MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

南房洲崎沖のオキメバル釣りが開幕した。メバル釣りというと水深数メートルのクロメバル釣りから百数十メートルのウスメバル釣りまであるが、洲崎沖のオキメバルは主に水深60〜70mを狙うトゴットメバルが対象。「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています」と話すのは「勝丸」の鈴木兼治船長だ。

オキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギ…これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」

一般にオキメバルと呼ばれるが、この釣りでメインに釣れるのはトゴットメバル。型は20〜30㎝前後中心だ。

脂が乗ったオキメバル。煮付けや塩焼きなどなど、いろいろな料理が楽しめる。

指示ダナでゆっくり竿を上下させれば、多点掛けでゾロゾロゾロっと上がってくる。

おいしい寒イサキもまじる五目釣りだ。

ちらはチカメキントキ。

アヤメカサゴも姿を見せた。

おいしいカイワリも多点掛けで。

いろいろまじってお土産たっぷり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「勝丸」。

南房洲崎沖では、水温の下がる冬場から早春にかけてもオキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギなどなど、多種多様な魚が釣れる。これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」で「いろいろな魚がいっぱい釣れる!」とビギナーにも人気だ。
「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています。この方がいろんな魚が釣れるし、釣り自体も楽しいからね」と鈴木兼治船長。
釣り方は指示ダナ付近で時おりゆっくりと竿を上下させるだけ。水温の低い時期にはシャクりながら誘ってタナを広く探るよりもこの方が食いがよい。
「これからはオキメバル、寒イサキが中心になるけど、どっちも旬に入って旨いよ」と船長。「勝丸」の船長、オカミさんともに漁師料理に詳しいので、いろいろ聞くのも楽しいぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読