鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

11月から部分解禁している鹿島沖のヒラメ。数、型ともにまずまずの好調が続いている。今シーズンから規定数10枚というルールが設けられているが、トップが規定数に達する船も多い。


取材当日も開始から好調にアタった。今シーズンから設けられた規定数10枚には届かなかったが、トップ7枚とまずまずの好釣果

取材当日最大は、この3㎏オーバー!

こちらも良型!

当日のトップは7枚だった!

冬場のヒラメは食味もアップして、食べるのも楽しみ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「清栄丸」。

鹿島沖のヒラメは11月から部分解禁して開幕している。今シーズンもスタートからまずまずの好調ぶり、数、型ともに楽しめている。そして12月1日からは茨城エリアが全面解禁。釣り場が拡大して、さらに期待が高まる。
「今年はスタートから好調ですよ。いるところにはヒラメがかなり固まっているので数上がっています。部分的なエリアでこれだけ釣れていますから、全面解禁したときが楽しみです」とは今回取材した鹿島旧港「清栄丸」の竹林良崇船長。
取材当日も開始から好調にアタった。今シーズンから設けられた規定数10枚には届かなかったが、トップ7枚とまずまずの好釣果。一人だけ型を見ることができなかったが、全員にアタリはあった。
食味もアップしてきているので、刺身や昆布締め、煮付けなど、いろいろな料理で楽しめる。
これからますます楽しみな鹿島沖のヒラメを狙ってみよう!

オーソドックスなヒラメ用のタックルと仕掛けでOK!

「清栄丸」では仕掛けを2種類用意!

親バリは鼻掛けがオススメ。

孫バリは肛門に刺すのが竹林船長のオススメ。

タックルはオーソドックスなヒラメ用のノーマルタックルがあればOK。今回取材した「清栄丸」もそうだが、多くの船がオモリ80号を使う。そのためオモリ80号に対応したヒラメ専用竿の2.7〜3mが扱いやすいだろう。
リールは小型電動、または手巻きの中型両軸でOK。道糸はPEラインの3号前後を150m以上巻いておこう。
また船によってはライトタックルの使用もOKだ。この場合、竿は60号、または80号ぐらいまでのオモリに対応できるライトヒラメ専用竿、または7対3〜6対4調子のライト用ロッド。
これに小型電動、または手巻きの小型両軸リールを組み合わせる。道糸はPE1号以下を150m以上巻いておく。道糸の先には先糸としてフロロカーボンの6〜7号を1〜2m巻いておく。これを仕掛けの幹糸として使う。
仕掛けは胴付き1本バリ。「清栄丸」が船で販売している仕掛けは、枝スは6号、80㎝前後。幹糸は7号、100㎝。捨て糸は4号、50㎝。ハリは親バリがチヌ7号。孫バリはトリプル8号、またはチヌ6号。
ビギナーは掛かりやすさから、孫バリがトリプルの仕掛けがオススメだ。
エサ付けは親バリが鼻掛け。孫バリはトリプルでもシングルでも、どちらの場合も肛門から差し抜く方法が竹林船長のオススメ。
「ヒラメはイワシを食べる時に、イワシの下から食らいつきます。だから肛門付近にハリを刺した方が掛かりがいいようです」と竹林船長。

船を横流しにして、ポイントを探る

12月からは全面解禁! 釣り場が拡大してさらなる好釣果が期待される。

ライトタックルにヒット! やり取りが楽しい!!

取り込みは釣り人がヒラメをタモに誘導しよう!

鹿島沖のヒラメ釣りでは、多くの船が横流しでポイントを探るように狙う。横流しとは、船体に風を当てて船を流すスタイルだ。
この場合、オモリが海底をトントンと叩く位置をキープしてアタリを待つ。根掛かりしない場所では、オモリを引きずるようにしてもOK。根掛かりする場所では、海底から30〜50㎝オモリを上げてアタリを待ち、頻繁にタナを取りなおすこと。
風が強く船がどんどん流される場合、風下側の釣り座では、道糸が船べりの内側に入っていく。そのままにしておくとオモリが浮く。ここで道糸をどんどん出すと反対舷の釣り人とオマツリするので、出しすぎないこと。仕掛けが浮いてしまったら、仕掛けを再度入れなおすようにしよう。
逆に風上側では、道糸が自分の前方に向かって海中に入る。風下側と同じくそのままにしているとオモリが浮く。こちらの舷では道糸をどんどん出せる。しかし、風下側の釣り人の仕掛けよりも、新しいポイントに入るのが遅い。そのため、出しすぎると不利になってしまうの注意しよう。
アタったら早アワセは禁物。じっくり食い込んでから竿を立ててアワせよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ヒラメ 鹿島沖 清栄丸

関連する投稿


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読