ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


高級魚イシダイが数釣れることも期待できるが、イナダ、ワラサ、マダイ、クロダイなど嬉しいゲストが多彩にまじるのが特徴

本命は、このイシダイ。脂が乗って、とても美味!

これはキロオーバーのイシダイ。

このイシダイも良型。

イシダイとイサキの一荷も!

カワハギもハリ掛かりした!

関連する投稿


ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

ビギナーや入門に最適! 東京湾口のLTウイリー五目【東京湾口】

まずは目的の魚が釣れた喜び。次にその魚がたくさん釣れた喜び。そして思いがけない大きさの魚や、高級な魚が釣れたときの喜び。こんな「喜び」の階段をのぼりながら沖釣りにハマっていった。そんなビギナー向けの「喜びの階段」が取りそろえられた沖釣りメニューがある。金沢漁港「忠彦丸」の沖のLTウイリー五目だ。


相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。


剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイは周年楽しむことができる。これからの時期は水温低下とともに、適水温を求めて深場に落ちていく、いわゆる「落ち」のシーズンに入っていくが、このエリアもほかエリア同様、高水温が続き、まだまだ浅い場所で釣れている。


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読