MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

年間を通してマダイを狙って出ている大原港の「新幸丸」では、いぜん1㎏前後のマダイに中ダイ、大ダイがまじって数釣りが続いている。

1~2月のマダイは数より型狙い。大型が期待できる時期だ

パターンをつかんでマダイを連発させた「フィッシングジャンボ上州屋市原店」の明石岳晴店長。だんだん型がよくなってきた。

ひとつテンヤの釣りではこんな豪華でビッグなゲストもくる。

「探見丸」で底の状態を把握しながら攻める。

ロッドは釣り場によって使い分けよう。

防寒対策を万全にして冬の釣りを楽しもう。

魚が上がれば寒さも吹き飛ぶ。

ロッドを大きくしならせて「フィッシングジャンボ草加店」の柏崎昭彦店長も2㎏オーバーのマダイを釣り上げた。

今回、取材にご協力いただいたのは、外房・大原港「新幸丸」。

大原沖のマダイ釣りは、とにかくアタリが多く、思わず寒さも忘れてしまうほどだ。ウマヅラ、小型ハナダイ、ベラなどのエサ取りも活発だが、アタリがあればとりあえず掛けアワせてみることが大切。数釣るうちにマダイも釣れるという考え方の釣りでいい。
これからは少し深いポイントで、数より型狙いがおもしろくなってくるので、初釣りとしても夢があっておすすめだ。底が取りにくいときは、テンヤが着底する10mぐらい手前からリールのスプールの外側に人差し指を軽く当てて、サミングしながらラインをだす。こうすることで余計に糸フケができることなく、底ダチが取りやすくなる。
うれしいゲストも多彩で、マハタ、チカメキントキ、メバル、アイナメ、ホウボウ、大型イサキなど、美味しい魚が釣れてよい土産になるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読