沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

「年明けはデイゲームではシーバスとアオリイカ、ナイトゲームではメバル、カサゴ狙いで出船していくつもりです。とくにおすすめなのが、シーバスとアオリイカのリレー乗合です」とは、「アイランドクルーズフィッシングクラブ(ICFC)」の遠藤正明船長。おすすめに従い? 同船取材をお願いしてみた。


シーバスとアオリイカ、両ターゲットのポイントが近いため、効率よく二つのスタイルを楽しめる

いまがチャンスだ! シーバスゲーム!!

80㎝、90㎝アップを狙え!

基本ルアーはミノー。11〜17㎝程度の、シーバス狙いでは大型と呼ばれるサイズを使用する。

オープンエリアでルアーをキャスト。できるだけ遠くへルアーを飛ばし広範囲を探ろう。

ティップランアオリイカは難しくないぞ!

アオリイカの餌木はティップラン専用を。餌木は3.5号30gがベースだ。

アオリイカは群れて泳いでいるので同時ヒットは珍しくない。

モンゴイカは強烈な墨を吐く。かけられないように。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」。

日ごとに寒さが厳しくなる時期ではあるが、東京湾では熱いルアーゲームが展開されている。
シーバスはビッグサイズ狙いのキャスティングゲーム、アオリイカはティップラン釣法。いずれもポイントが近いため、状況次第で攻め分けることができる。
取材当日はシーバス狙いからスタート。ポロっと60㎝クラスがヒットしたものの、後が続かない。ひとことでいえば渋い。ちょっと粘っても結果が出ないとみるや、遠藤船長はすかさずティップランへスイッチ。ここがリレーの強みだ。
こちらは早々にノリノリ。アオリイカはもちろん、スミイカ、モンゴなどをまじえ、飽きない程度にヒットしてくる。アオリイカは最大で850g前後と初冬にしてはなかなかのサイズ。
十分に釣果を得たところでシーバスに再トライ。これが正解。ベイトの反応をとらえて70㎝アップが計5本。最大で84㎝まで飛び出し、上々の首尾でストップフィッシングとなった。
このリレー乗合、残念ながら出船は平日に限られているが、休日はチャーターで可能。バラバラでの乗合もあり、と利用形態は多彩。
まずは電話で相談してみるといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。


釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。


最新の投稿


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読