MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

「釣るポイントが絞れてきたっていうこともあるけど、今年はルアーキンメの当たり年だと思うよ。数も型もいいからね」。言葉の主は弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】の画像をチェック! navigate_next

3㎏オーバーの登場はやはり圧巻。これがあるから新島沖のキンメはたまらない!

キンメ釣り場としては有数のポイント、新島沖。漁船、エサ釣りの船などが入り乱れる人気ぶり。

しっかりとルアーを追うキンメダイ。

ヒットしてからのやり取りは、見た目は地味だが、キンメのダイレクトなファイトを体感できる。

一枚一枚、丁寧に玉網ですくうのがセオリーだ。

これも立派な1枚。「底近くでのフォールに食ってきました」と練馬区の富永誠次さん。

取材日は、比較的しっかり、大きくシャクったあとのフォールに反応が良かったようだ。

最大は下船後の軽量で3.13㎏。見事な魚だが、新島沖では珍しくはない存在だ。

根掛かりも多い。予備のジグは多めに、ラインを巻き込んだリールの予備も必要だ。

ラインは1000m以上、たっぷりと巻き込んでおきたい。

取材日、多くの釣果をモノにした2WAYスパイキー。600g、800gが活躍した。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

「惠丸」は、今年は夏場を含め、シーズンを問わず出船していたが、とりわけ今秋は絶好調。船中10枚以上がほとんどで、ひとり10枚! という記録もあった。3㎏クラスも、ほぼ出船ごとに顔を出した、というのだから、当たり年、というのも納得だ。
好気配に誘われ、同船取材を敢行した。ポイントは定番、新島沖。6時ちょうど、水深300m強で投入の合図が出た。潮の流れは緩く釣りやすいようだ。最初の流しからひとり、ふたりとアタリが出た。しかし、巻き上げ途中ですべてポロリ。ここから各人とも3連続、2連続とバラシが続いた。
予報に反してのシケ模様が大きな要因と思われたが、食いの浅さもあったかも知れない。船中沈黙ムードの時間もあったが、連発するバラシのなかでもなんとか数が重なってきた。
1㎏弱からスタートし次第にサイズアップ。最後は予定通り? 3㎏オーバーの登場もあり。釣り辛くバラシ連発、アタリも偏ったため「ここのところで最低」の釣果だった取材日。
しかし、3㎏オーバーの登場はやはり圧巻。これがあるから新島沖のキンメはたまらない。シーズンは一年中。これからはナギ日和を選んでの釣行をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル