MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。

perm_media 《画像ギャラリー》ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日は5人同時ヒットも! 暮れにかけては数釣り、年明けから春は大物が狙えるとのことなのでロングランで楽しめる

「喜平治丸」では11月9日のスタートから好釣果が続いている!

「グイ〜ン、グイ〜ン」と引くのが楽しい!

掛かりどころが悪ければタモのアシストも!

当日の竿頭は10杯!

「喜平治丸」ではロングロッドが主流。桜井瑠香さんもロングロッドでチャレンジ。

ポイントは剣崎沖の水深25m前後。

今後はじょじょにサイズアップしていく。

刺身やテンプラ、煮物がオススメ。

アベレージサイズをゲット。

海面からの指示でタナを取る。当日は20m前後の指示が多かった。

餌木は何色かをローテーションして使おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

剣崎間口港「喜平冶丸」では11月9日からアオリイカ船をスタートさせている。当宿のアオリイカ釣りは、中オモリを介した餌木のシャクリ釣り。ティップランとは違い、餌木を船下に沈めてジャークも三段シャクリもせず、1回シャクってリールを巻かずにタナで待つのだ。釣り方はシンプルながら、シャクる幅、スピード、タイミング、餌木の色等で釣果に差が出るからおもしろい。
さらに乗ったときに、シャクった瞬間のグッとくる重さが魅力。良型ともなれば最初は根掛かりのように重くなり、グングンと力強くジェット噴射して抵抗する。餌木のカンナにはカエシがないのでテンションを緩めずに慎重に巻き上げて、墨をかぶらないように取り込まないといけない。とにかく最後まで気を抜けない。
「今はイカがまとまっていないけど、広い範囲に散っているので流せばポツポツ釣れていて悪くはないですよ」とは「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。
取材当日は5人同時ヒットもあったたほど。今シーズンも出だし順調な剣崎沖のアオリイカ。これから暮れにかけては数釣り、年明けから春は大物が狙えるとのことなのでロングランで楽しめる。また、アオリイカのお刺身は絶品! 煮物にしても固くならないのでオススメ!!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル