冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

日本三大朝市のひとつ勝浦の朝市。その市の立つ繁華街から少し奥に入ったところにある川津港は、大型遊漁船が軒を並べる外房有数の漁港だ。季節に応じたさまざまな釣りものが狙えるが、真冬でも安定度抜群の釣りといえばやはりイサキだろう。数が釣れ、食味も良い勝浦の寒イサキは、初心者からベテランまで楽しめる釣りだ。


11月の解禁以来、トップが規定数の50匹に届かない日の方が珍しいほどで、その魚影の濃さは計り知れない

勝浦沖の冬のブランド魚、脂の乗った寒イサキが釣れている。数釣れるうえ、食味も最高。

多点掛けで絶好調!! お土産確実な釣り物だ。

資源保護のため上限50匹までと制限を設けている勝浦沖。このところ連日のようにトップ50匹が続いている。

1匹かかったら、ゆっくり巻き上げるでけで追い食いしてくる。

ハリ数は3本まで。カラーバリ仕掛けが人気だ。付けエサはイカタン。

関連するキーワード


イサキ 勝浦沖

関連する投稿


イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

イサキ解禁! ちょっと深場で高活性スタート!!【南房・西川名沖】

南房エリアのイサキが3月1日解禁した。スタート直後はコマセ慣れしていないため、毎年開幕直後の食いっぷりが心配されるが、今年は大丈夫。


勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

勝浦沖のヤリイカ、誘えばズンズン乗せ放題だ!!【外房・勝浦沖】

年々ヤリイカは釣れ出しが遅くなり、シーズンも長くなっている傾向がある。通常、ゴールデンウイークごろまでが釣期だったのが、6月いっぱいまで釣れたりと、かなりのロングランで釣れるイカになってきている。ここ、勝浦沖はほぼ例年通りのスタートだが、今後、たっぷりとヤリイカ釣りを楽しませてくれるポイントだ。


南房の深場五目は、いろいろ釣れるから楽しいぞ!【南房総・相浜沖】

南房の深場五目は、いろいろ釣れるから楽しいぞ!【南房総・相浜沖】

相浜港・安田丸の「深場五目釣り」。深場と聞いて、場所柄もあり、オニカサゴやキンメダイといった魚が、パッと頭の中に浮かんだ。しかし、よく話を聞いていくと、イサキ、メバルをメインに水深100m前後を攻めると、キントキダイ、ヒメダイ、クロムツetc…、食べて美味しい魚たちが沢山釣れてくる。なんともおもしろそうな釣りだ。


釣果に満足! 味にも満足! 好調! 御宿沖の寒イサキ【御宿沖】

釣果に満足! 味にも満足! 好調! 御宿沖の寒イサキ【御宿沖】

この季節になると「寒」の文字がつく魚を目にすることが多い。寒ブリ、寒ビラメ、寒ダラ等が有名だが、毎年楽しみなのが外房の寒イサキ。今シーズンも連日のように好釣果が記録されている。まさに釣ってよし、食べてよしのオススメターゲットだ。


絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

「今の時期のサバは本当に美味しいので、ぜひ釣りに来ていただきたいと思います。また、ちょうどスルメが釣れ始めましたので、釣れているうちはスルメを狙います。このスルメも肉厚で本当に美味しいですよ」とは、勝浦港「勝丸」の浜田勝美船長。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読