MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

冬の勝浦沖のブランド魚、脂が乗って寒イサキ絶好調!【勝浦沖】

日本三大朝市のひとつ勝浦の朝市。その市の立つ繁華街から少し奥に入ったところにある川津港は、大型遊漁船が軒を並べる外房有数の漁港だ。季節に応じたさまざまな釣りものが狙えるが、真冬でも安定度抜群の釣りといえばやはりイサキだろう。数が釣れ、食味も良い勝浦の寒イサキは、初心者からベテランまで楽しめる釣りだ。

11月の解禁以来、トップが規定数の50匹に届かない日の方が珍しいほどで、その魚影の濃さは計り知れない

勝浦沖の冬のブランド魚、脂の乗った寒イサキが釣れている。数釣れるうえ、食味も最高。

多点掛けで絶好調!! お土産確実な釣り物だ。

資源保護のため上限50匹までと制限を設けている勝浦沖。このところ連日のようにトップ50匹が続いている。

1匹かかったら、ゆっくり巻き上げるでけで追い食いしてくる。

ハリ数は3本まで。カラーバリ仕掛けが人気だ。付けエサはイカタン。

外道のウマヅラも今の時期はキモも大きくすごくおいしい。

コマセを軽く振ってタナに合わせると、ほどなくしてギュン! と竿先が引き込まれる。ゆっくりとリールを巻いて追い食いさせれば竿の曲りは大きくなり、イサキの三点掛け達成だ。勝浦沖ではイサキが絶好調。11月の解禁以来、トップが規定数の50匹に届かない日の方が珍しいほどで、その魚影の濃さは計り知れない。さらにウマヅラやマダイ、マハタなどの外道も顔を出し、クーラーの中はにぎやか。
取材日は二枚潮に加え水温低下の悪条件だったが、ちょっとくらい条件が悪くても関係ないのが今シーズンの川津沖。初めての人でもダブル、トリプルでイサキを釣り上げていた。
数が釣れるだけではない、冬場のイサキは脂肪を蓄えているので食べても最高においしい。防寒対策をしっかりとして、寒さに負けずにバリ食いイサキを釣りに行こう。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読