MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

「釣るポイントが絞れてきたっていうこともあるけど、今年はルアーキンメの当たり年だと思うよ。数も型もいいからね」。言葉の主は弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】の画像をチェック! navigate_next

3㎏オーバーの登場はやはり圧巻。これがあるから新島沖のキンメはたまらない!

キンメ釣り場としては有数のポイント、新島沖。漁船、エサ釣りの船などが入り乱れる人気ぶり。

しっかりとルアーを追うキンメダイ。

ヒットしてからのやり取りは、見た目は地味だが、キンメのダイレクトなファイトを体感できる。

一枚一枚、丁寧に玉網ですくうのがセオリーだ。

これも立派な1枚。「底近くでのフォールに食ってきました」と練馬区の富永誠次さん。

取材日は、比較的しっかり、大きくシャクったあとのフォールに反応が良かったようだ。

最大は下船後の軽量で3.13㎏。見事な魚だが、新島沖では珍しくはない存在だ。

根掛かりも多い。予備のジグは多めに、ラインを巻き込んだリールの予備も必要だ。

ラインは1000m以上、たっぷりと巻き込んでおきたい。

取材日、多くの釣果をモノにした2WAYスパイキー。600g、800gが活躍した。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

「惠丸」は、今年は夏場を含め、シーズンを問わず出船していたが、とりわけ今秋は絶好調。船中10枚以上がほとんどで、ひとり10枚! という記録もあった。3㎏クラスも、ほぼ出船ごとに顔を出した、というのだから、当たり年、というのも納得だ。
好気配に誘われ、同船取材を敢行した。ポイントは定番、新島沖。6時ちょうど、水深300m強で投入の合図が出た。潮の流れは緩く釣りやすいようだ。最初の流しからひとり、ふたりとアタリが出た。しかし、巻き上げ途中ですべてポロリ。ここから各人とも3連続、2連続とバラシが続いた。
予報に反してのシケ模様が大きな要因と思われたが、食いの浅さもあったかも知れない。船中沈黙ムードの時間もあったが、連発するバラシのなかでもなんとか数が重なってきた。
1㎏弱からスタートし次第にサイズアップ。最後は予定通り? 3㎏オーバーの登場もあり。釣り辛くバラシ連発、アタリも偏ったため「ここのところで最低」の釣果だった取材日。
しかし、3㎏オーバーの登場はやはり圧巻。これがあるから新島沖のキンメはたまらない。シーズンは一年中。これからはナギ日和を選んでの釣行をおすすめしたい。

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル