MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ボウズなし! トップ5~7匹という日が多く、数も期待できる

本誌イラストレーターいぬいたかしさんはアマダイ釣りの大ファン。「晩酌が楽しみ~」。

「ゴンゴン!」という独特な首振りが伝わってきた! 「やった、本命だよ!」。

青い海にピンク色の花が咲く。アマダイ釣りはこの瞬間が最高!

当日の最大は43㎝。50㎝オーバーは出なかったが、こんなサイズは連日釣れている!

付けエサはオキアミ。エサチェックはマメに行おう。

大型ばかりでなく数も好調。当日はトップ7本ボウズなし!

仕掛けはシンプルなものがオススメ。マメに誘う人はガン玉を付けたほうがいい。オモリは80~100号を用意。

当日は大半がこのサイズ。「干物にしたら最高にうまい」という小型はほとんどまじらなかった。

サイズがいいので、抜き上げにちょっとでも不安があれば迷わずタモを使おう。良型アマダイの水面ポチャほど悲しいことはない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸釣船店」。

12月上旬の取材では残念ながら50㎝オーバーは出なかったが、写真のように40㎝前後の良型は続々登場! ホームページに掲載されている過去の釣果を見てみても、40㎝オーバーは連日、50㎝オーバーもかなりの確率で釣れている。
しかも、ただデカいサイズが単発で釣れているというわけではない、というのが今期の剣崎沖。当日の釣果は3~6本、平均4~5匹。つまり、ボウズなし! トップ5~7匹という日が多く、数も期待できるのだ。
「アマダイは底にいる魚。だから、コツは“手持ち”“マメなタナ取り”“マメなエサチェック”“手返しよく”です」とは、時間があるときは自身も竿を出すという臼井船長。
鮮やかなピンク色でおめでたく、食べたいから釣りに行くという人もいるほど最高の食味を誇る高級魚・アマダイ。だからこそ初釣りに…と考える人も多いだろう。だが問題は、「確実な釣果」。初釣りでボウズは絶対に避けたい。
しかし、今期はアマダイで初釣り!なんてこともアリ? っていうぐらい好調だ。大型アマダイでドカンと一発最高の初釣り! を飾ってみてはどうだろう?

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル