たか丸」に来るようになった。アカムツを水深130m前後でしか釣ったことがない人、南房や駿河湾、遠州灘の深場で釣っている人、さらには、ルアーアングラーも。それぞれの人たちには経験があり、釣り方も異なれば誘い方にもこだわりがあるようで、高瀬船長はオマツリが頻発しないならオモリは200号統一でどんなタックルを使ってもよい、ということにしているという。結果はどうかとういと、釣り人たちはさまざまな工夫を凝らし、本命アカムツを釣っていくという。
この状況に高瀬船長も共感。船長自身も日々仕掛けに工夫を凝らしてアカムツを狙っているというのだ。
「この釣りで大事なことはタナかな。エサが底から1m前後上をフワフワと漂うイメージで臨むといいね。あとは、サメとの戦い。でも、不思議をアカムツが釣れるときって、サメも釣れないんだよね。アカムツのほうが活発になるみたいですよ」
魚が確実にいるところに案内してくれる高瀬船長。最終的には釣る釣れないは釣り人のテクニックと運というべきか。
さて、さまざまな釣り方がここではできるということで、最先端の深場アカムツタックルを紹介しよう。
まず、竿は2m前後。7対3調子でオモリ200〜250号を背負える軽量の中深場ロッド。
リールは、シマノ社なら3000番、ダイワ社なら500番。これにPE4号を可能なかぎり収納させる。少なくとも400mは必要だ。PE3号でも強度的には何も問題はないが、乗合船では、オマツリなどのトラブルが頻発するので、キズによる高切れは避けられない。それを覚悟での使用となる。
仕掛けは船長オススメでオーケーだが、ハリス長は、50〜60㎝で十分。太さは6〜8号。ハリはムツの17〜18号を基本としよう。
幹糸はハリスよりワンラン上のもの、つまり、ハリス8号なら10号でよい。枝間は1.2号前後。
ステ糸は1m前後でよい。
これで手持ち竿で簡単に操作が可能になる。つまり、置き竿にしっぱなしではなく、頻繁に誘いを入れることが容易になる。
ハリスのチモトには、好みのアピールアイテムを付けよう。
流行はマシュマロボールだが、シモリ玉やフロートパイプでもよいし、定番のソフトビーズでもよい。
ただし、“光るものはサメを寄せる”ということを覚えておこう。とにかく、東伊豆沖はサメが多いのだ。

アカムツの釣り方はこうだっ!

エサはサバの切り身とホタルイカゲソがヤハリ定番。

気になるエサだが、やはりここでもアカムツの基本エサ付けであるサバの切り身とホタルイカの抱き合わせが無難。
以前、エサはサバの切り身だけで十分だよ、と話ていた高瀬船長もホタルイカも使うし、あらゆるアピールアイテムを活用している。
深海で大型アカムツ狙いなので付けエサはアピール重視で大きめでよいのでは、という考えもあるが、これも好みだろう。大きい身エサは、やはりサメにもアピールするからだ。ただ、エサは小さめがいい、ということではない。
なにがよいかは結論は出ないのでいろいろと試してみることが大切だ。
ここ東伊豆沖のアカムツ釣りは置き竿釣法が昔から行われている。つまり、静かにアタリを待つのが基本だ。
したがって、誘い動作は静かに行う。理由は産卵期に集結している個体を狙っているのではなく、エサ場に集まってくるアカムツをピンポイントで狙っているからだ。
誘いは、確実に付けエサを動かすことをイメージする。ハリスの長さが50㎝なら最低でも1mは誘いあげて、その後、ゆっくりと竿を下げてやる。こうすることで、エサのナチュラルフォールを演出できる。ぜひ、試してみよう。
ポイントの水深は200〜300mの深場のため、道糸はかなりの抵抗を受けている。そのため、ガツガツと引く遊泳力のあるアカムツでも竿先に出るアタリはほんのわずかのことある。
だから、アタリがあったら必ず聞き上げ、重みを感じたら電動リールのスイッチをオンにしよう。波や風があるときは、かならず手持ち竿で回収。中速度以下での巻き上げが基本だ。
一般的には、残り水深100mを切ったあたりから何回かガクガクガクと竿先を揺さぶる引きをみせるのがアカムツだが、あまり引かない個体もいる。水面まで本命かどうかわからないので、油断しないようにしたい。
とくに、サメと大型アカムツの引きは似ているといわれる。サメと決め付けての速巻き上げには気をつけたい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

春から夏にかけて東伊豆エリアで盛んになるのが、東伊豆南エリアへの遠征釣りだ。航程2時間ほどのポイントは、魚影が濃く、大型イサキ中心にシマアジやマダイ、イシダイ、ときにはヒラマサもまじる高級五目釣りが楽しめる。


6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

6.5㎏も浮上! 究極の深海メニュー・ベニアコウ【東伊豆・富戸沖】

「食った!」エキストラと一線を画すシャープなアタリに思わずポンッ! と掌を打つ。着底後ほどなく千尋の海底から届いた「魔性の紅」の微笑にすっかり有頂天だが、好事魔多し。その姿を海面に浮かべるまで決して気の抜けない綱渡りの恋。はやる気持ちを抑えつつ、逢瀬の瞬間を待ちわびる…。


伊東沖のコマセ釣りはマダイ&イサキが面白い!【東伊豆・伊東沖】

伊東沖のコマセ釣りはマダイ&イサキが面白い!【東伊豆・伊東沖】

伊豆・伊東沖周辺では、この時期、マダイとイサキがおもしろい。マダイは関東周辺の他のエリアに比べると、ちょっと遅れて盛期を迎える。そして同時に好シーズンに突入するイサキは、魚体がオリーブ色をした頭部が小さい40㎝級が釣れるのが自慢だ。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読