MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

「年明けはデイゲームではシーバスとアオリイカ、ナイトゲームではメバル、カサゴ狙いで出船していくつもりです。とくにおすすめなのが、シーバスとアオリイカのリレー乗合です」とは、「アイランドクルーズフィッシングクラブ(ICFC)」の遠藤正明船長。おすすめに従い? 同船取材をお願いしてみた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

シーバスとアオリイカ、両ターゲットのポイントが近いため、効率よく二つのスタイルを楽しめる

いまがチャンスだ! シーバスゲーム!!

80㎝、90㎝アップを狙え!

基本ルアーはミノー。11〜17㎝程度の、シーバス狙いでは大型と呼ばれるサイズを使用する。

オープンエリアでルアーをキャスト。できるだけ遠くへルアーを飛ばし広範囲を探ろう。

ティップランアオリイカは難しくないぞ!

アオリイカの餌木はティップラン専用を。餌木は3.5号30gがベースだ。

アオリイカは群れて泳いでいるので同時ヒットは珍しくない。

モンゴイカは強烈な墨を吐く。かけられないように。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」。

日ごとに寒さが厳しくなる時期ではあるが、東京湾では熱いルアーゲームが展開されている。
シーバスはビッグサイズ狙いのキャスティングゲーム、アオリイカはティップラン釣法。いずれもポイントが近いため、状況次第で攻め分けることができる。
取材当日はシーバス狙いからスタート。ポロっと60㎝クラスがヒットしたものの、後が続かない。ひとことでいえば渋い。ちょっと粘っても結果が出ないとみるや、遠藤船長はすかさずティップランへスイッチ。ここがリレーの強みだ。
こちらは早々にノリノリ。アオリイカはもちろん、スミイカ、モンゴなどをまじえ、飽きない程度にヒットしてくる。アオリイカは最大で850g前後と初冬にしてはなかなかのサイズ。
十分に釣果を得たところでシーバスに再トライ。これが正解。ベイトの反応をとらえて70㎝アップが計5本。最大で84㎝まで飛び出し、上々の首尾でストップフィッシングとなった。
このリレー乗合、残念ながら出船は平日に限られているが、休日はチャーターで可能。バラバラでの乗合もあり、と利用形態は多彩。
まずは電話で相談してみるといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル