沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


高級魚イシダイが数釣れることも期待できるが、イナダ、ワラサ、マダイ、クロダイなど嬉しいゲストが多彩にまじるのが特徴

本命は、このイシダイ。脂が乗って、とても美味!

これはキロオーバーのイシダイ。

このイシダイも良型。

イシダイとイサキの一荷も!

カワハギもハリ掛かりした!

ウマヅラハギも肝パンで美味。

イサキは良型が多い。

メジナもよくまじる。

強い引きはワラサだった。

マダイも好調! 別船ではトップ8枚!!

クーラーのなかは賑やか!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口「育丸」。

剣崎沖のコマセ釣りで狙うイシダイ五目がシーズンに突入した。この釣りにこだわる剣崎間口港「育丸」は、10月末ころからイシダイ五目に出船。最初は型を見る程度であったが、狙っていくうちに釣果は右肩上がり。待望の本格シーズンに突入したのだ。
この釣りは高級魚イシダイが数釣れることも期待できるが、そのほかに嬉しいゲストが多彩にまじるのが特徴だ。ざっと挙げれば、イナダ、ワラサ、マダイ、クロダイ、メジナ、イサキ、アジ、サバ、カワハギ、ウマヅラなどなど。これらの魚種が同じポイントで釣れるのだ。またアタリも多く、つねに誰かにアタリがあるという状況も珍しくないのだ。
釣果を残すには誘いとアワセがカギ。幅のあるタナが指示されるので、タナの下限から上限をゆっくり誘って探っていく。誘う間にアタリがあったら、すかさずアワせていくのだ。一回タナの範囲を探ってアタらなければ、たいていの場合エサが取られているので、1投入1探りで仕掛けを入れなおしていく。これがうまくできれば、画像のように多彩な魚種がクーラーに収まるのだ。
今シーズンも水温が高めに推移しそうなので、年明けも期待できそうな剣崎沖のイシダイ五目。ぜひチャレンジしてみよう!

竿は先調子がオススメ。仕掛けは2本バリ

取材時のタナは海面から20m台と浅かった。

ビシは80号と100号を使い分ける。

付けエサはオキアミ。

「育丸」のイシダイ五目は、ビシ80〜100号を使用する。そのため、竿は80〜100号に対応できる7対3調子、長さは2m前後がオススメ。
「竿は短めの先調子がオススメです。長かったり、軟らかい竿は、アタリが取れず、アワセも効きません」と雄真・若船長。
7対3調子、2m前後のゲームロッドやライト用ロッドがよく使われているようだ。
リールは小型電動か手巻き中型両軸。一回指示ダナの範囲を探ったら、仕掛けを回収して入れなおすので、電動リール使用がオススメだ。
これに道糸としてPEラインの2号以下を巻いておく。道糸はこれより太いとアタリがわかりづらくなるというので注意しよう。
仕掛けは上のイラストのとおり。ハリス4号、全長3.5mの2本バリ。ハリはグレの7号。船で仕掛けを購入できるので、こちらを利用するのもいいだろう。
イシダイは頑丈で鋭い歯を持つ魚。一つの仕掛けで何匹も掛けると、ハリ先が鈍くなるので、チェックを怠らないように。少しでもハリ先が甘くなっていると、掛かりが悪くなるので、即仕掛けを交換すること。
クッションゴムは4号ハリスに適合したもので、長さは50㎝。これより長いとアワセが効きづらくなる。
ビシは「サニービシ」の80号と100号を潮の速さによって使い分ける。

指示ダナの範囲をゆっくりと探る。アタリがあったら、しっかりアワせる

アタリが多いのも、この釣りの特徴! 何が掛かったかな?

海面に縞模様が見えた! イシダイだ!!

「育丸」では「25mから20m」のように幅のあるタナが指示される。基本の釣り方は、タナの下限までビシを下ろしてから、大きくゆっくり誘い上げてタナの上限まで探る。タナの上限まで誘ってアタリがなければ、仕掛けを回収して投入しなおす。
タナの上限まで探った後、再度タナの下限までビシを落としてタナの範囲を探るのはNG。一度タナの上限まで探ると、たいていの場合エサが取られているからだ。
仕掛けを回収したときに、ビシのなかのコマセがほとんど出ていないのはダメ。タナの範囲をゆっくり誘ったときに、ビシからコマセがバラバラと出るように調整しておくこと。「サニービシ」であれば、上窓は半分〜全開、下の隙間は2目盛りぐらい開けるのが基本。あとは船上で微調整する。
タナの範囲を探っている間に、わずかでも違和感やアタリがあったときはアワせること。前述したようにイシダイは頑丈で大きな歯を持つ魚。しっかりアワせないとフッキングしないのだ。
基本の釣り方をして、何度もエサだけ取られてアタリが出ない場合は、ビシをタナの下限まで落としたらすぐに2〜3m巻き上げてみよう。これだけでエサを取られにくくなり、アタリが出ることもある。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。アマダイ仕掛けはハリス3号、全長2〜2.2mの2本バリが標準仕様。ハリはチヌバリの3〜4号。


カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!


尺ハギも出た!本格シーズンの剣崎沖カワハギが今熱い(山天丸釣船店)

尺ハギも出た!本格シーズンの剣崎沖カワハギが今熱い(山天丸釣船店)

本格シーズンを迎えた東京湾のカワハギ釣り。これからは水温が下がるにつれてカワハギの群れが固まりだし、それでいて厳寒期ほどの低水温ではないので釣りやすく、大型の確率も高くなる時期。さらに、キモも大きくなってきたので食味もアップ。熱いカワハギシーズンの到来だ。


誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読