MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】

サクラエビの水揚げナンバーワンの由比港で、にわかに盛り上がってきた釣りがある。あの、前アタリから食わせるまでのスリリングな展開に誰もがアツくなるヒラメ釣りが、それだ。

perm_media 《画像ギャラリー》これからエンジン全開になる肉厚の寒ビラメを迎撃【駿河湾・由比沖】の画像をチェック! navigate_next

水温が下がるに連れて身厚になり、旨味を増すヒラメ。お楽しみはこれからだっ!

ウハウハですっ!

「ポイントを知り尽くしている船長ですからね。船が移動した後は、どこかでアタルので要注意ですよ」と常連さん。

実績あるポイントでプロポーション抜群のヒラメをゲット! なお、取り込みは頭からタモで掬うこと。

激熱ファイトを楽しみに行こう!!

エサ付けは、親バリを上アゴ掛けかハナ掛けにして、孫バリは尻ビレの最後尾の尻付け根に刺す。

ヒラメ専用竿か60号オモリが背負える6対4調子の竿&深場も攻めるので手返しが良い中型電動リールで挑もう。

ハリス6〜8号の市販のヒラメ仕掛けでOK。水中ライトなどの小物が効果的な時もある。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

「例年通り9月に開幕して狙い続けているけど、今期はどうも様子がおかしくてさ。シラス漁がパットしなかったのが影響しているのか(エサとなるイワシが少ないのか?)ヒラメの釣れる場所が限られていてね。まぁ、その場所ではコンスタントに食っていて、徐々にその活性も上がり出しているので、今後も楽しみなんだけどね」と状況を端的に語ってくれたのが、当地でヒラメ専門乗合を出す「龍神丸」の佐野栄俊船長だ。
釣れている場所とは、ズバリ、根周り。水深40〜50mのカケサガリにある根を中心に、その前後の水深の根を探っているという。
当地は、横流しではなく、ポイントをダイレクトに攻める潮流しが主流。「ガッチガチの根の際をピンポイントで狙うので、本当に根掛かりには注意して下さいね。タナは最低でも1m切った状態で、たまにオモリが海底の起伏のトップにあたるくらいが理想的かな。毎年、これからの時期に根周りで大型が釣れているので、このまま攻め続けますからね」と船長も力こぶ。
水温が下がるに連れて身厚になり、旨味を増すヒラメの迎撃開始だ!!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル