沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

ゲスト多彩でお土産いっぱい、南房のオキメバル五目【南房】

南房洲崎沖のオキメバル釣りが開幕した。メバル釣りというと水深数メートルのクロメバル釣りから百数十メートルのウスメバル釣りまであるが、洲崎沖のオキメバルは主に水深60〜70mを狙うトゴットメバルが対象。「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています」と話すのは「勝丸」の鈴木兼治船長だ。


オキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギ…これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」

一般にオキメバルと呼ばれるが、この釣りでメインに釣れるのはトゴットメバル。型は20〜30㎝前後中心だ。

脂が乗ったオキメバル。煮付けや塩焼きなどなど、いろいろな料理が楽しめる。

指示ダナでゆっくり竿を上下させれば、多点掛けでゾロゾロゾロっと上がってくる。

おいしい寒イサキもまじる五目釣りだ。

ちらはチカメキントキ。

アヤメカサゴも姿を見せた。

おいしいカイワリも多点掛けで。

いろいろまじってお土産たっぷり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「勝丸」。

南房洲崎沖では、水温の下がる冬場から早春にかけてもオキメバルや寒イサキ、カイワリ、キントキ、カワハギなどなど、多種多様な魚が釣れる。これらをオキメバルメインの五目釣りで狙っているのが洲崎港の「勝丸」で「いろいろな魚がいっぱい釣れる!」とビギナーにも人気だ。
「オキメバルはサビキでやるところも多いけど、ウチではおもにウイリーで狙っています。この方がいろんな魚が釣れるし、釣り自体も楽しいからね」と鈴木兼治船長。
釣り方は指示ダナ付近で時おりゆっくりと竿を上下させるだけ。水温の低い時期にはシャクりながら誘ってタナを広く探るよりもこの方が食いがよい。
「これからはオキメバル、寒イサキが中心になるけど、どっちも旬に入って旨いよ」と船長。「勝丸」の船長、オカミさんともに漁師料理に詳しいので、いろいろ聞くのも楽しいぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

ここ数年で南房のアカムツ釣りのメジャー船になった江見太夫崎「渡辺丸」。 それもそのはず、40㎝オーバーの大型ばかりをコンスタントに釣らせてくれるからだ。もちろん、条件が悪いときは釣れないこともある。しかし、ほぼ周年、アカムツを狙っていることにより、アカムツの動きを理解し、渡辺英雄船長はポイントが把握できたというのだ。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

大ダイ炸裂!今期はマダイ当たり年! 西川名沖コマセマダイ(竜一丸)

南房・西川名港を基地とする「竜一丸」は、季節ごとに看板釣り物をかえている。現在はコマセマダイだ。ざっと、年間の釣り物をあげると、7月〜12月までマダイ。1月〜2月はヒラメ&ハタ、3月〜7月がイサキだ。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読