マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


根掛かりに注意してエサを海底から1~3mに泳がせることが大物ゲットへの条件

南房のイワシ泳がせ釣りが開幕した。ヒラメ、マハタ両狙いの五目釣りだが、今シーズンはマハタが好調。3.9㎏も出た!

筆者もマハタをゲット。なかなか手にできない高級根魚だけに、喜びもひとしお。

良型のマハタが連発。取材後にはトップ9匹という日も。

いい引き! 姿を見るまで何が上がってくるか分からない。それもこの釣りのおもしろいところ。

もうひとつの本命がヒラメ。根着きやイワシを追った大ビラメもこれから期待できる。

ワラサやカンパチなど青物も食ってくる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」。

釣り人の間でも高級ターゲットとして人気のマハタが好調に釣れている。マハタ、ヒラメをメインに生きイワシ泳がせ乗合を出船しているのは千倉港の「千鯛丸」。いつもなら型を見るだけでも御の字のマハタ狙いだが、取材時は2~5匹でボウズ無し、最大は3.9㎏。さらに取材後の出船では3.1㎏を頭にトップ9匹とまさに絶好調状態が続いている。
数ある根の中でも、マハタの居着く場所は限定される、千倉沖の根を知り尽くしている鈴木美津男は、当日の潮や水温からマハタのいる根を探し、狙い撃つ。
イワシ泳がせ釣りの狙いはマハタだけではない。もうひとつの本命はヒラメだ。根周りの居着きビラメから、イワシを追う渡りビラメまで、これから水温が下がれば本格化するだろう。ワラサやカンパチ、アカヤガラやオニカサゴなど、まじる魚も多彩で、何が食うかわからない楽しさもある。
5㎏を超える大型マハタの実績もある千倉沖、海底は起伏があるので、根掛かりに注意してエサを海底から1~3mに泳がせることが大物ゲットへの条件。
「千鯛丸」の泳がせ五目シーズンはこれからが本番を迎える、魚影が濃い今シーズンのチャンスは逃さないようにしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

南房・白浜沖のスルメイカの釣り方&仕掛けご紹介します(早川丸)

梅雨も明けて一気に真夏モード全開だ! そんな真夏に釣りたいのはやっぱりスルメイカだ。今シーズンは大型が各地で乗り乗り! 日中釣り、夜釣りとズンズン乗せまくろう!


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読