MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。

高級魚イシダイが数釣れることも期待できるが、イナダ、ワラサ、マダイ、クロダイなど嬉しいゲストが多彩にまじるのが特徴

本命は、このイシダイ。脂が乗って、とても美味!

これはキロオーバーのイシダイ。

このイシダイも良型。

イシダイとイサキの一荷も!

カワハギもハリ掛かりした!

ウマヅラハギも肝パンで美味。

イサキは良型が多い。

メジナもよくまじる。

強い引きはワラサだった。

マダイも好調! 別船ではトップ8枚!!

クーラーのなかは賑やか!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口「育丸」。

剣崎沖のコマセ釣りで狙うイシダイ五目がシーズンに突入した。この釣りにこだわる剣崎間口港「育丸」は、10月末ころからイシダイ五目に出船。最初は型を見る程度であったが、狙っていくうちに釣果は右肩上がり。待望の本格シーズンに突入したのだ。
この釣りは高級魚イシダイが数釣れることも期待できるが、そのほかに嬉しいゲストが多彩にまじるのが特徴だ。ざっと挙げれば、イナダ、ワラサ、マダイ、クロダイ、メジナ、イサキ、アジ、サバ、カワハギ、ウマヅラなどなど。これらの魚種が同じポイントで釣れるのだ。またアタリも多く、つねに誰かにアタリがあるという状況も珍しくないのだ。
釣果を残すには誘いとアワセがカギ。幅のあるタナが指示されるので、タナの下限から上限をゆっくり誘って探っていく。誘う間にアタリがあったら、すかさずアワせていくのだ。一回タナの範囲を探ってアタらなければ、たいていの場合エサが取られているので、1投入1探りで仕掛けを入れなおしていく。これがうまくできれば、画像のように多彩な魚種がクーラーに収まるのだ。
今シーズンも水温が高めに推移しそうなので、年明けも期待できそうな剣崎沖のイシダイ五目。ぜひチャレンジしてみよう!

竿は先調子がオススメ。仕掛けは2本バリ

取材時のタナは海面から20m台と浅かった。

ビシは80号と100号を使い分ける。

付けエサはオキアミ。

「育丸」のイシダイ五目は、ビシ80〜100号を使用する。そのため、竿は80〜100号に対応できる7対3調子、長さは2m前後がオススメ。
「竿は短めの先調子がオススメです。長かったり、軟らかい竿は、アタリが取れず、アワセも効きません」と雄真・若船長。
7対3調子、2m前後のゲームロッドやライト用ロッドがよく使われているようだ。
リールは小型電動か手巻き中型両軸。一回指示ダナの範囲を探ったら、仕掛けを回収して入れなおすので、電動リール使用がオススメだ。
これに道糸としてPEラインの2号以下を巻いておく。道糸はこれより太いとアタリがわかりづらくなるというので注意しよう。
仕掛けは上のイラストのとおり。ハリス4号、全長3.5mの2本バリ。ハリはグレの7号。船で仕掛けを購入できるので、こちらを利用するのもいいだろう。
イシダイは頑丈で鋭い歯を持つ魚。一つの仕掛けで何匹も掛けると、ハリ先が鈍くなるので、チェックを怠らないように。少しでもハリ先が甘くなっていると、掛かりが悪くなるので、即仕掛けを交換すること。
クッションゴムは4号ハリスに適合したもので、長さは50㎝。これより長いとアワセが効きづらくなる。
ビシは「サニービシ」の80号と100号を潮の速さによって使い分ける。

指示ダナの範囲をゆっくりと探る。アタリがあったら、しっかりアワせる

アタリが多いのも、この釣りの特徴! 何が掛かったかな?

海面に縞模様が見えた! イシダイだ!!

「育丸」では「25mから20m」のように幅のあるタナが指示される。基本の釣り方は、タナの下限までビシを下ろしてから、大きくゆっくり誘い上げてタナの上限まで探る。タナの上限まで誘ってアタリがなければ、仕掛けを回収して投入しなおす。
タナの上限まで探った後、再度タナの下限までビシを落としてタナの範囲を探るのはNG。一度タナの上限まで探ると、たいていの場合エサが取られているからだ。
仕掛けを回収したときに、ビシのなかのコマセがほとんど出ていないのはダメ。タナの範囲をゆっくり誘ったときに、ビシからコマセがバラバラと出るように調整しておくこと。「サニービシ」であれば、上窓は半分〜全開、下の隙間は2目盛りぐらい開けるのが基本。あとは船上で微調整する。
タナの範囲を探っている間に、わずかでも違和感やアタリがあったときはアワせること。前述したようにイシダイは頑丈で大きな歯を持つ魚。しっかりアワせないとフッキングしないのだ。
基本の釣り方をして、何度もエサだけ取られてアタリが出ない場合は、ビシをタナの下限まで落としたらすぐに2〜3m巻き上げてみよう。これだけでエサを取られにくくなり、アタリが出ることもある。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読