MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
盛夏に好機を迎えるひとつテンヤマダイ【茨城・日立久慈沖】

盛夏に好機を迎えるひとつテンヤマダイ【茨城・日立久慈沖】

日立久慈沖のひとつテンヤマダイは、例年、お盆時期頃から大型が釣れるようになる。いままさにその大型シーズンに突入。高水温の今は豪華ゲストにも期待できる。いざ、釣行だ。

いままさに大型マダイシーズンに突入したのだ!

「このサイズだって、かなり楽しいですよ!」。

ポイントによってハナダイは入れ食いに。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」。

「去年はよかったですよ。毎日4、5㎏サイズが出ていました。冬場まで型物が出て、12・5㎏という船宿レコードも釣れました」と、「大貫丸」の大貫茂雄船長は言う。
つまり、いままさにその大型シーズンに突入したのだ。現在、釣りに出ない日はシラス漁に出ていると言うが、この網に大型マダイが入ってくることが多いという。つまり、今年も魚は多くいる模様だ。
現在、釣れているのは港の真沖から日立沖にかけて。水深は20m未満のところから30mちょっとまでと浅い。水深が浅いため、魚とのやり取りはただでさえダイレクトな釣り方にあって、より一層スリル感が増す。つまり、めちゃくちゃよく引くのだ。
さらに、高水温の今はゲストも豊富。イナダ、ハナダイ、カサゴ、ホウボウ、アイナメ、マゾイ、ショウサイフグなど、アタリが多く楽しめる。

テンヤは水深に合わせてチョイスするが、浅場を攻める今の時期は小型メイン

水深が浅く、3〜5号をメインに使う。

エサ自体が美味そうだ。

「今の時期は、特にアタリが多いですね。水深も浅くて底ダチも取りやすいので、これからこの釣りを始める人にもおすすめです。そして、そんな人に大型が食ってくるんですよ」と、ダイワフィールドテスターの北本茂照さんは言う。入門に適した時期ながら、大型のチャンスもある。しかも、アタリはいっぱいあって退屈しないとあっては、これ以上の釣りはないのではないだろうか。
タックルは専用ロッドに性能のいいスピニングリールを組み合わせる。ドラグ調整をしておこう。道糸は0.6〜0.8号で先糸は2〜3号。テンヤは水深に合わせてチョイスするが、浅場を攻める今の時期は小型メインだ。
「テンヤの号数は、この時期なら3〜5号があれば対応できます。色は、グロー系は大ダイの実績が高いですね。ほかにケイムラ、レッド、ゴールドなど揃えておけば万全ですよ」と北本さん。
エサは冷凍エビを1匹掛けにする。エビが小型の場合は孫バリにも小型エビを付けてもいい。

フォール中にも注意を! 「?」はすべてアワせる

「この釣りは、エサが落ちていくときに魚が食うことが多いんです。だから、仕掛けの落下中=フォール中にも集中しましょう」と北本さん。
釣り方の基本は、仕掛けを落とす。フォール中のアタリを見る、着底、1mほど切る。アタリを見る、10秒ほど待ってアタリがなければ竿を持ち上げ、ゆっくり落とし込む。これらの繰り返しだ。
日立久慈沖のマダイポイントは、そのゲストの顔ぶれを見てもわかるが、基本は根周りだ。水深が変化する起伏の激しい場所もあり、あまり低い場所ばかり攻めると根掛かりするので注意が必要だ。
「アタリは着底後、スグに出ることが多いので竿先をしっかり見ておきましょう」
アタリは竿先に「コツン」とか「コン、コン」と明確に出る。この釣りは、アタリがあったら即アワセが基本だ。アタリを見ていてはハリ掛かりさせることができない。
「アワセはピシっと強めがいいですよ。ためらわず、しっかりアワせましょう」
アワセを入れて、掛からなかったらそのまま戻してやる。少し待って、次に続くアタリがなければエサがなくなったと思っていい。そんなときはスグに回収して、再投入する。アタリは2、3回あったらほぼエサはなくなっていると考えていい。仕掛けを入れっぱなしにしても食わないので、「アタリがないな」と思ったら迷わず回収してエサのチェックをしよう。エサが付いていなければチャンスはない。

大ダイのチャンスはみな平等だ。どういうわけか「初挑戦」の人に多くアタる傾向にあるようだ。この日もジンクスが当たった

マゾイもまじりこの日は10目達成。

出船間に、「今日は高橋さんがデカイの釣りそう」とみんなで話していた通りの展開に。

日立の夏の魚と言えば、まず第一にムラソイを思い出すが、これから主役の座はマダイに受け渡され、冬場までその座をガッチリと守り続ける。
「この地区では、マダイは夏から大型が釣れ出すんです。昨年は8月の後半は毎日のように大型が出ていましたね。誰でも大型を釣るチャンスがあります」と、日立久慈港「大貫丸」の大貫茂雄船長は言う。
そして、大ダイのチャンスはみな平等に訪れる。そしてどういうわけか、「初挑戦」の人に多くアタる傾向にあるようだ。この日もそんなジンクスがピタリと当てはまった。
二度目のポイントでその出来事は起こった。落とし込み中にラインが一気に流れた。アワセが決まった瞬間に大型魚を予感。初挑戦の高橋さんはイキナリ4㎏をゲットしてしまった。
こんなことも、ひとつテンヤマダイ釣りの大きな魅力だ。
「大貫丸」レコードは昨年あがった12・5㎏。今年も大いに期待できるぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読