沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

11月から部分解禁している鹿島沖のヒラメ。数、型ともにまずまずの好調が続いている。今シーズンから規定数10枚というルールが設けられているが、トップが規定数に達する船も多い。


取材当日も開始から好調にアタった。今シーズンから設けられた規定数10枚には届かなかったが、トップ7枚とまずまずの好釣果

取材当日最大は、この3㎏オーバー!

こちらも良型!

当日のトップは7枚だった!

冬場のヒラメは食味もアップして、食べるのも楽しみ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「清栄丸」。

鹿島沖のヒラメは11月から部分解禁して開幕している。今シーズンもスタートからまずまずの好調ぶり、数、型ともに楽しめている。そして12月1日からは茨城エリアが全面解禁。釣り場が拡大して、さらに期待が高まる。
「今年はスタートから好調ですよ。いるところにはヒラメがかなり固まっているので数上がっています。部分的なエリアでこれだけ釣れていますから、全面解禁したときが楽しみです」とは今回取材した鹿島旧港「清栄丸」の竹林良崇船長。
取材当日も開始から好調にアタった。今シーズンから設けられた規定数10枚には届かなかったが、トップ7枚とまずまずの好釣果。一人だけ型を見ることができなかったが、全員にアタリはあった。
食味もアップしてきているので、刺身や昆布締め、煮付けなど、いろいろな料理で楽しめる。
これからますます楽しみな鹿島沖のヒラメを狙ってみよう!

オーソドックスなヒラメ用のタックルと仕掛けでOK!

「清栄丸」では仕掛けを2種類用意!

親バリは鼻掛けがオススメ。

孫バリは肛門に刺すのが竹林船長のオススメ。

タックルはオーソドックスなヒラメ用のノーマルタックルがあればOK。今回取材した「清栄丸」もそうだが、多くの船がオモリ80号を使う。そのためオモリ80号に対応したヒラメ専用竿の2.7〜3mが扱いやすいだろう。
リールは小型電動、または手巻きの中型両軸でOK。道糸はPEラインの3号前後を150m以上巻いておこう。
また船によってはライトタックルの使用もOKだ。この場合、竿は60号、または80号ぐらいまでのオモリに対応できるライトヒラメ専用竿、または7対3〜6対4調子のライト用ロッド。
これに小型電動、または手巻きの小型両軸リールを組み合わせる。道糸はPE1号以下を150m以上巻いておく。道糸の先には先糸としてフロロカーボンの6〜7号を1〜2m巻いておく。これを仕掛けの幹糸として使う。
仕掛けは胴付き1本バリ。「清栄丸」が船で販売している仕掛けは、枝スは6号、80㎝前後。幹糸は7号、100㎝。捨て糸は4号、50㎝。ハリは親バリがチヌ7号。孫バリはトリプル8号、またはチヌ6号。
ビギナーは掛かりやすさから、孫バリがトリプルの仕掛けがオススメだ。
エサ付けは親バリが鼻掛け。孫バリはトリプルでもシングルでも、どちらの場合も肛門から差し抜く方法が竹林船長のオススメ。
「ヒラメはイワシを食べる時に、イワシの下から食らいつきます。だから肛門付近にハリを刺した方が掛かりがいいようです」と竹林船長。

船を横流しにして、ポイントを探る

12月からは全面解禁! 釣り場が拡大してさらなる好釣果が期待される。

ライトタックルにヒット! やり取りが楽しい!!

取り込みは釣り人がヒラメをタモに誘導しよう!

鹿島沖のヒラメ釣りでは、多くの船が横流しでポイントを探るように狙う。横流しとは、船体に風を当てて船を流すスタイルだ。
この場合、オモリが海底をトントンと叩く位置をキープしてアタリを待つ。根掛かりしない場所では、オモリを引きずるようにしてもOK。根掛かりする場所では、海底から30〜50㎝オモリを上げてアタリを待ち、頻繁にタナを取りなおすこと。
風が強く船がどんどん流される場合、風下側の釣り座では、道糸が船べりの内側に入っていく。そのままにしておくとオモリが浮く。ここで道糸をどんどん出すと反対舷の釣り人とオマツリするので、出しすぎないこと。仕掛けが浮いてしまったら、仕掛けを再度入れなおすようにしよう。
逆に風上側では、道糸が自分の前方に向かって海中に入る。風下側と同じくそのままにしているとオモリが浮く。こちらの舷では道糸をどんどん出せる。しかし、風下側の釣り人の仕掛けよりも、新しいポイントに入るのが遅い。そのため、出しすぎると不利になってしまうの注意しよう。
アタったら早アワセは禁物。じっくり食い込んでから竿を立ててアワせよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ヒラメ 鹿島沖 清栄丸

関連する投稿


誰でもカットウフグ簡単入門! ショウサイフグの釣り方解説(豊丸)

誰でもカットウフグ簡単入門! ショウサイフグの釣り方解説(豊丸)

鹿島沖のショウサイフグが依然好調を維持している。寒い冬といったら鍋。身体じゅうが暖まり、家族だんらんで楽しく味わうことができる鍋のネタには最高の食材だ。「鹿島北沖のフグを狙ってます。フグの反応を見つけて釣るからね。底に仕掛けを落としたらすぐアタリが出るから、軽くシャクるだけで掛かるよ」とは、鹿島「豊丸」の出頭豊一船長。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

昨シーズン釣れ過ぎ注意報? に沸いた鹿島沖のヒラメ。今期も爆釣ぶりは変わらず、12月1日からは釣り場も全面解禁となって、まさにとどまるところを知らない勢いだ。


ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。


全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。一足早く、鹿島から神栖沖が11月1日に部分解禁。今期も昨年同様絶好調開幕。つ抜けも珍しくなく、ヒラメパラダイスを誰もが味わえる状況だった。


最新の投稿


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読