MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。

perm_media 《画像ギャラリー》ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日は5人同時ヒットも! 暮れにかけては数釣り、年明けから春は大物が狙えるとのことなのでロングランで楽しめる

「喜平治丸」では11月9日のスタートから好釣果が続いている!

「グイ〜ン、グイ〜ン」と引くのが楽しい!

掛かりどころが悪ければタモのアシストも!

当日の竿頭は10杯!

「喜平治丸」ではロングロッドが主流。桜井瑠香さんもロングロッドでチャレンジ。

ポイントは剣崎沖の水深25m前後。

今後はじょじょにサイズアップしていく。

刺身やテンプラ、煮物がオススメ。

アベレージサイズをゲット。

海面からの指示でタナを取る。当日は20m前後の指示が多かった。

餌木は何色かをローテーションして使おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

剣崎間口港「喜平冶丸」では11月9日からアオリイカ船をスタートさせている。当宿のアオリイカ釣りは、中オモリを介した餌木のシャクリ釣り。ティップランとは違い、餌木を船下に沈めてジャークも三段シャクリもせず、1回シャクってリールを巻かずにタナで待つのだ。釣り方はシンプルながら、シャクる幅、スピード、タイミング、餌木の色等で釣果に差が出るからおもしろい。
さらに乗ったときに、シャクった瞬間のグッとくる重さが魅力。良型ともなれば最初は根掛かりのように重くなり、グングンと力強くジェット噴射して抵抗する。餌木のカンナにはカエシがないのでテンションを緩めずに慎重に巻き上げて、墨をかぶらないように取り込まないといけない。とにかく最後まで気を抜けない。
「今はイカがまとまっていないけど、広い範囲に散っているので流せばポツポツ釣れていて悪くはないですよ」とは「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。
取材当日は5人同時ヒットもあったたほど。今シーズンも出だし順調な剣崎沖のアオリイカ。これから暮れにかけては数釣り、年明けから春は大物が狙えるとのことなのでロングランで楽しめる。また、アオリイカのお刺身は絶品! 煮物にしても固くならないのでオススメ!!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル