MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。

駿河湾・焼津沖の夜タチウオは、例年では年明け1月頃まで楽しめるが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかも!?

釣り上げたタチウオが吐き出したサクラエビ。本当にサクラエビを食べているのだ!

夜釣りといっても船上は真昼のように明るいので、快適に釣りが楽しめる。ただ、これからの季節は寒いので、防寒対策だけはしっかりと!

11月中旬のアベレージサイズは指3本。もちろん、このサイズでも超美味!

水が少し濁っている影響か、タコベイトを付けたほうがよかったようだ。

駿河湾は置き竿が主流なのでマダイ竿などを使う人が多いが、竿はバットがしっかりしたタイプがオススメ。その方が掛かりがよいからだ。もちろん、「貴政丸」ではLTも楽しめる。

時折指4〜4.5本以上の良型がまじる。キロアップや2kgオーバーの実績も!

取材日はタナでじっと待っていたほうが良型のアタリが多かった。

タチウオは群れで回遊しているので、周囲でアタっているときはチャンス!

「竿を手に持っているとつい早アワセしてしまうので…」と塚田貴政・若船長は置き竿で。

エサはサンマの切り身。

夜明けが近づき周囲が明るくなると、陸地の様子が分かってくる。ポイントは港の目の前だ。

ベテランの常連さんは後半怒涛の追い上げ。「しゃべっているとヒットするよ!」。この日はやはりじっくりと食い込むまで待つのがよかったようだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港「貴政丸」。

サクラエビを食べているなんて本当…? なんて思っていると、なんと偶然にも釣ったタチウオが本当にサクラエビを吐き出した!
「今年はイワシが少ないので、タチウオはサクラエビを主に食べています。しかも、今まさにサクラエビ漁の真っ最中なんですが、今年はサクラエビが豊漁。いっぱい食べていると思いますよ」と、漁師でもある焼津港「貴政丸」の塚田昌彦船長は言う。
そんな駿河湾・焼津沖の夜タチウオが、いよいよ佳境を迎えている。
「秋冬シーズンは本来なら今が一番いい時期。ただ、この前の台風前までは型もよく数も出ていましたが、台風後に急に悪くなってしまいました。でも、ようやく復調してきましたよ。例年では年明け1月頃まで楽しめますが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかもしれませんね」
夜釣りとあって、とくにこれからの季節は船上はかなり寒い。とくに明け方は相当冷え込む。防寒対策をしっかりとして、超美味タチウオを釣りに出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読