MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

月日の経つのは早いもの。ふと気が付けば、いつのまにやら12月。日立沖のテンヤマダイ、ここ最近は好調続き。釣り納め、釣り始めに、メデタイ赤い魚を狙ってみては、いかがでしょう。ズバリ、年末年始にオススメです!

ベストシーズンに突入だぁ! 日立沖のテンヤマダイは良型まじりで数釣りが続いているぞ

ノリーズの榎戸さんは朝イチにきれいなマダイをゲット。

東から太陽が顔を出した! 朝マヅメのゴールデンタイムだ。

ノリーズの吉田さんは、後半にキロ弱をゲット。

宙を舞うマダイ!

当日は前半にアタリが集中!

当日は日立沖の水深40m前後を狙った。

アタリは底付近に集中。フオール中のアタリもあるので注意しよう。

エサ付けは頭が外れないように、頭部と尾部を孫バリで固定しよう。

「大さん弘漁丸」で支給されたエビ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大さん弘漁丸」。

茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズンに突入している。アタリが多く数釣りが期待でき、条件がよければ良型や大型もよくアタってくるのだ。今回取材した日立久慈港「大さん弘漁丸」が狙う日立沖も、数、型ともまずまずの好調が続いている。
「12月はいい時期です。この冬も水温がありそうですから、昨シーズンのように年明けも楽しめそうですよ。船が2隻あるので、ヒラメが始まってもテンヤマダイでも出船していきます」とは「大さん弘漁丸」の小泉大輔船長。
取材当日は水深30m台〜40m台を狙ったが、今後は水温の低下にともなって水深50〜60mという水深のある場所も狙っていくという。そのためテンヤは10号や12号といった重めも用意しておくといいだろう。
取材後も良型まじりで数釣りが続いている日立沖のテンヤマダイ。釣り納めやお正月用のマダイ確保にでかけてみてはいかがだろう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読