ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

南房洲崎沖のオキメバル釣りが開幕した。メバル釣りというと水深数メートルのクロメバル釣りから百数十メートルのウスメバル釣りまであるが、洲崎沖のオキメバルは主に水深60〜70mを狙うトゴットメバルが対象。「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています」と話すのは「勝丸」の鈴木兼治船長だ。


オキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギ…これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」

一般にオキメバルと呼ばれるが、この釣りでメインに釣れるのはトゴットメバル。型は20〜30㎝前後中心だ。

脂が乗ったオキメバル。煮付けや塩焼きなどなど、いろいろな料理が楽しめる。

指示ダナでゆっくり竿を上下させれば、多点掛けでゾロゾロゾロっと上がってくる。

おいしい寒イサキもまじる五目釣りだ。

ちらはチカメキントキ。

アヤメカサゴも姿を見せた。

おいしいカイワリも多点掛けで。

いろいろまじってお土産たっぷり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「勝丸」。

南房洲崎沖では、水温の下がる冬場から早春にかけてもオキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギなどなど、多種多様な魚が釣れる。これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」で「いろいろな魚がいっぱい釣れる!」とビギナーにも人気だ。
「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています。この方がいろんな魚が釣れるし、釣り自体も楽しいからね」と鈴木兼治船長。
釣り方は指示ダナ付近で時おりゆっくりと竿を上下させるだけ。水温の低い時期にはシャクりながら誘ってタナを広く探るよりもこの方が食いがよい。
「これからはオキメバル、寒イサキが中心になるけど、どっちも旬に入って旨いよ」と船長。「勝丸」の船長、オカミさんともに漁師料理に詳しいので、いろいろ聞くのも楽しいぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


オキメバル 南房 勝丸

関連する投稿


第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

4月8日に行われる予定だった、「第14回九十九里漁協春の沖釣り大会」が天候不良のため中止。順延となった4月22日は、天気が良く、ナギにも恵まれ絶好のコンディションのなか開催された。当日は210名の参加者が集まり、14隻に分かれて乗船。対象魚のハナダイ、アジ、イサキ、5匹までの総重量で1位の座を競った。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

南房のイサキは3月に開幕するが、初期は水温の変化に敏感なため、なかなか安定しない。5月後半になると、水温も上昇しイサキの動きも活発化。それで、安定した釣果をもたらすのだ。


良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

「40㎝オーバーのアカムツばかり10匹釣れましたよ!」という話を聞いたのは、5月初旬。しかも、オニカサゴやヤリイカなどの中深場タックルで上げたという。この情報を確かめるべく、さっそく南房・江見太夫崎「渡辺丸」へ釣行した。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読