MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南紀白浜沖でキンメ&クロムツ狙い【和歌山・南紀白浜沖】

南紀白浜沖でキンメ&クロムツ狙い【和歌山・南紀白浜沖】

「食いました!」「こっちもきましたよ!」降りしきる雨の中船を流す事しばし、参加者の弾んだ声が船上に響く。ややあって筆者の「TERUスタイル」にも待望のシグナル。筆者初の関西イベントは一投目から全員ヒットで幕を開ける。

perm_media 《画像ギャラリー》南紀白浜沖でキンメ&クロムツ狙い【和歌山・南紀白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

最大40㎝、平均35㎝と特大サイズこそなかったものの、南紀白浜沖はキンメとムツの花盛り。参加者全員十分な土産を手に大満足

南紀白浜で深海釣り。魚影が濃い!!

キンメは多点掛けが連発。

水面に浮上したのは…クロムツだっ。

「ちょっとキンメの他にお土産を」という感じで狙ったクロムツも大量!

赤と黒のエクスタシー! 大漁だっ。

今回、取材にご協力いただいたのは、和歌山・椿見草港「海佑丸」。

連日のように緑のデッキを埋める緋色の群れに、時折まじる大粒の黒ダイヤ。「深海釣り発展途上」の関西で、ひときわ異彩を放つのは南紀椿見草港「海佑丸」の釣果ホームページ。
弱冠24歳の北野佑船長は関西深海釣りの明日を担う期待の星。18歳で父のあとを継いで船を持ち、深海メインに6年間。確実に実績を積み上げた自信がその表情に溢れる。
11月8日は「関西の深海釣りを盛り上げて行きたい」という「神戸トップウォータータックルズ主催」の深海釣りイベントに「伝道師」として招かれた筆者。
終日雨の空模様まで「納竿まで食い続く」プラス要素に変えた「持っている」船長の下、仕掛け・ギミック・テクニック…40余年の「引き出し」を次々開き「次世代深海釣り」の理念を実践した。
最大40㎝、アベレージ35㎝と特大サイズこそなかったものの、南紀白浜沖はキンメとムツの花盛り。参加者全員十分な土産を手に「楽しかった、出来過ぎだ」と大満足で帰途に就くこととなり、筆者自身初の関西イベントは大成功でお開きとなった。
まだまだ、西日本の深海釣りは未開拓。今後も各地でチャレンジを続けたい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル