MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。

駿河湾・焼津沖の夜タチウオは、例年では年明け1月頃まで楽しめるが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかも!?

釣り上げたタチウオが吐き出したサクラエビ。本当にサクラエビを食べているのだ!

夜釣りといっても船上は真昼のように明るいので、快適に釣りが楽しめる。ただ、これからの季節は寒いので、防寒対策だけはしっかりと!

11月中旬のアベレージサイズは指3本。もちろん、このサイズでも超美味!

水が少し濁っている影響か、タコベイトを付けたほうがよかったようだ。

駿河湾は置き竿が主流なのでマダイ竿などを使う人が多いが、竿はバットがしっかりしたタイプがオススメ。その方が掛かりがよいからだ。もちろん、「貴政丸」ではLTも楽しめる。

時折指4〜4.5本以上の良型がまじる。キロアップや2kgオーバーの実績も!

取材日はタナでじっと待っていたほうが良型のアタリが多かった。

タチウオは群れで回遊しているので、周囲でアタっているときはチャンス!

「竿を手に持っているとつい早アワセしてしまうので…」と塚田貴政・若船長は置き竿で。

エサはサンマの切り身。

夜明けが近づき周囲が明るくなると、陸地の様子が分かってくる。ポイントは港の目の前だ。

ベテランの常連さんは後半怒涛の追い上げ。「しゃべっているとヒットするよ!」。この日はやはりじっくりと食い込むまで待つのがよかったようだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港「貴政丸」。

サクラエビを食べているなんて本当…? なんて思っていると、なんと偶然にも釣ったタチウオが本当にサクラエビを吐き出した!
「今年はイワシが少ないので、タチウオはサクラエビを主に食べています。しかも、今まさにサクラエビ漁の真っ最中なんですが、今年はサクラエビが豊漁。いっぱい食べていると思いますよ」と、漁師でもある焼津港「貴政丸」の塚田昌彦船長は言う。
そんな駿河湾・焼津沖の夜タチウオが、いよいよ佳境を迎えている。
「秋冬シーズンは本来なら今が一番いい時期。ただ、この前の台風前までは型もよく数も出ていましたが、台風後に急に悪くなってしまいました。でも、ようやく復調してきましたよ。例年では年明け1月頃まで楽しめますが、今年は水温が高いので、長く楽しめるかもしれませんね」
夜釣りとあって、とくにこれからの季節は船上はかなり寒い。とくに明け方は相当冷え込む。防寒対策をしっかりとして、超美味タチウオを釣りに出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読