上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

今シーズン最終章だが、まだ釣れる。この世で一番美味いものの一つである白子がたっぷりの大型マダラ! 泳がせ&キハダタックルの流用で、意外と入門のハードルは低いぞ。さぁ、極上のミルキーを求めて、海へ出よう。


例年なら、12月前半で白子入りのマダラ釣りは終了モードだが、今期はシーズンが遅れ気味なので 12月も期待大!!

深海釣り初めてのアングラーもこのとおり。「今晩は家族においしいお土産を持って帰れます!」と大喜び。

活性が高いとハリの数だけマダラがヒットすることもある。食い渋り時は単発が多い。

白子たっぷりのオスの大型マダラをキャッチ。

この大きさがアベレージ。さらに大型が釣れる。

「今日は単発が多く、ベタ底で食ってますよ!」とは常連さん。

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・小名浜港「第8光勝丸」。

とろ〜りとして超ミルキーなマダラの白子。これを食べたくてこの時期のみマダラを追いかける釣り人も少なくない。ここで紹介するのは、福島県小名浜沖のマダラだ。
震災から6年。福島の海は復活している。ここのマダラは何の問題もなく食すことができ、もちろん、市場にも多く流通している。
9月〜12月ごろに産卵期を迎えるマダラだが、今期は高水温に影響で産卵が遅れ気味。例年なら、12月前半で白子入りのマダラ釣りは終了モードだが、今期はちょっと様子が異なるようだ。
「ようやくマダラの白子が白くなっておいしくなった。今期は12月いっぱいまで楽しめそうですよ」と話すのは、ほぼ周年マダラを追いかける小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。
例年は真沖でマダラが釣れさかるというが、今期は北のポイントでしか群れがかたまっていないという。11月後半になってようやく寒流がさしはじめたので、これからマダラの群れが南下をするというのだ。
ポイントの水深は230〜280m。胴付き3〜5本バリ仕掛けで350号オモリを使用するが、相模湾などで盛んな電動キハダタックルをそのまま流用できるというので、意外と入門は簡単。ぜひ、この機会に白子入りマダラを釣りに行ってみてはいかがだろう。

どんなタックルで釣るのか!? オモリは350号、仕掛けは胴付き、3〜5本バリで十分

オモリが350号のため、強靭な深海タックルが必要だと思われるが、意外とライトなリールやロッドでもオーケー。電動キハダタックルや泳がせタックルはベストマッチだ。

関連する投稿


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。


マダラ健在。身は旨く、数釣れて、さらに今年は型もいい!【平潟沖】

マダラ健在。身は旨く、数釣れて、さらに今年は型もいい!【平潟沖】

平潟沖の海面に白い影が次々と浮かんでくる。今の平潟沖は大型マダラの多点掛けのチャンス大! こいつをモノにしなきゃウソだぜ!!


マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラにアラ、激しく美味い高級魚が狙える真夏の新潟上越沖・中深海。そんな魅力いっぱいの漁場に、スローピッチジャークのパイオニアが釣行。さて、その釣果はいかに!?


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング