MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。

駿河湾・焼津沖の夜タチウオは、例年では年明け1月頃まで楽しめるが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかも!?

釣り上げたタチウオが吐き出したサクラエビ。本当にサクラエビを食べているのだ!

夜釣りといっても船上は真昼のように明るいので、快適に釣りが楽しめる。ただ、これからの季節は寒いので、防寒対策だけはしっかりと!

11月中旬のアベレージサイズは指3本。もちろん、このサイズでも超美味!

水が少し濁っている影響か、タコベイトを付けたほうがよかったようだ。

駿河湾は置き竿が主流なのでマダイ竿などを使う人が多いが、竿はバットがしっかりしたタイプがオススメ。その方が掛かりがよいからだ。もちろん、「貴政丸」ではLTも楽しめる。

時折指4〜4.5本以上の良型がまじる。キロアップや2kgオーバーの実績も!

取材日はタナでじっと待っていたほうが良型のアタリが多かった。

タチウオは群れで回遊しているので、周囲でアタっているときはチャンス!

「竿を手に持っているとつい早アワセしてしまうので…」と塚田貴政・若船長は置き竿で。

エサはサンマの切り身。

夜明けが近づき周囲が明るくなると、陸地の様子が分かってくる。ポイントは港の目の前だ。

ベテランの常連さんは後半怒涛の追い上げ。「しゃべっているとヒットするよ!」。この日はやはりじっくりと食い込むまで待つのがよかったようだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港「貴政丸」。

サクラエビを食べているなんて本当…? なんて思っていると、なんと偶然にも釣ったタチウオが本当にサクラエビを吐き出した!
「今年はイワシが少ないので、タチウオはサクラエビを主に食べています。しかも、今まさにサクラエビ漁の真っ最中なんですが、今年はサクラエビが豊漁。いっぱい食べていると思いますよ」と、漁師でもある焼津港「貴政丸」の塚田昌彦船長は言う。
そんな駿河湾・焼津沖の夜タチウオが、いよいよ佳境を迎えている。
「秋冬シーズンは本来なら今が一番いい時期。ただ、この前の台風前までは型もよく数も出ていましたが、台風後に急に悪くなってしまいました。でも、ようやく復調してきましたよ。例年では年明け1月頃まで楽しめますが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかもしれませんね」
夜釣りとあって、とくにこれからの季節は船上はかなり寒い。とくに明け方は相当冷え込む。防寒対策をしっかりとして、超美味タチウオを釣りに出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
福島の海が回復。さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分。
更新: 2019-08-16 08:41:48
東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!
更新: 2019-08-05 07:00:00
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
更新: 2019-08-04 07:00:00
大人気の相模湾ライトルアー乗合。江の島から出港する「島きち丸」。40mより上を探る指示の、バーチカルジギングがメインパターン!これから夏本番を迎え、メインのサバからワカシ、イナダへとスイッチしていく傾向が強い。
更新: 2019-08-02 12:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読